IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

聖書の名言集|テーマ別/目的別/偉人の聖書の名言・名言

更新日:2022年08月06日

自己啓発

キリストや聖書は世界中に普及しています。しかし、無心論者である日本人にとって、聖書は意外とと身近ではありません。聖書には人生に役立つ名言がたくさん書かれています。それを知らないのはもったいないほどです。今回は、初心者にもわかりやすく聖書の入り口をまとめました。

聖書の名言集|テーマ別/目的別/偉人の聖書の名言・名言

世界的に普及している宗教の一つとして、キリスト教が挙げられます。日本でも布教者をよく見かけたり、人の多い駅前などで勧誘や聖書の配布を行っていたります。ただ基本的に日本人は無髪論者になるため、聖書や宗教に対して抵抗のある方も多いのではないでしょうか。 聖書を読んだことがないという人も多いのが現実ですが、実は聖書にはたくさんのありがたい名言がそれをご存知でしょうか。そこで今回は、聖書を全部読むのはめんどくさいというそこのあなたのために、これだけは知っておきたい聖書の名言集をご紹介します。

聖書の名言集

聖書を読むどんな素敵な名言に出会うことができるのでしょうか。聖書やキリスト教を知らない人はほとんどいませんが、その中身を知っている人は実は少ないです。この際、聖書の入り口に足を踏み入れて、少し覗いてみましょう。

聖書の入門として、聖書では「羊」が一つのキーワードということを知っておきましょう。まずは「羊」に関する名言です。実は聖書の中で、羊はよく人間にたとえられ、たとえ話や聖書の言葉の中にたびたび登場しています。 羊というとモコモコしていて、日本では動物園や牧場で見られるくらいで、あまり日常的に触れる動物ではありません。聖書の時代では、羊はより一般的な動物で、家畜としても身近にいた動物であったため、たとえ話を聞く群衆がイメージしやすかったみたいです。 「私たちはみな、羊のようにさまよい、おのおの、自分かってな道に向かって行った。しかし、主は、私たちのすべての咎を彼(イエス・キリスト)に負わせた」 という文面がイザヤ書53章6節に書かれています。「羊は群れで生活する」羊は群れを作って生活し、群れから引き離されると多大なストレスを受けます。これは、一人では生きていくことの出来ない人間や人間社会と似ていると思いませんか。

詩篇

続いて趣きを変えて「詩篇」の名言を見ていきましょう。「詩篇」の本質は、ヘブライ語で「賛美の書」と言われるように、 神様を賛美することにあります。そして神への感謝、祈り。 その賛美、感謝、祈りの背景にあるものを知ることで、さらにその詩の意味を深く理解し、 また共感することができます。 詩篇には数多くの名言が含まれているのですが、その中でもインパクトがあるのは 「何事も愛をもって行いなさい」。 聖書では皆さんもご存知のように、「汝、隣人を愛せ」といったような無償の愛についてよく綴られています。人間の真のあり方について学べます。

マタイ

ヨハネ

ヨハネで一番有名と行っても過言ではない名言は 「あなた方の中で、罪を犯したことのない者が最初の石を投げなさい」(Let the one among you who is without sin be the first to cast a stone.) ではないでしょうか。ヨハネによる福音書:第8章で記載されています。イエスのすごいところはこういうことをその場でさっと言えるところです。

ルカ

ルカによる福音書から一つ、現在貧しい、苦しい人に対してありがたい名言をご紹介いたします。 「貧しい人々は、幸いである、神の国はあなたがたのものである。今飢えている人々は、幸いである、あなたがたは満たされる。今泣いている人々は、幸いである。あなたがたは笑うようになる」。 苦しい、貧しい人にとっては、どこか心がホッとする名言になるでしょう。

創世記

創世記は、古代ヘブライ語によるユダヤ教、キリスト教の聖典で、イスラム教の啓典である聖書の最初の書であり、正典の一つです。また写本が残っており、モーセが記述したとされています。その内容は、主に「天地創造と原初の人類」、「イスラエルの太祖たち」、「ヨセフ物語」の大きく3つに分けることができます。 創世記の中に書かれている名言の中でも 「その子に手を下すな。あなたが神を畏れる者であることがわかった。あなたは独り子である息子ですら惜しまなかった。わたしはあなたを祝福し、あなたの子孫を天の星のように、海辺の砂のように増やそう。地上のあらゆる民はすべて、あなたの子孫によって祝福を得る」。 子孫繁栄についても聖書の中では書かれています。生物の生物学的存在理由についても深い見解を得ることができます。

テーマ別聖書の名言

次のページ:目的別聖書の名言
初回公開日:2017年10月24日

記載されている内容は2017年10月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング