仕事を休むときのマナー|連絡方法はメール?電話?休むのは迷惑?

体調が悪く、仕事に行くのが辛いそんな時は仕事を休むべきですが、無断で休んでしまったり、メール一本で休もうとしてしまうとそれはマナー違反になってしまいます。今回は仕事を休むときのマナーとその理由の伝え方のポイントと休む時のありがちなマナー違反を解説していきます。

仕事を休むときの4つのマナー

どうしようもなく体調が悪くて仕事を休む時ってありますよね。仕事を休むのにもきちんとしたマナーがあります。仕事を休むときのマナーについて解説していきます。

①周囲に感染する可能性のある病気の場合は休む

仕事を休むときのマナー1つ目「周囲に感染する可能性のある病気の場合は休む」です。

例えばインフルエンザに感染した場合はすぐに病院に行って治療をしてもらった方が良いでしょう。インフルエンザの場合、感染したら次から次に拡がり、他の従業員にまで感染してしまう恐れがあります。

このような状態で職場に無理して出勤してこられるよりは休んでもらった方が良いでしょう。

周囲に感染する可能性のある病気に感染したと感じた時は、無理な出勤はせず理由を話し早めに病院に行って休む方が大事です。

②休む時は必ず電話で連絡する

仕事を休むときのマナー2つ目「休む時は必ず電話で連絡する」です。

仕事を休む時は必ず会社に電話で連絡をしなくてはいけません。なぜ電話で連絡をするのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、例えばメールで休む事を連絡したとします。

そのメールに上司が気づかないままだったらどうでしょうか。ちゃんとした理由で休んだとしてもメールを読まれなければ無断で休んだと思われてしまいますよね。

そうなってしまうよりは電話で直接、仕事を休む事を上司に伝えた方が確実です。仕事を休むときは必ず電話で連絡しましょう。

③理由は必ず話す

仕事を休むときのマナー3つ目「理由は必ず話す」です。

体調がものすごく悪いときは起きるのもつらいですし、電話する気がしないですよね。しかしどんな理由であれ仕事を休む時は必ず理由を話しましょう。

体調が悪いなら悪いで体調が悪い事をしっかり伝えるのが正しいマナーです。そして仕事を休んでも大丈夫なのかをちゃんと聞きましょう。

④休むのが分かっているなら前日に連絡する

仕事を休むときのマナー4つ目「休むのが分かっているなら前日に連絡をする」です。

体調不良にはそうなる前触れを感じる場合があります。例えば前日から微熱が続くようならこれから高熱になるかもしれないと予測できますよね。

また咳がひどい、鼻水が止まらない、なども風邪をひいてしまったりした時の熱が出る前触れの可能性があります。

仕事前日に体調の異変に気づいたら連絡すべき

もしそうした前触れが事前に分かるようでしたら、早めに職場に連絡してお休みできないか相談してみると良いかもしれませんね。

仕事の休みが取れるなら次の日に必ず病院で診てもらった方が良いでしょう。

仕事を休む理由の伝え方の3つのポイント

仕事を休む理由の伝え方のポイントを解説していきます。

①具体的に休む理由は話すべき

仕事を休む理由の伝え方のポイント1つ目「具体的に休む理由は話すべき」です。

仕事をどうしても休む場合はいかなる理由であれ、具体的に仕事を休む理由を話すべきです。しかし休む理由を上司などに伝えるのがなんだか嫌なんですよね。

ただの風邪や微熱で休むと言ったら「そんなことで休むのか」「根性が足りてない」とか言われるかもしれないと思うと怖くて電話しにくいんですよね。

無断欠勤はダメ

いかなる理由であれ体調が悪いのは体調が悪いので無理な物は無理ですから休ませてもらいましょう。

もし電話で理由を言わなかったり、何も言わないで休んでしまったりメールで一方的に理由を送って勝手に休んだとしたら、もっと怒られるでしょう。無断欠勤は下手するとクビにされかねません。

そうなるよりは小言を聞き流して仕事の休みをもらいましょう

②丁寧に落ち着いて話す

仕事を休む理由の伝え方のポイント2つ目「丁寧に落ち着いて話す」です。

仕事を休む時は、なんだか悪い事をしているみたいで、ドキドキして緊張して落ち着いて話ができないですよね。

また電話を普段あまりしない人も緊張して声が裏返ってしまうで電話が苦手な人もいますよね。

メモ帳などに理由を書いて音読する

それでは電話で仕事を休む理由を話すことができないので、電話をするのが緊張した場合はメモ帳などに休む理由を書いて読み上げるだけでも良いでしょう。

理由を伝える事が大事なのです。丁寧にしっかり休ませてもらえませんか?と言いましょう。きっと休ませてもらえますよ。

③迷惑をかけてしまう事への謝罪の気持ちを伝える

仕事を休む理由の伝え方のポイント3つ目「迷惑をかけてしまう事への謝罪の気持ちを伝える」です。

仕事を休むのは職場の上司や同僚に迷惑をかけてしまう事になるでしょう。あなたがいない分、仕事が増えてしまう人もいる事でしょう。

その事をしっかり謝りましょう。お休みをいただきありがとうございます、迷惑をかけてしまって申し訳ありません。こういうだけでも分かってもらえます。

仕事を休む理由の一例

仕事を休む理由は様々ありますが、その一例を項目ごとに分けて挙げていきます。

①体調不良

風邪をひいてしまった

熱がある

インフルエンザになった

階段から転げ落ちた

事故に遇った

事故に巻き込まれた

②身内の不幸

両親が亡くなった又は危篤

兄弟(姉妹)が亡くなった又は危篤

祖父や祖母が亡くなった又は危篤

叔父や叔母などが亡くなったまた危篤

遠縁の親戚が亡くなったまたは危篤

③家庭の事情

子供が熱を出してしまった

子供が怪我をしてしまった

夫(妻)が急に倒れた

夫(妻)が熱が出てしまった

仕事を休むときのありがちなマナー違反

ここでは仕事を休む時のありがちなマナー違反を挙げていきます。

①理由を言わないで休む

仕事を休むときのありがちなマナー違反 1つ目「理由を言わない休む」です。仕事を休むときはどうしても理由が無いと休ませてもらえないわけではありませんが、会社の上司に必ずなぜ休むのかを聞かれます。

その時にちゃんとした答えも無く「休みたいので休みます」と言ってしまうのは上司に失礼です。休む理由を聞くのはあなたを心配しての事もありますし、仕事上報告の義務が発生するので聞くのです。

どんな理由でも話す事

休みたいので休むというのは仕事はできるのになぜ休むんだと、あなたの責任能力も疑われますし、あなたの積み重ねてきた評価も一気に下がってしまう事でしょう。

休む理由を聞かれたらはっきりと理由を話しましょう。それが例え仮病だとしても別の理由があるにしてもしっかりと理由は言いましょう。それがマナーです。

②承諾を得ないで休む

仕事を休むときのありがちなマナー違反 2つ目「承諾を得ないで休む」です。

仕事を休む時は理由を電話で話、休んでも良いのか聞きますよね。

会社は組織で動いてるのでその中で大事な作業を任されている人が一人でも欠けてしまうと、会社の中で代理を立てる必要が出てくるので、休んでも大丈夫なのか承諾を得る必要があります。

どんな社員でも仕事を休んで良いのか承諾を得る事がマナーです。

例え自分で「おれは仕事ができないダメ社員だ」と自覚されていても、それでも休む場合は承諾を得なくてはいけません。それがマナーです。

③メール一本で休む

仕事を休むときのありがちなマナー違反 「メール一本で仕事を休む」です。

メールは便利ですよね。しかし仕事を休む時にメール一本で休むのはマナー違反です。電話が出来る場合は電話ですべきです。

何か電話ができない特殊な事情があるならば、その時はメールでも許されるかもしれませんが、電話ができるのなら必ず電話を入れて休ませてもらいましょう。それがマナーです。

④無断欠勤

仕事を休むときのありがちなマナー違反 「無断欠勤」です。

無断で仕事を休むのはもっとも悪質なマナー違反です。会社に電話を入れて休む時に小言を言われるのが嫌だから電話したくない気持ちは分かります。

電話で話すのが緊張するからと言うのも分かりますが、どんな理由であれ仕事を休みたい時はせめて電話をしましょう。これがマナーです。

無断欠勤は最悪クビになる事もある

電話も無しに休んでしまう無断欠勤をしてしまうと会社をクビになる可能性が十分あります。

クビになるよりは小言を言われて休んだ方がまだ良いですよね。良く考えて電話をして仕事を休みましょう。

おわりに

いかがでしたか。今回は仕事を休むときマナーと理由の伝え方と休むときのありがちなマナー違反について解説してきました。

仕事を休むときは周囲の従業員に迷惑がかかる可能性のある物や体調不良の前触れがあった場合は早めに電話で連絡をして休む事を伝えるのが大事な事だと分かりましたね。

休むときはかならず理由を話し、休んでしまう事や迷惑をかけてしまう事を謝罪し休みをもらうようにしましょう。

マナー違反にありがちな無断欠勤や絶対にやってはいけません。仕事をクビになる可能性もありますし、今後の就職にも良い影響はないはずです。
きちんとした理由を話せば休ませてもらえます。マナーを守ってしっかり休むをもらいましょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ