IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職種別】オープニングスタッフでの志望動機の書き方と例文

更新日:2022年06月30日

ビジネスマナー

「オープニングスタッフ」として新しく職場で仕事を始めようと思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、志望動機をうまくかけないと悩んではいませんか。今回は簡単に書けるオープニングスタッフとして働くための志望動機などを職業別にまとめてみました。

「オープニングスタッフ」として働くということ

まずはオープニングスタッフの特性についてまとめます。

スタートラインが同じなので成長ややりがいを実感できる

オープニングスタッフは、年齢や性別関係なく、全員がスタートラインが一緒です。例えば、お店のマニュアル作りに積極的に参加したり、トラブルが起こらないように工夫を施したりと、誰かに指示をされて動くことよりも自分で考え動くことが増えてきます。また、ある程度仕事をこなせるようになるとシフトリーダー職を任されるようになったりと、仕事のやりがいが見つけやすいのが特徴です。

スタッフ同士の絆が深くなる

社員やアルバイト関係なく、スタートラインが同じになるので、一体感を持って仕事をすることになります。オープン前の研修などで長時間一緒に過ごすことも多くなるため、自ずと仲間感が強くなり、オープニングスタッフを経験したら、一生の仲間ができたという声も多く聞かれます。

オープニングスタッフとして働くための心得

次に、オープニングスタッフとして働くために必要な心得を説明します。

店自体が営業に不慣れなところもある

営業開始に向けて、一丸となって準備を進めていきますが、いざオープンしたらてんやわんやの状況になることもあります。また「先輩」という存在がないため、最後に頼れるのは自分のみ。イレギュラーな事象に対しても適切に対応ができるかどうかも、採用時に重視されます。

スタートラインが同じなので未経験者でも働きやすい

オープニングスタッフは一斉に募集されることが多いです。オープン前に念入りに研修を行い、十分に営業のシミュレーションをした後に営業開始するので、未経験者でも仕事を覚えてから安心して働くことができます。

企業によっては即戦力を求めている場合もある

オープニングスタッフでは、営業開始に向けて、即戦力を求めている場合が多いです。したがって、前職で同じ職種の経験があればそれを志望動機に織りまぜることで採用の確率はアップするでしょう。また同じ職種でなくても、今までやってきた経歴との共通点を見つければ、採用に一歩近くチャンスになります。

飲食店のオープニングスタッフの志望動機

飲食店への志望動機のキーワードは2つあります。「料理に興味があること」と「接客業が好きであること」です。また、お客としてその店の系列店などを利用したことがある場合は、そのエピソードも交えて志望動機を練り上げるといいでしょう。

次のページ:医療事務・歯科衛生士のオープニングスタッフ志望動機
初回公開日:2017年06月07日

記載されている内容は2017年06月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング