IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「美徳」の意味|美徳なこと10個・美徳な人になる方法

更新日:2020年05月18日

言葉の意味

「謙譲の美徳」「勤勉は最高の美徳である」という言葉を聞いたことがある方は多いでしょう。聞きなれた「美徳」という言葉ですが、あなたはその意味や使い方をきちんと理解していますか。今回は、この「美徳」の意味や使い方について、詳しく解説していきます。

節度をわきまえること

節度をわきまえることは、美徳であるとされています。行き過ぎた行動をしないことは、道徳的に良いことであると言えます。 行き過ぎた行動は、場を乱すことになります。場を乱す行為は、道徳の基準にあった行為とは言えません。節度をわきまえて行動しましょう。

自分自身に打ち勝つ勇気をもつこと

自分自身に打ち勝つ勇気をもつことは、美徳であると言えます。嫌なこと・辛いことから逃げない勇気を持つ事は、美徳であると言えます。 自分自身に打ち勝つ勇気をもつということは素晴らしいことですが、本当に辛いことからも逃げらなくなり、追い込まれてしまう場合があります。 自分の美徳を貫くだけでなく、時には逃げることも選択肢に入れましょう。すべてに打ち勝つことができ、より強い自分になれるでしょう。

他人を許せる優しさがあること|寛大

他人を許せる優しさがあること・寛大であるということは、美徳であると言えます。 他人を許せる優しさがあるということは、道徳的に素晴らしいことですが、人を甘やかすということになりかねません。 本当に悪いことをした人がいたら、寛大であることを捨てなければならない時もあります。許してばかりもいられないのが現実です。

愛情が一途であること|貞節

愛情が一途であるということ・貞節を守るということは、美徳であると言えます。 不貞は、美徳であると言えません。愛すると決めた1人に操を立て、愛情を注ぐことが、道徳的な行動であり、美徳です。 不貞は美徳か否かという問題だけではなく、世間からの風当たりも厳しくなります。愛する人を傷つけないためにも、裏切ってはいけません。

自分自身を敬うこと|リスペクト

自分自身を敬うこと・リスペクトすることは、美徳であると言えます。自分自身を肯定することは非常に大切です。 自分のした良い行いを自分で肯定するということは、周りの人を大切にするためにも大切なことと言えるでしょう。 自分を大切にするということは、道徳的にも良いことなので、定期的に自分を褒めてあげましょう。

敬語ハンドブック

敬語を使うのが苦手な方に、敬語「そのまま使える」ハンドブックをご紹介します。この本は、日常生活で誰もが使う、基本中の基本の敬語が豊富な実例とともに紹介されています。 実例をそのまま覚えるだけで、敬語を正しく使えるようになります。持ち運びしやすいサイズなので、新社会人の方や敬語を学びなおしたい方におすすめします。

敬語「そのまま使える」ハンドブック: できる人の「この言葉づかい」「この話し方」 (知的生きかた文庫)
敬語「そのまま使える」ハンドブック: できる人の「この言葉づかい」「この話し方」 (知的生きかた文庫)

美徳と性格

美徳と性格は結びついていると言えるでしょう。正直な性格や、自分に厳しい性格の人は、周りの人から見ても美徳であるように見えます。 嘘をつくことや自分を必要以上に甘やかすことは、道徳的に良くない美徳でない行為です。正直な人は嘘をつくことはありません。自分に厳しい人は自分を律することができています。そのような人は、美徳であると言えます。

美徳は性格に影響するのか

美徳が性格に影響することもあるでしょう。自分自身の美徳の内容は、人によって異なるからです。 自分に厳しかく真面目な人は、自分なりの美徳を意識していなくても持っています。自分に甘くゆったりとしている人は、美徳を持っていなかったり、なにも考えていなかったりします。ですから、美徳は性格に影響すると言えるでしょう。

美徳と強み

美徳であるということは、強みになるでしょう。美徳を持っているということは、社会に通用するということであると言えるからです。 美徳というのは、協調性や我慢する力を持っていることであるなどと紹介しましたが、それらの美徳は、ストレス社会で生きていくための強みになります。

次のページ:とらわれ過ぎると危ない美徳
初回公開日:2017年09月06日

記載されている内容は2017年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング