IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「業務にあたる」の意味と使い方|敬語表現/類語/言い換え/例文

敬語

当記事では、日頃よく使われる業務にあたるという言葉の意味・使い方を再確認し、業務にあたるの類語とのニュアンスの違いなどを挙げていきます。その上で、業務にあたるの敬語表現や仕事で使える様々な状況に対応した例文をご紹介していきます。

更新日時:

業務にあたるとは

業務にあたるという言葉は仕事をしていると日頃何気なく使われており、よく耳にする言葉です。普段あまり意識することなく使っている方も多いのではないでしょうか。当記事では、業務にあたるの意味や使い方を調べてみました。その上で、ビジネスに役立つ業務にあたるの使い方を例文も合わせてご紹介します。

業務にあたるの意味と使い方

業務にあたるという言葉のそもそもの意味と使い方はどういったものでしょうか。業務にあたるの「業務」は「仕事」という言葉とどのような違いがあり、どのように使われる言葉なのかを確認していきます。

業務にあたるの意味

「業務」は、一定の期間に続けて行う仕事のことです。業務という言葉を使った表現には業務にあたる以外にも「業務日誌・通常業務・業務目標・日々の業務」などがあります。このことから、毎日のルーチンワークのような仕事や、プロジェクトの継続的な仕事などを指す時に使われている表現であることがうかがえます。 「仕事」という言葉は「職業」という意味でも使えますが、「業務」という言葉は仕事の中でおこなわれる実際の作業を指して使われることが多いです。 業務にあたるの「あたる」は「対応する、引き受ける」という意味の「あたる」です。そのことから、業務にあたるは「業務を引き受ける、業務に対応する」に相当する意味になります。

業務にあたるの漢字は当たる?

「当たる」の「当」という漢字は「何かにぶつかる、さわる」という意味や、「くじなどが当選する」という意味で使われることが多い印象がありますが、「当たる」は多くの意味を持つ言葉です。 もともと「当」という漢字の成り立ちには「事にあたる」という意味合いがあり、「当たる」は「対応する、担当する」という意味も持っています。そのことから、当たるという漢字を使い業務に対応するという表現として使うことができると考えられます。

業務にあたるの使い方

業務にあたるは、ある仕事に従事している状態や、これからある仕事に取り掛かるという状況を表す時に使います。「彼は事務の仕事をしています。」よりも、「彼は事務の業務にあたっています。」にすると、実際に彼が仕事をしている最中というニュアンスの表現になります。前者だと、彼が今まさに働いているという状況も指すことできないわけではありませんが、彼が事務の職業に就いている人であるという意味にも取れてしまいます。 業務にあたるという言い回しは、「私がこれからその業務にあたります。」、「皆さん内容をよく確認したら、それぞれの業務にあたってください。」のように引き受ける行動を表すこともでき、「課長は現在業務にあたっていらっしゃいます。」などのような表現で業務に対応している状態を表すこともできます。幅広く日常の仕事の場で使われます。

業務にあたるの敬語表現

 業務にあたるの敬語表現には、どのようなものがあるでしょうか。丁寧語では、「です・ます調」となり、「業務にあたります」となります。尊敬語では、「業務にあたっていらっしゃる」等の言い回しがあります。謙譲語では「業務を承ります」等の表現が使えます。

業務にあたるの類語

「業務」の類語には「仕事・職務」などがあてはまります。「職務」は主に自分の領分内の業務を指すのに適した表現です。「あたる」の部分の類語に相当する動詞には「対応する・従事する・邁進する・励む・つく」などが使えます。 また、カタカナ言葉の「タスク」が一連の業務における「一つひとつのやること」を指す言葉としてビジネスの場で使われることがあります。主に「タスクに取り掛かる」のような言い方で使われます。

業務にあたるの言い換え

上記の類語を踏まえて業務にあたるを言い換えてみます。それぞれどういった状況で使うのに適しているかも同時に挙げていきます。業務にあたるの言い換えを利用することで伝えられる表現の幅が広がります。

業務にあたるの基本的な言い換え表現

業務にあたるの言い換え表現として一般的なのは「作業にあたる」、「業務につく」、「業務に取り組む」、「業務に携わる」等になります。業務にあたると近い意味で、業務をはじめようとしている状態から、業務を継続して取り組んでいる状況まで幅広く使えます。口頭でも、文面上でも使えます。

業務への意気込みを伝える表現

「業務に邁進する」、「業務に励む」は、上記の表現同様に業務にあたるという意味を表現でき、かつ業務に対して強い熱意があることを伝えることができます。「今後も業務に邁進します」、「引き続き業務に励んでください」といった使い方で、業務に力を入れていること、力を入れてほしいことを伝えることができる表現です。

あらたまった文書等に適した表現

「職務を遂行する」、「業務に従事する」はややかしこまったイメージの表現になりますので、公的な文書や、公の場で使われるのに適した表現です。主にあらかじめ定められた仕事を処理する時や人から与えられた仕事を指す時に使うイメージが強い言い回しです。

業務にあたるの例文

ここまで、業務にあたるの様々な表現の幅を確認してきました。続いて、業務にあたるを会話やメールで使う際の例文を状況別にご紹介します。業務にあたるの様々な類似表現のうち、仕事上のどういった状況でどの表現を使うのが適切かどうか判断することが必要になります。

業務の経過を報告する例文

この文は業務の経過を報告する際に使える汎用的な例文になっています。業務にあたるを日常的に使う際にはこのような使われ方が多いのではないでしょうか。 例)現在のところ、予定通りの進行状況です。引き続き業務にあたります。今後も定期的に経過を報告いたします。

お詫びをする際の例文

お詫びの際には、一生懸命取り掛かっているけれども、解決に及ばないので申し訳ないという気持ちを表現することが大切です。そのため、「業務に励む」を利用した例文にするとよいでしょう。 例)申し訳ございません。復旧のための業務に励んでおりますが、いつ頃再開できるかは目途が立っておりません。今しばらくお待ちください。

これから業務を始める際の例文

口頭で、これから取り掛かる業務について相手にいつ業務開始するのかをあまり仰々しくならずシンプルに伝えるのに使える表現としては、「作業にあたる」が適していると言えるでしょう。 例)かしこまりました。状況を確認次第、すぐに作業にあたります。

業務を引き受けることを申し出る際の例文

自分が業務を人から受けたいとお願いをする際に使える例文です。仕事をとりたいという申し出は、熱意を伝えることが重要です。 例)誠心誠意努力いたしますので、ぜひその業務を自分にあたらせていただきたいです。

業務完了を報告する例文

依頼された業務が完了したことを上司や顧客に公の場で報告する際に使える表現として「業務を遂行する」を使った言い回しとしています。 例)安全のため、細心の注意を払って業務を遂行いたしました。今後も経過を注視していきたいと存じます。

書類を受け取った際の例文

自分が受け取った書類を確認する立場にある時などに使える例文になります。相手の労を労う気持ちを言葉の使い方で表現しましょう。 例)お疲れ様です。先日受け取った書類を確認しました。訂正が一か所ありましたが、こちらで修正しておきます。今後も業務に励んでください。

業務にあたるの使い方を知り、表現の幅を広げましょう

業務にあたるの使い方の記事、いかがでしたでしょうか。自分の伝えたい気持ちを相手に的確に伝えるためにも、普段何気なく使用している言葉の意味を再確認して、様々な言い回しを知っておくことが大切です。 業務にあたるは、特に仕事上で使う機会の多い表現ですので、敬語表現や類語を改めて詳しく確認しておくことでとっさのときに間違えずに済みます。 メールや会話でいつも同じ言い回しを使うより、些細なニュアンスの違いであっても言葉をうまく使いわけることで、仕事の日々の連絡にも違いが出ます。ぜひ業務にあたるの表現を活用してみてください。

もっと詳しく知りたい方はこちらをオススメ

敬語の使い方が面白いほど身につく本ーーあなたの評価を下げている原因は「過剰」「マニュアル」「繰り返し」 (ビジネスベーシック「超解」シリーズ)
敬語の使い方が面白いほど身につく本ーーあなたの評価を下げている原因は「過剰」「マニュアル」「繰り返し」 (ビジネスベーシック「超解」シリーズ)

この本では、国語の教科書に出てくるような敬語の解説や、 敬語の間違いばかりをあげつらうことはしません。 ただし、より詳しく敬語を勉強したい方には 巻末資料として基礎知識をまとめています。 実は、教科書通りに正しい使い方をしていても、 相手を不快にしてしまう言い回しもあるのです。 様々な場面で適切な言い回しを、 あなたの言葉で表現することを本書はサポートしていきます。 言葉を覚えるのではなく、磨いていくという発想で 敬語を上手に使っていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング