IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

舌打ちする人の心理と特徴10個・舌打ちの癖の直し方

初回公開日:2017年10月16日

更新日:2020年07月10日

記載されている内容は2017年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

「舌打ち」をされて嬉しい場面はありません。むしろ、嫌な感情がわき起こりませんか。人はなぜ、舌打ちという行為をするのでしょうか。その心理や特徴とは、どのようなことなのか述べて参ります。この記事をご覧になると、あなたは舌打ちをしない素敵な社会生活ができるでしょう。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「舌打ち」をする人の心理と特徴とは?

人間は、喜びと悲しみを感じながら生きて行きます。そして、多くの感情を持った生物と言われます。その感情とは、人間にとって必要な心ですが、時に場違いで間違った感情の表現もあるでしょう。 「喜怒哀楽」という言葉どおり、喜んだり、怒ったり、悲しんだり、楽しんだり、といった事が人間の感情の特徴です。その感情の中で「舌打ち」をする人の心理とはどのような感情なのでしょうか。そもそも「舌打ち」とは何でしょうか。それでは、舌打ちをする人の心理と特徴を踏まえ、様々な場面をとおして詳しく述べて参りましょう。

10個の心理とは?

舌打ちという行いをする人の心情とは、「喜怒哀楽」で言えば主に「怒る」・「哀しい」といったネガティブな心情の時に起こす事になりマイナスイメージです。舌打ちをする心理をより深く挙げましょう。機嫌が悪い・楽しい事がない・常に欲求不満・失敗ばかりを繰り返してイライラしているなどです。 以上のような場合に舌打ちをするのが人間の心理です。要するに、自分の理想やイメージとは反対の状況が起こった際にしてしまうのが舌打ちといえます。

10個の特徴とは?

舌打ちをする際の人の心理がご理解いただけたでしょう。それでは、その具体的な特徴も挙げていきます。 ①イライラしていて話しかけづらい雰囲気を出す ②自分の事で頭がいっぱいで周りが見えていない ③服装がだらしなく、乱れている ④言葉遣いが荒い ⑤思いやりの言葉が出ない ⑥自分の行いが一番正しいと思っている ⑦周囲の誰にも負けたくないため、威圧的な行為をする ⑧自分だけが損をしないように言動をする ⑨いつも無表情で笑顔がない ⑩すべての言動に覇気と活力が感じられない 以上のような特徴を持った人は、舌打ちをする事が多い人です。精神状態が落ち着いていないという事が多いでしょう。

子供と同じ?

それぞれ10項目ずつ、舌打ちをする人の心理と特徴をご覧いただきました。総括すれば、人生を楽しめていないという現状が要因です。常に何かに不満を持ち、時には人に八つ当たりをする場合もあるでしょう。 このような人とは、接したくなくとも接さざるを得ない場面では困ります。子供をあやすような、大きな心で対応してあげなければいけません。時には、サラリと受け流したり、場合によっては直接指導をする事が最善です。

舌打ちをする人は心にゆとりがない?

それでは、舌打ちをする心情にも迫って参りましょう。同じ舌打ちでも、その状況によっては、相手や周囲に与える印象も異なります。悪意のある舌打ちや、何気ない舌打ちということでも、意味合いは大きく違います。では、どのようなケースがあるのでしょうか。

無意識にする舌打ちとは?

舌打ちには、意識して行う場合と無意識で行う場合があります。それでは、それぞれの特徴をご覧下さい。 <意識して行う舌打ち> 意識している場合は、相手や周囲への威嚇行為と考えられます。自分の思うように事が進まずに、1人で苛立った心情です。その自分勝手な心情を抑えることなく、周囲へ怒りをぶつけているという状況です。 <無意識で行う舌打ち> 反対に無意識で行う舌打ちもあります。こちらの場合は、悪意がないことがほとんどです。もしくは、単独での行いの中で、小さなミスをしてしまった場合にも、小さな舌打ちをする場合があるでしょう。周囲への威嚇行為ではありませんので、この場合の舌打ちは気にすることではありません。 このように、同じ舌打ちでも、行う時の心情が違います。周囲からすれば同じ不快感を感じてしまう場面もあるでしょう。ですが、その前後の言動からもその根本的な原因は読み取れますので、受け手側にも注意が必要です。

ストレスも原因?

舌打ち行為にストレスの影響はあるのでしょうか。先に述べたとおり、人間の「怒る」「哀しい」といった感情はネガティブな心情です。不測の事態が起こることで、人はストレスを感じます。ストレスを感じると、気持ちが落ち着かず苛立つ場合もあります。そのような場面で舌打ちをする事が非常に多いと言えます。 要するに、目前の事態への解決策が見出せず、イライラを発散させる方法がない「八方塞がり」の状態なため、舌打ちという感情表現をします。時に、ストレスは思いもよらない言動を起こし兼ねませんので、注意が必要です。

ため息っていつ出るの?

「ため息」という感情表現もあります。ため息を吐くと「幸せが逃げていく」という事が言われてきました。では、どのような場面で起こるのでしょうか。 人は、多かれ少なかれストレスを感じて生きて行きます。そして、ストレスとはいえ、それがずっと継続する場合と、そうでない状況があります。そのストレスを感じない状況になると、人は安心をします。安心とはリラックスをした状態です。心がリラックスをすると、ため息を吐く事があります。 もしくは、降りかかるであろうストレスが、幸いにも降りかからずに済んだ場合でも同じようにため息を吐く事があります。さらには、思いどおりに事が進まなかった場合にもため息を吐くでしょう。ため息には、安心した場合と、ストレスを感じた場合での2つの場面で起こりやすい行為です。

人間関係でも舌打ちが出る?

社会に出れば、様々な人々と接することとなります。どの社会でも人間関係は付き物です。中には、自分とは相性が合わない人もいるでしょう。そして、連日のようにネガティブな思いが重なれば、人を嫌いになる事もあります。その嫌いな人と無理に同じ時間を過ごす中で、精神的に疲弊してしまうでしょう。そのため、状況によっては舌打ちをしてしまうということに繋がります。場合によっては、喧嘩にまで発展してしまうケースもあります。 成人した人には、あってはならないことですが、人間はネガティブな感情が積み重なることで、思いもよらない言動を起こしてしまう生物でもあります。年齢のみで人を判断する事が多い社会ですが、実際は年齢よりも心が成人しているかという「精神年齢」で判断する事が大切です。

通勤途中では?

会社に向かう道中でも、苛立つ心情はわき起こるでしょう。例えば、駅のホームへ向かう階段やエスカレーターです。朝の通勤ラッシュ時には階段やエスカレーターは混雑していて隙間がありません。しかも、遅刻しないようにと皆が慌てています。カバンが相手にぶつかったり、足を踏まれたり、スマホを見ながらマイペースに歩く人がいたり、通路を逆に通る人と接触したりと、短い時間の中で様々な事が起きます。 このような場面では、普段はおとなしい人でも、気が急いて「怒り」という感情がわき起こり、不意に舌打ちをしてしまう事もあるでしょう。こちらも人間関係上でのトラブルとなりますので、やはりゆとりある時間の使い方を心掛けて、早めの出勤をすることで避けられるトラブルです。

渋滞が原因?

電車やバスの遅延でもイライラはつのります。会社に「遅れる」という報告をしなければいけなかったり、現状の状況報告や、遅延証明書なども必要な場合もあるでしょう。乗り物を利用する場合には、どうしても自分の意思ではない出来事が自然と起こるため、苛立ちが積み重なり、舌打ちが出てしまうでしょう。 または、車で出掛けた道中で予期せぬ渋滞にはまってしまった場合です。この場合でも、イライラとした気持ちになるでしょう。下道であればまだしも、通行料金を支払う高速道路上での渋滞は、さらに苛立ちを起こします。最悪の場合では大事故にも繋がります。事前の下調べや他のルートを探しておいたり、通行する時間帯にも工夫が必要です。

癖になった舌打ちの直し方とは?

「無くて七癖」という言葉が昔からあります。人間とは、皆一様にそれぞれの考え方を持っています。その中でも「癖」をしなければ落ち着かないことや、自然と無意識にしてしまうことがあります。そして、最低でも1人に7つの癖があると言われます。その中には、良い癖や悪い癖もあります。ここまでご覧いただくと、舌打ちは良い癖とは言い難いです。良い癖とは周囲からも喜ばれます。 たとえば、家庭や職場内で誰よりも掃除が好きで常に周囲を綺麗にしてくれる癖であれば、周囲からも喜ばれるとても心地よい癖です。ですが、悪い癖は周囲にも悪影響を及ぼしますので、改善して直す事が一番です。では、どのような改善方法があるのかを、次項よりご説明いたします。

睡眠不足が原因?

常に気持ちが落ち着かず、不満ばかりが思い浮かび、言動に出してしまう人もいるでしょう。1日に何回も舌打ちをしていれば、その内に周囲の人々もあきれて、近寄りづらい存在となってしまうでしょう。 舌打ちをしてしまう癖がある人の第一の改善とは、心です。イライラしながら生活する事は、本来自分自身も喜んでいないことでしょう。ですので、意識改善が必要です。たとえば、仕事に追われ、毎日残業ばかりで睡眠不足が続けば誰もがイライラとすることでしょう。つまり、仕事の段取りを改善する方法が良いです。1日に終える仕事量を事前に決めてから仕事を始めるという事が最善策です。そうした改善を癖付けていくことが、日常生活を行う上で、自分や周囲にも良い影響を生み出すでしょう。

平常心を保つ

仕事によるストレスが多い人は、自分に合った仕事のペースがつかめていません。そのため、気持ちばかりが焦ってしまい、その心情が自然とストレスを生み出しています。人は、成人すると生涯の半分以上の時間を仕事に費やします。その中で、良い出来事や悪い出来事も起こります。常に、平常心でいる事が、順風満帆で素敵な人生を送るポイントです。 平常心とは、何があっても動じずに冷静な判断の中で言動を起こすことです。そのようなことを意識していけば、周囲からも「落ち着いた人」ということで、一目置かれる存在となるでしょう。

家庭内でもストレスを感じる?

家庭内での家事においても、舌打ちする場面はあるでしょう。たとえば、疲れている時の食事の用意です。買い物に出掛けたり、食材を切ったり、焼いたり、煮たりと手間がかかりますので、落ち着いた時間の中で行わないと、常にイライラとして美味しい料理が作れないでしょう。 家の掃除や洗濯、やる事は毎日沢山ありますので、その中でも時間に追われて、疲弊してしまい、ストレスを感じる際に舌打ちをしてしまうでしょう。毎日やらなければならないことですので、前項のように平常心を意識して持ち、家事を行う事が望ましいです。行う内容を順序立てて、的確に行えば決して難しいことではありません。

マスクをつければ舌打ちが直る?

では、別の角度からの改善方法を挙げましょう。物理的な方法があります。それは、マスクをするという方法です。どうしても無意識に舌打ちをしてしまう人もいます。ですので、強制的に口元を隠すという方法が良いでしょう。風邪をひいていない状況でマスクをしていれば、改善意識も高くなるでしょう。人間は、意識的に改善できる素晴らしい能力を持った生物です。 たとえば、車に乗る時に運転をしないで、後部座席や助手席に座ると車酔いをしてしまう人もいるでしょう。ですが、その人が車の運転をした場合ではどうでしょう。運転手が車酔いをすることはありません。なぜなら、それは別の事に意識と集中をしているからです。運転に集中することで、酔うという事を忘れている状態になるため起こる自然な現象です。

ガムを噛む事で癖は直る?

または、「ガム」を常に噛む。という事でも少なからず口に意識がいきますので、舌打ちをする癖を軽減できます。常に、口の中で咀嚼を繰り返す事で余計な動作をしないで済むでしょう。職種によっては、ガムを噛みながらの業務は失礼な場合もありますが良い効果はあります。 もしくは、少し大胆な方法ですが、「妻楊枝」を常に口で咥える事でも癖は直せます。ガムよりも強制的に口を閉じて、さらに口元への意識が高まりますので、とても良い効果があります。ですが、周囲に不快感を与えるケースもありますので、こちらも職場で行う場合には注意が必要です。

感情のコントロールを意識する

いかがでしたでしょうか。舌打ちという何気ない行為にも、様々な心理や特徴がありました。それは、おおむねネガティブな心情の時に行う事です。人は、様々な心の欲求を持ち、社会の中で生活や仕事をして生きて行きます。その中での精神的な不安や怒り、哀しい出来事があり、言葉には出しづらい状況の中で人は様々な感情表現をします。 ある意味では、分かりやすい感情表現方法の1つと言えます。舌打ちをしている最中の人に余計な言動や指摘をすれば火に油を注ぐことともなり兼ねませんので、落ち着くまでは注意が必要と言えますが、周囲への迷惑を考えて、本人が自分で気が付き改善をすることが人として大事な在り方です。「自分がされたら嫌なことは相手へもしない。」という教育を幼少時に受けて、学んでいます。迷惑を周囲の人々へ感じさせることを心の奥から喜ぶ人はいません。

人生を楽しむにはゆとりの精神を鍛える

「喜怒哀楽」という感情を上手にコントロールできれば、立派な成人です。感情表現を露骨に行う日本社会は殺伐とした空気となります。揉め事や苛立ちを人に八つ当たりしたり、個人的な価値観の共有を無理強いすることは、成人した人として立派な行いではありません。 ですが、ネガティブな感情は、発散できずに積み重なれば大きなストレスとなって、いずれは心身までをも疲弊させてしまうでしょう。人は、ストレスを100%無くすことは、とても難しいことです。ですが、そのストレスと上手に付き合って、発散させる自分だけの方法を探してみるのはいかがでしょうか。その自分だけのストレス発散方法が見付かれば、人生もさらに楽しく歩んで行けます。また、幸せそうな人には、自然と人が集まってきますので、相乗効果も大きいでしょう。 <笑顔で夢を叶える> 笑顔で日々働き、生活している人は、明るいオーラに包まれています。また、そのような人も陰で努力してきた結果、ネガティブな心情の改善をして参りました。人は同じ道を歩んで成長していきます。「自分には無理だから。」と勝手に決め付けず、チャレンジ精神を持って目前の事に挑戦しましょう。少しの努力ができれば、大きな夢が叶います。自分だけの人生の目標や夢をしっかりと自分の手と心でつかみ取りましょう。

関連タグ

アクセスランキング