IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「言わずもがな」の意味と類語|使い方や例文など

更新日:2020年03月06日

言葉の意味

あまり耳にしない言葉「言わずもがな」は、古い言葉であり大和言葉のひとつです。ご年配の方には、好んで使う人もいます。ここでは、「言わずもがな」の意味や使い方、類語などをご紹介します。柔らかい響きにしてくれる言葉なので、是非使ってみてください。

「言わずもがな」の意味と使い方

意味

聞きなれない言葉「言わずもがな」は、方言だと思っている人もいるのではないでしょうか? この言葉は、古くから使われる大和言葉のひとつで標準語です。三省堂大辞林によると、「言わずもがな」の意味は、二通りあります。

①言う必要のないこと。むしろ言わない方がよいこと。 「 -のことを言う」 ②言うまでもないこと。もちろん。 「大人は-,子供さえ知っている」

言わずもがなを分解すると

「言わずもがな」は、いくつかの言葉からなる連語であるのはすぐに想像できますが、一体どこで区切ることができるのか、わかりにくい言葉です。 この言葉を分解すると、 動詞「言う」の未然形 + 打消しの助動詞「ず」=「言わず」 + 願望を意味する終助詞「もがな」 と分けることができます。 分解した要素をひとつひとつ見ていくとわかるのですが、 言うの未然形=まだ言っていない状態 それを打消=将来的に言わない状態 願望の意味の終助詞=「将来的に言わない状態」を願っている状態 となっています。

本来の意味と現代の意味

分解からわかる本来の「言わずもがな」の意味は、「言わないでほしい…」や「いわなければいいが…」との意味であり、先の辞書の引用だと“①言う必要のないこと。むしろ言わない方がよいこと。”にあたります。 しかし、“②言うまでもないこと。もちろん。”の意味は、分解した言葉の要素が欠けています。これは現代での「言わずもがな」の意味だと言われていて、②の意味は、終助詞「もがな」の働きが忘れ去られてしまい、 「言わずも」のような言葉と混同されてたまま意味として成り立ってしまいました。 言葉は時代とともに変化し、より多くの人が違和感なく使える意味や活用が一般化し、辞書の掲載にもいつの間にか意味が加えられたり、削られたりします。そのいい例のひとつが、「言わずもがな」です。

使い方

「言わずもがな」の①の意味での使い方: ・言わずもがなのことを言う。 (いう必要のないことを言う。) ・今となっては言わずもがなだが、周囲は反対意見を聞かなかったのが原因だ。 (今となってはむしろいわないほうがいいが、周囲の反対意見を聞かなかったのが原因だ。) ②意味での使い方: ・英語は言わずもがな、ポルトガル語も話せます。 (英語はもちろんですが、ポルトガル語も話せます。) ・水が嫌いなので、海は言わずもがな、川も好きではありません。 (水が嫌いなので、海はもちろん、川も好きではありません。)

「言わずもがな」の成句と例文

「言わずもがな」を使った、使用頻度の高い成句をまとめます。

言わずもがなだが~

例文:国語は言わずもがなだが、数学など他の教科でも日本語読解力は必要です。 わかりきっていることを、あえて言う時に使う表現です。「当然のことながら」「言うまでもないが」「明らかだが」などと同義になります。

言わずもがなの~

例文:降雨量があれだけあれば、この川の決壊は言わずもがなの状況である。 ある物事や事実が、確実なものであるのを表現する使い方です。「明白な」「当然の」「言うに及ばない」や「わかりきった」などと同じ意味です。

「言わずもがな」のひとこと

初回公開日:2017年06月08日

記載されている内容は2017年06月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング