IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

髪をかきあげる人の心理や性格|髪をかきあげるイラスト

初回公開日:2017年10月06日

更新日:2020年11月11日

記載されている内容は2017年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

髪をかきあげるしぐさをする心理の男性と女性、癖、クールな自分を表現、前髪が邪魔、考え事をする時、退屈な時、頭皮の皮膚炎、髪をかきあげるイラストのと書き方、構図、SNS、恋愛との関係、脱毛や薄毛に注意、人生の楽しみ方など、髪をかきあげる動作の不思議に迫ります

髪をかきあげるしぐさをしながら考え事をしている

仕事や家事、育児など日頃から抱えていることについて考え事をしている時に、人は髪をかきあげる動作をします。髪をかきあげることで、悩み事や答えが見つからない事に対するイライラを緩和しようとしています。 恋愛についての悩みや、夫婦間の意見の食い違い、子供が言う事を聞かないなど、解決法が見つからない深刻な問題について独りで考えていたりすると、人は思わず頭に手をやり髪をかきあげる動作をしてしまいます。

・自律神経のバランスを整えて気持ちをリラックスさせる

頭には、自律神経を整えるツボがあります。人はストレスを感じてイライラし始めると、髪をかきあげる動作をして頭にあるツボを刺激し、無意識のうちに自律神経のバランスを整えようとします。 自律神経には、仕事や家事や学業など人が活発に活動している時に優位となる交感神経と、睡眠中や休憩時間中など、のんびりとリラックスしている時に優位に働く副交感神経とがあります。 悩み事の答えが見つからず、ストレスを感じてイライラするときは、髪をかきあげることで頭のツボを刺激し、副交感神経の働きを促進して気持ちをリラックスさせ、悩み事によるイライラやストレスを和らげます。

退屈でつまらない時に髪をかきあげる

ドライブデートなどで助手席に座る彼女が、しきりに両手の指先で髪をかきあげているのを見ることはありませんか。そんな時は車の中ですることがなくて、少し退屈しているというか手持ちぶさたです。 まだ付き合い始めて間もない彼氏とのデートだったりすると、やや緊張もあったりして、スマホなどをするのもなんだか気が引けるし、またこの時期は自分の事で相手がどんな印象を受けるのかがとても気になる時期ですから、つい無意識に髪に手を触れたくなってしまいます。そんな時こそ、二人がもっと打ち解けて、互いの関係を深めるチャンスでしょう。

・ここが本当の度胸の見せどころです

こんな時男性は、彼女に特に気の利いたことや面白い話などをする必要は全然ありません。あまりに凝った笑い話などをしたりすると、相手が誠実でまじめな女性ならなおさら、気分がかたくなっている時にはおもしろさも伝わりにくいのです。相手も笑わなきゃと思って無理に笑うようなことになれば、余計に気まずくなります。 こんな時は全然面白くなくていいのです。もう馬鹿馬鹿しいダジャレとか、一発ギャグとか、運転しながらできる簡単なやつを何発も繰り返します。そうすれば、どんなに堅物で笑わない女性でも確実に笑ってくれます。それよりも、緊張をほぐそうと一生懸命になる彼氏の事を、誠実で正直な人だと思ってくれます。 また、面白い気の利いた話をしようとがんばって、それが話の途中で「その話面白くないからもういい」と言われたら、男性としては一番つらいです。

髪をかきあげたくなるほど頭皮がかゆい

最近、頭をかきたくて我慢できなくなるほど頭皮がかゆくなるという、頭皮湿疹という病気が問題になっています。頭皮湿疹には4つの種類があり、それぞれに原因となる要素がありますが、発症のきっかけとなるのはどれも頭皮に対する刺激です。髪をかきあげるしぐさを癖のように行っている人は、この頭皮湿疹にかからないよう注意する必要があります。

・脂漏性皮膚炎

頭皮の表面を保護するために分泌される皮脂が、過剰に分泌されることで、頭皮の表面にかゆみをもたらす菌が繁殖してしまい発生する皮膚炎で、大きな塊になったフケが出現します。病気が進行するにつれて頭皮にかさぶたができ、湿疹や激しいかゆみに悩まされ続けます。

・接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は、金属アレルギーなどに代表される、いわゆる皮膚のかぶれによって起こる病気です。頭皮の接触性皮膚炎の原因は、シャンプーやコンディショナーによる刺激です。また、整髪料や毛染めによって生じる皮膚のアレルギー反応によっても起こります。 皮膚の弱い人は、髪をかきあげる動作を頻繁にすることで、接触性皮膚炎を起こすことがあり注意が必要です。また、接触性皮膚炎はアレルギー反応のひとつなので、以前に発症の原因となったシャンプーや整髪料を再び使用することで、繰り返し皮膚炎を起こすこともあります。

・アトピー性皮膚炎

頭皮湿疹をひきおこす原因の一つに、アトピー性皮膚炎による慢性的なアレルギー症状によるものがあります。アトピー性皮膚炎の人は皮膚が薄く、バリア機能が上手く働かないため、刺激に対して頭皮が非常に弱く、刺激の強いシャンプーなどはもちろん、紫外線が当ることによっても激しいかゆみをひきおこします。 あまりのかゆみに頭皮をかきむしってしまうため、修復機能が正常に働かず、また頭皮の表面に傷ができ、リンパ液が流出したり頭皮表面からの出血により、黄色や赤のかさぶたができることもあります。

・皮脂欠乏性皮膚炎

頭皮に分泌される皮脂が異常に少なく、皮膚が乾燥することによって起こる皮膚炎で、乾皮症(かんぴしょう)ともいいます。細かくて乾燥したフケが目立ち、頭皮が薄くなりひび割れが起きて、外からの刺激を受けやすくなります。乾燥した状態がひどくなると、ますます刺激に敏感となって、頭皮が少しこすれるだけで激しいかゆみが現れます。 かくことで頭皮表面に傷がつき、さらに炎症が酷くなります。

・頭皮湿疹になってしまったら

頭皮のかゆみや湿疹を治すには、傷ついた皮膚を正常な状態に戻してあげる必要があります。けれども、頭皮湿疹にかかるとかゆみが激しいために、どうしても無意識に頭をかいてしまい、傷ついた皮膚の修復が思うようにいかなくなります。 病院では薬によってかゆみを抑え、症状を改善して頭皮を元の状態に戻す治療を受けることができます。それぞれの症状に合わせた軟膏などの薬の処方はもちろん、皮膚科では、脂漏性皮膚炎には原因となる菌に対して、ミコナゾールなどの抗真菌薬を処方することができます。 また接触性皮膚炎や、アトピー性皮膚炎などの慢性アレルギー疾患では、ローションタイプのステロイド軟膏を使用することで、つらいかゆみを早期に抑えることができます。皮脂欠乏性皮膚炎の場合も、保湿成分のあるケラチナミンなどを処方することで、頭皮の乾燥を抑える治療を行います。

関連タグ

アクセスランキング