IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】日数別の国内旅行の持ち物チェックリスト

初回公開日:2017年08月20日

更新日:2020年06月20日

記載されている内容は2017年08月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

国内旅行の持ち物チェックリスト、旅行は楽しみだけど準備をすることが面倒臭い、いつも荷物が増えてしまって持って歩くのが大変、そんな方にチェックリストで確認しながら荷物を詰めるだけであっという間に完成、そして身軽、条件別で詳しく説明していきます。

旅行の持ち物リスト〜国内旅行編〜

待ちに待った旅行ですが、いざ荷物を準備しようとすると何を持っていけばいいのかわからないと悩む方もいらっしゃると思います。いつも荷物が多くてカバンがパンパン、持ち歩くのも大変といった方に、今回は必要最低限で楽しめる持ち物チェックリストをご紹介いたします。国内旅行ですと、日帰りや一泊でも少ない荷物で済みますので身軽で観光を楽しめます。 国内旅行の男女、子供連れ、宿泊日数、季節に分けてわかりやすく説明していきますので、チェックリストで確認していきながら楽しく準備していきましょう。

「男女共通」持ち物チェックリスト

まず、国内旅行時にあると便利な持ち物チェックリストです。必ず必要というわけではないので大体どのようなものが必要なのか、自分にあった持ち物を確認しながら目を通してみましょう。 「お金」 ・現金 ・クレジットカード ・キャッシュカード 「服装」 ・着替え(上下) ・アンダーウェア ・靴下 ・帽子(あると便利) ・パジャマ(ホテルにある場合もあります) 「生活用品」 ・歯ブラシ/歯磨き粉 ・タオル ・洗顔 ・シャンプー/リンス (※生活用品はほとんどホテル等で用意されていますので、一度確認してみましょう) 「小物」 ・ハンカチ ・ティッシュ ・絆創膏 ・メガネ/コンタクト用品(必要な人のみ) 「もしもの時のために」 ・身分証明書 ・保険証(※旅行先で怪我や病気があった場合に備えて準備しておきましょう) 「その他・あると便利な持ち物」 ・折り畳み傘 ・アイマスク/耳栓 ・筆記用具 ・エコバッグ(お土産など荷物が増えた時に便利) ・スーパーの袋

「男性用」持ち物チェックリスト

上記の持ち物リストに加え国内旅行で男性にとってあると便利な持ち物を紹介していきます。 「生活用品」 ・髭剃り ・デオドラント(制汗剤) ・整髪剤 ・香水 「小物」 ・サングラス ・携帯充電器 ・カメラ/自撮り棒

「女性用」持ち物チェックリスト

上記の持ち物リストに加え国内旅行で女性にとってあると便利な持ち物を紹介していきます。旅行先の普段と違う環境で乾燥したりお肌の調子が悪かったりしますよね。そんなときこそ、しっかりとお手入れできるような持ち物チェックリストです。 「服装」 ・アウター/ストール(冷房や肌寒い時にさっと羽織れるものがあると便利です) ・足のむくみ取り用靴下(むくみ予防、次の日も足が軽くて歩きやすくなります) 「生活用品」 ・くし/ブラシ ・整髪剤 ・ヘアアイロン ・デオドラント(制汗剤) ・汗拭きシート ・メイク用品 ・メイク落とし(メイク落としシートだとかさばらないのでおすすめ) ・化粧水・乳液(その他美容品) ・生理用品 ・リップクリーム ・香水 ・カミソリ 「小物」 ・マスク ・フェイスマスク(保湿用) ・コットン(化粧水をふくませてフェイスマスク代わりに) ・常備薬(酔い止め・痛み止め等) ・携帯充電器 ・カメラ/自撮り棒 ・小さい鏡 ・裁縫セット

「お子様連れ」持ち物チェックリスト

上記の持ち物リストに加え国内旅行でお子様連れにあると便利な持ち物を紹介していきます。荷物が多くて忘れてしまいそうなものや、気づかなかったあると便利なものもあるかもしれません。チェックリストで確認してみましょう。 「服装」 ・子供の着替え(上下) ・アンダーウェア ・前掛け ・靴下 「生活用品」 ・大きめのタオル(ブランケット・枕代わりにも) ・子供用歯ブラシ(ホテルに子供用が設置されているところは少ないので要チェック) ・オムツ 「小物」 ・ビニール袋/スーパーの袋(オムツ入れ・ゴミ袋として) ・ウェットティッシュ ・エコバッグ ・ジッパー付き保存袋(食べかけのものを入れておける) ・抱っこ紐 ・子供用絵本・DVD ・おもちゃ ・S字フック(ベビーカーなどにかけて使えます) 「子供のごはん類」 ・離乳食 ・粉ミルク/飲み物 ・お菓子

必需品!国内旅行で季節に合った持ち物

次は国内旅行季節別夏・冬の持ち物チェックリストです。観光の場合、外を長時間歩かないといけないので、急な天候や気温の変化にも耐えられるように準備しましょう。

『夏編』

「服装」 ・アウター/ストール (日焼け防止や室内のエアコンが効きすぎているところでの寒さ対策) ・サンダル・ビーチサンダル ・多めの着替え(汗をたくさんかいた時の着替え用) 「生活用品」 ・日焼け止め ・化粧水・フェイスパック(日焼け後の保湿) ・タオル(首に巻いて熱中症予防にもできます) 「小物」 ・虫除けスプレー ・虫刺され薬 ・サングラス ・折りたたみ傘

『冬編』

「服装」 ・アウター ・インナー ・靴下(足元から冷えるので重ね履き用に少し多めに持って行くと良い) ・マフラー・手袋・耳あて・帽子 「小物」 ・カイロ ・防水スプレー(雨や雪で濡れないように。乾くまで時間がかかってしまいます) ・折りたたみ傘

宿泊日別!国内旅行持ち物リスト・カバンのサイズ

関連タグ

アクセスランキング