IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

舌打ちする人の心理と特徴10個・舌打ちの癖の直し方

初回公開日:2017年10月16日

更新日:2020年07月10日

記載されている内容は2017年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

「舌打ち」をされて嬉しい場面はありません。むしろ、嫌な感情がわき起こりませんか。人はなぜ、舌打ちという行為をするのでしょうか。その心理や特徴とは、どのようなことなのか述べて参ります。この記事をご覧になると、あなたは舌打ちをしない素敵な社会生活ができるでしょう。

「舌打ち」をする人の心理と特徴とは?

人間は、喜びと悲しみを感じながら生きて行きます。そして、多くの感情を持った生物と言われます。その感情とは、人間にとって必要な心ですが、時に場違いで間違った感情の表現もあるでしょう。 「喜怒哀楽」という言葉どおり、喜んだり、怒ったり、悲しんだり、楽しんだり、といった事が人間の感情の特徴です。その感情の中で「舌打ち」をする人の心理とはどのような感情なのでしょうか。そもそも「舌打ち」とは何でしょうか。それでは、舌打ちをする人の心理と特徴を踏まえ、様々な場面をとおして詳しく述べて参りましょう。

10個の心理とは?

舌打ちという行いをする人の心情とは、「喜怒哀楽」で言えば主に「怒る」・「哀しい」といったネガティブな心情の時に起こす事になりマイナスイメージです。舌打ちをする心理をより深く挙げましょう。機嫌が悪い・楽しい事がない・常に欲求不満・失敗ばかりを繰り返してイライラしているなどです。 以上のような場合に舌打ちをするのが人間の心理です。要するに、自分の理想やイメージとは反対の状況が起こった際にしてしまうのが舌打ちといえます。

10個の特徴とは?

舌打ちをする際の人の心理がご理解いただけたでしょう。それでは、その具体的な特徴も挙げていきます。 ①イライラしていて話しかけづらい雰囲気を出す ②自分の事で頭がいっぱいで周りが見えていない ③服装がだらしなく、乱れている ④言葉遣いが荒い ⑤思いやりの言葉が出ない ⑥自分の行いが一番正しいと思っている ⑦周囲の誰にも負けたくないため、威圧的な行為をする ⑧自分だけが損をしないように言動をする ⑨いつも無表情で笑顔がない ⑩すべての言動に覇気と活力が感じられない 以上のような特徴を持った人は、舌打ちをする事が多い人です。精神状態が落ち着いていないという事が多いでしょう。

子供と同じ?

それぞれ10項目ずつ、舌打ちをする人の心理と特徴をご覧いただきました。総括すれば、人生を楽しめていないという現状が要因です。常に何かに不満を持ち、時には人に八つ当たりをする場合もあるでしょう。 このような人とは、接したくなくとも接さざるを得ない場面では困ります。子供をあやすような、大きな心で対応してあげなければいけません。時には、サラリと受け流したり、場合によっては直接指導をする事が最善です。

舌打ちをする人は心にゆとりがない?

それでは、舌打ちをする心情にも迫って参りましょう。同じ舌打ちでも、その状況によっては、相手や周囲に与える印象も異なります。悪意のある舌打ちや、何気ない舌打ちということでも、意味合いは大きく違います。では、どのようなケースがあるのでしょうか。

無意識にする舌打ちとは?

舌打ちには、意識して行う場合と無意識で行う場合があります。それでは、それぞれの特徴をご覧下さい。 <意識して行う舌打ち> 意識している場合は、相手や周囲への威嚇行為と考えられます。自分の思うように事が進まずに、1人で苛立った心情です。その自分勝手な心情を抑えることなく、周囲へ怒りをぶつけているという状況です。 <無意識で行う舌打ち> 反対に無意識で行う舌打ちもあります。こちらの場合は、悪意がないことがほとんどです。もしくは、単独での行いの中で、小さなミスをしてしまった場合にも、小さな舌打ちをする場合があるでしょう。周囲への威嚇行為ではありませんので、この場合の舌打ちは気にすることではありません。 このように、同じ舌打ちでも、行う時の心情が違います。周囲からすれば同じ不快感を感じてしまう場面もあるでしょう。ですが、その前後の言動からもその根本的な原因は読み取れますので、受け手側にも注意が必要です。

ストレスも原因?

舌打ち行為にストレスの影響はあるのでしょうか。先に述べたとおり、人間の「怒る」「哀しい」といった感情はネガティブな心情です。不測の事態が起こることで、人はストレスを感じます。ストレスを感じると、気持ちが落ち着かず苛立つ場合もあります。そのような場面で舌打ちをする事が非常に多いと言えます。 要するに、目前の事態への解決策が見出せず、イライラを発散させる方法がない「八方塞がり」の状態なため、舌打ちという感情表現をします。時に、ストレスは思いもよらない言動を起こし兼ねませんので、注意が必要です。

ため息っていつ出るの?

関連タグ

アクセスランキング