IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お忙しいところ」の使い方と例|恐縮ですが・ありがとうございます

更新日:2020年06月05日

言葉の使い方

「お忙しいところ恐縮ですが」「お忙しいところありがとうございます」などビジネスシーンでよく使う「お忙しいところ」という敬語表現。この記事では「お忙しいところ」を使う場合の注意点、使い方、使う例を紹介します。上手に使いこなし、うまく依頼を通しましょう。

「お忙しいところ」を使うタイミング・使い方

「お忙しいところ」はビジネスで非常によく使われるフレーズです。何かを頼むとき、何かをしてもらったとき、言葉がけのクッションとして頻繁に出てきますが、なじみのある表現だけに注意が必要な点もあります。 失礼に当たらない「お忙しいところ」の適切な使い方をこちらで考えていってみましょう。

依頼時によく使う「お忙しいところ」

「お忙しいところ」が最も使われるのは、依頼のシーンではないでしょうか。仕事は頼む・受けるで進行していきます。業務をいくつも抱えているのはビジネスパーソンならお互い様ですね。これから必要な、新たなこの任務のために、相手に時間を作らせるにあたって、その負担をじゅうぶんわかっています、という意味を伝えて印象をやわらげます。  ・お忙しいところ大変申しわけありませんが  ・お忙しいところとは存じますが  ・お忙しいところ誠に恐縮でございますが と、このようなフレーズで始め、依頼内容を書きます。このひと言があると、負担感なく仕事を引き受けられる印象になります。「お忙しい」を「ご多忙」とする表現もあります。

「お忙しいところxxですが」の後に続くフレーズ

依頼をするときは、内容を伝えたあとの文末に「お忙しいところ〜」の定型句を使って締めくくることも多くなります。締めはお願いの言葉で、たとえば以下のように丁寧に表現しましょう。  ・どうぞ宜しくお願い致します。  ・何とぞご検討くださいますようお願い申し上げます。  ・どうぞご一考くださいませ。 「お忙しい」「ご多忙」とも、言い始めと締めくくりの両方に使えるフレーズです。けれども手紙やメールなど書き言葉のときは、同じ書面に2度は使わないようにすることも注意点です。これについては後で述べますね。

使い方例【お忙しいところ恐縮ですが】

お願いをするときに「お忙しいところ」につける

お願いをするときに「お忙しいところ」に合わせてよく使われるのが「恐縮です」という言い方です。日常会話では少ないと思いますが「恐縮です」はビジネスではよく使われます。 「恐縮」とはもともと以下のような意味です。 ●「身が縮まるほど恐れ入ること」(三省堂 大辞林) ●「相手に対して失礼や、身を過ぎたことに感じ、身が縮まる思いをすること」 (Wiktionary日本語版) そこで「お忙しいところ」につけて謝る気持ちを伝えるものですね。「恐縮です」は「恐れ入ります」ともなります。謝る言葉でよくある「すみません」は少し簡単すぎる印象があり、ビジネスシーンではあまり上手な謝りかたではないとされているので、注意しましょう。

「お忙しいところ恐縮ですが」例文

*お忙しいなか大変恐縮でございますが、お返事をいただきたく、お待ち申し上げます。 *お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご確認のほどよろしくお願いいたします。 *ご多忙中、お手数をおかけしますが、お手元の控えをご訂正くださいますようお願い申し上げます。 *ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが、ぜひともご出席くださいますようお願い致します。

使い方例【お忙しいところありがとうございます】

また、お礼をするときにも「お忙しいところ」は使われます。お願いしたことを受けてくれ、相手が自分のために時間や労力を使ってくれた事に対しての感謝になります。これは  ・お忙しいところありがとうございました。 というのが定型句で、お礼では必ずといって良いほど使われますし、依頼のときと同じく、ビジネスコミュニケーションに必要な表現です。 けれども、使いやすいフレーズなだけに、あまり頻繁すぎると肝心の感謝の気持ちが伝わらないことがあります。

「お忙しいところ」とセットになる言葉:「ありがとうございます」の例文

*先日はお忙しいところを、遠路わざわざお越し下さいまして、ありがとうございました。 *ご多忙中にもかかわらず大変有益なお話をお聞かせいただきありがとうございました。 *先日はお忙しいところ「○○○」をお引き受けいただき、誠にありがとうございました *本日はご多忙のなか、わざわざお出でくださいましてありがとうございました。

「お忙しいところ」の注意2点

初回公開日:2016年11月29日

記載されている内容は2016年11月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング