IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

シリコンオフとパーツクリーナー|塗装/代用/違い

更新日:2020年11月14日

社会人常識

車にステッカーを貼る前にシリコンオフできれいにしましょう。密着度が全然違います。もしパーツクリーナーを持っている場合は、これで代用しても構いません。しかし、うまく使わないと思わぬ失敗もあります。ここでは、シリコンオフの正しい使い方をご紹介します。

シリコンオフの必要性

シリコンオフは、ステッカーを貼ったり塗装をやったりする際に、車のボディーの油分をきれいに除去するために使用します。車のボディーはきれいに見えても、意外と空気中の油分やワックスなどで汚れています。そのような状態でステッカーを貼ると、剥がれやすくなり塗装もきれいに仕上がりません。作業する前にボディーの油分をきれいに抜き取りましょう。 ボディーの油分をきれいに抜き取るのにはシリコンオフが最適です。シリコンオフは、カー用品店やホームセンターなどで購入できます。なお、名前の似ているシリコンスプレーは、車のプラスチック製パーツに艶を出すシリコンを塗布するスプレーです。間違えないようにしてください。 またパーツクリーナーは、シリコンオフと同じ成分が使われています。そのため使い方に気を付ければ、パーツクリーナーでも代用可能です。次からシリコンオフとパーツクリーナーの使い方についてご紹介します。

シリコンオフとパーツクリーナー

用途

シリコンオフは、車の表面についた油分を取り除く有機溶剤のことです。車の表面には、排気ガスと一緒に排出された、空気中の微量な油分やワックスなどが汚れとなって付着しています。塗装したりシールを貼る際に、そんな汚れをきれいに落としておかないときれいに仕上がりません。 そこで、油分を溶かす有機溶剤のシリコンオフで車のボディーをきれいにしてから、塗装などの作業を行う訳です。しかし、有機溶剤の油を溶かす成分が強力すぎると、車の塗装まで溶かしてしまいます。シリコンオフは、汚れの油成分を溶かすものの、塗装は溶かしません。 一方、パーツクリーナーは金属部品を洗浄するのに使います。一番わかりやすいのは自転車やバイクのチェーンです。動きを滑らかにするため潤滑材を使っていると、それに砂や汚れが付着して真っ黒な汚れが付いています。そんな汚れをきれいに洗い流すのがパーツクリーナーです。 パーツクリーナーの成分は石油系溶剤が使われています。溶剤ですから車のボディーについた油成分を含む汚れを取るのにも使えます。溶剤の種類によってはプラスチックを痛めてしまうものもあるので、バンパーに使うのは避けましょう。なお、パーツクリーナーにはプラスチックを痛めないタイプもあるので、注意書きをよく読んで選ぶのをします。

違い

シリコンオフとパーツクリーナーの違いは、車のプラスチック製パーツへの影響です。車の表面には金属だけではなく、多くのプラスチック製パーツが使われています。そして、プラスチックは強力な有機溶剤に溶ける性質があります。 シリコンオフは、そういったプラスチック製のパーツにも使えるように調整してあります。しかし、パーツクリーナーは金属部品の洗浄に使われる溶剤ですから、そういった配慮がされていません。プラスチック製パーツを痛めてしまうものもあります。 なお車の塗装を行うプロは、プラスチック製のパーツをテープなどで覆い、溶剤がかからないようにしてから作業を行います。同じように溶剤がかからないように配慮すれば、シリコンオフを使う用途でも、パーツクリーナーで代用することは可能です。

使い分け

シリコンオフは安全に使えますが、使い方さえ間違えなければパーツクリーナーでも代用できます。注意さえすれば、シリコンオフとパーツクリーナーの使い方は同じです。 ステッカーを貼ったり、簡単な傷直しの塗装なら自分でもできます。そのようなときはまず、きれいに水洗いして砂やほこりなどを落としましょう。その後、空気中の油分やワックスでこびりついた汚れをシリコンオフを使ってきれいに抜き取ります。 この時、プラスチック部品に触れないようにすれば、パーツクリーナーでも代用できます。スプレーで直接吹き付けないで、布のようなものに抜きつけて、ムラができないように丁寧にふき取って下さい。そして表面がきれいになったら、ステッカーを貼るか塗装を行います。 もし、はじめて使うのならシリコンオフをします。今の車のボディーには、多くのプラスチック製パーツが使われています。気を付けて作業をやったとしても、何かのはずみにそういったパーツに付着することがよくあります。そんな時に後悔しないためにも、安全なシリコンオフを使いましょう。

使う際の各注意点

シリコンオフは、車のボディーに使われるよう配慮されていますが有機溶剤です。風通しの良い場所で作業しましょう。また、火気厳禁は言うまでもありません。有機溶剤には有害なものもありプロが使う場合は、作業上の注意が細かく決められています。シリコンオフは、有害ではありませんが、最低限の注意を守って安全に作業してください。 さらに、車のボディーが濡れていると効果がありません。洗車したら丁寧に水分をふき取って乾燥させてから作業しましょう。なお、シリコンオフで車のボディーに付いた油分をふき取る際には、ムラがないように丁寧に作業してください。このとき、マイクロファイバークロスを使用するときれいに仕上がります。

シリコンオフとパーツクリーナー

シリコンオフ:SOFT99 ( ソフト99 ) 99工房 シリコンオフ 09170

こちらは、ソフト99製ののシリコンオフです。リピーターが多いのが特徴で、はじめて使う方にも安心してできる商品です。

初めて脱脂をしたのですがかなり良いです!ステッカーを貼るのに使用しました。量もかなりあってよく使う人はミニ缶よりこちらが良いと思います。塗装やステッカー以外にもガラスに油が溜まってるのを拭き取るのにも使えます( ˇωˇ )

初回公開日:2017年09月20日

記載されている内容は2017年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング