IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

腕時計をプレゼントする意味4つ|腕時計と同じ意味のプレゼント

初回公開日:2017年10月15日

更新日:2020年02月17日

記載されている内容は2017年10月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

プレゼントの定番である腕時計、そんな腕時計を贈る意味について知っていますか。この記事では、腕時計を贈る意味をはじめ、様々なプレゼントの意味についてご紹介します。プレゼントの意味が気になっているという人はぜひ読んでみてください。

腕時計を贈るシチュエーション

プレゼントの定番である腕時計ですが、多くの人が意味を知らずに腕時計を贈っているのではないでしょうか。意味を知らずに腕時計を贈ったことにより、相手に勘違いをされてしまったというような話も聞きます。 大切なプレゼントだからこそ、意味まで知っておきたいところです。意味を知っておくことで思わぬ事態を回避することもできます。

誕生日

誕生日は1年に1回の特別な日なので、時計を贈るとさらに誕生日が特別なものになります。高価な時計をおねだりしやすいといった背景も誕生日にはあるでしょう。普段言えない、「ありがとう」「大好き」といった気持ちをこめて贈りましょう。

就職祝い

社会人になったばかりで就職祝いとして時計をプレゼントする方も多く、頑張ってというモチベーションアップの意味も込められています。また、社会人は一日に何度も時間を確認することが多いので、目線を腕に落とすだけで時間が分かる腕時計は必需品です。

腕時計をプレゼントする意味4つ

プレゼントを選ぶ際にネットで検索をするという人も多いのではないでしょうか。腕時計はおすすめ一覧でもよく見かけるプレゼントの定番です。そんなプレゼントの定番である腕時計に隠された意味があることを知っていますか。ここでは、腕時計の隠された意味についてご紹介します。

意味1:共に時を歩む

時計は時間を象徴するアイテムなので「一緒の時間を共有して共に歩んでいきたい」という意味合いがあります。寝るとき以外は常に身に着けている物なので、「一緒にいたい」といった意味合いがより一層強いものといえます。

意味2:勤勉

腕時計を贈る意味には「より勤勉に」という意味もあると言われます。そのため、目上の人に腕時計を贈ることは失礼にあたるとされます。上司などの目上の人には、基本的に腕時計を贈らない方がいいでしょう。

意味3:時間を拘束したい

時を刻む時計をプレゼントとしてもらったら、相手の時間を束縛したいという思いが込められています。時間の拘束をして、自分色に染めたいといった独占欲からくる願望もあります。

意味4:離れていても一緒

遠距離などでなかなか相手に会えないときに、常に自分のことを思い出して欲しいという思いが込められています。プライベートや仕事の時間も一緒の時間を共有しているといった心情がうかがえます。

腕時計と同じ意味を持つプレゼント

関連タグ

アクセスランキング