IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「頑張ります」の言い換え方や使う場面とは?ビジネスシーンにおける例文を紹介

更新日:2022年06月22日

敬語

「頑張りますって言い方はふさわしいのかな?」「もっと丁寧な言い方はないのかな?」と疑問に思うことがありますよね。この記事ではそんな「頑張ります」の語源や、敬語表現について例文と合わせてご紹介します。「頑張ります」の使い方について詳しく知っていきましょう。

さまざまな場面において、「頑張ります」と返答したい時がありますよね。例えば、会社の上司や取引先から期待の言葉をかけられたり、教授や先生から励ましの言葉をもらったりした時などです。 「頑張りますって敬語として正しいの?」 「頑張りますの他の表現は?」 そんな時に、このような疑問も浮かぶ方も多いのではないでしょうか。 本記事では、そんな「頑張ります」の使い方や敬語表現について例文を用いてご紹介します。また、「頑張ります」とは違う言葉での表現や強調するための副詞についてもご紹介します。 この記事を読めば、顧客との会話やビジネスメールのやり取りで、適切な表現で「頑張ります」と伝えることができるようになります。 敬語の使い方を知りたい方、ビジネスにおける表現を知りたい方はぜひこの記事をチェックしてみてください。

「頑張ります」は敬語表現?

頑張りますという言葉は、目上の方に使う敬語として間違いではありません。

「頑張ります」の使い方

「頑張ります」という言葉は、「頑張る」の連用形である「頑張り」に丁寧語の助動詞「ます」がついた敬語表現です。 「頑張る」には、「努力し通す」「我慢してやり抜く」「意志を通す」といった意味があります。 語源としては、「見張る」や「目を付ける」と言う意味の「眼張る」から転じて「頑張る」になったとされています。また、自分の考えを通す「我を張る」から転じて「頑張る」となった説もあります。 ここでは、そんな「頑張ります」の使い方に関して、場面ごとに解説します。

期待されたり励まされたシーンで使う

「頑張ります」はあなたの行動に対する期待の言葉や、激励を受けた際の返答として用いることができます。 また、自分が努力しようとしている姿を表現するために使うこともできます。しかし、文字で「頑張ります」と書くと、相手は軽い印象を受ける場合もあります。何に関して、いつまで、どのぐらい頑張るのかを明記することで、より気持ちが伝わりやすくなります。 のちほど詳しく解説しますが、ビジネスシーンにおいては口頭でのみ使える表現のため注意が必要です。

仲間や目下に対して使える

「頑張ります」は丁寧語の表現です。ビジネスシーンにおいて、自分の意志や考えを表明する際は、謙譲語や尊敬語を使用するのが適切です。そのため、目上の方より、目下や仲間に対して使うのに適しています。 目上の方に「頑張ります」と伝える時、文章では「頑張る」の程度がわかりづらいので、口頭のみで使うようにしましょう。明るい表情と声色で「頑張ります」と伝えることで、あなたのやる気が十分に目上の方に伝わるはずです。

ビジネスで目上に対しては謙譲語に直す

「頑張ります」は、子供でも使えるシンプルな表現です。そのため、ビジネスで使いたい場合はあなたのやる気が伝わるように工夫する必要があります。 目上の方に対してメールや文章で「頑張ります」と伝える場合は、謙譲語の表現に直すのが適切です。謙譲語は、自分や自分の動作をへりくだった表現にすることで、相手を立てる敬語のことです。 「頑張ります」を謙譲語にする場合は、「努めてまいります」や「励んでまいります」などの言い換え表現があります。誠意が伝わるよう、置かれた状況に合わせて強調する言葉や敬語を選んで使用しましょう。

具体性を持たせる言葉を足す

頑張りますという言葉だけでは具体的に何をどう頑張ろうとしていくのかがありません。 頑張りたい気持ちを相手によりアピールするために、頑張りますを使う時には、「具体的に何をどうやってどのくらい頑張るか」を示しましょう。

ビジネスシーンで使える「頑張ります」の言い換え例文

ビジネスシーンにおいて「頑張ります」と言いたい場合は口頭にとどめることがおすすめです。文章で「頑張ります」と伝えたい場合は謙譲語やその他の表現に変更する必要があります。 ここでは、ビジネスシーンで使える「頑張ります」の言い換え例文をシチュエーションごとにご紹介します。

企業や組織の代表としての姿勢を示す例文

ビジネスにおいて、個人での会話のやり取りとは別に、社外の人との会話で会社を代表して言葉を発さなければならない場面がありますよね。ここでは、企業や組織の代表としての「頑張ります」という姿勢を表現したい場合の例文をご紹介します。挨拶文やお礼状で使える例文です。 ・今後とも弊社のサービス向上のためにより一層邁進してまいります。 ・みなさまのご期待に添えるよう誠心誠意努めてまいります。 ・社員一同、お客様のお手伝いに努めて参る所存でございます。

次のページ:控えるべき「頑張ります」の表現
初回公開日:2017年07月28日

記載されている内容は2017年07月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング