IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職種別】大学病院への就職する際の志望動機の書き方と例文

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

大学病院への就職に当たり、より効果的な志望動機の書き方を、例を用いてご紹介します。一口に大学病院と言っても職種が様々ですので、各職種に合った志望動機例やポイントをご説明します。これから就職活動を始める方は是非参考にしてみてください。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

大学病院を志望する理由とは?

就職活動では、履歴書や面接など志望動機を伝える場面が必ずあります。採用側が知りたいのも重視しているのも志望動機です。ですから、自分が何故大学病院を志望しているのか、思いや理由をよく吟味して、採用側にアピールできるような志望動機を作成しなければなりません。 まずは自分が大学病院で働きたい一番の理由は何か考えてみましょう。いくつか理由があるか、一番自分の思いを占めている理由は何かなど自己吟味するなら、志望動機が書きやすくなるでしょう。下記に大学病院を志望する理由を例としてまとめてみました。参考にしてみてください。

大学病院は最先端の医療を行っている

大学病院で働くことを希望する一番の理由は、『大学病院では最先端の医療を行っているため』です。また、大学病院は高度先端医療行為が必要な患者さんに対応する病院つまり「特定機能病院」に指定されているところが多いから、という理由もあります。最先端医療を行っている環境で活躍したいという方は多いでしょう。

他の職場では経験できないことに携われる

最新の医療を取り入れている現場ですから、高度な臨床を行い、最先端の医療を研究できます。また、新薬の開発に携わることもあります。

教育制度が整っている

大学病院は教育制度が整っています。大学病院は患者さんに医療を提供するだけでなく、そこで働く医療職者を教育するという役割を担っています。学生や研修医など若い人が多いので、教育プログラムが充実していて、着実にスキルアップしていくための環境が整っています。

大学病院で働くことのデメリットを知っておく

大学病院で働きたいと思ったとき思い浮かぶのは先ほど挙げたようなメリットでしょう。しかし、どの職業にも言えることですが、デメリットが無いわけではありません。その点をよく理解しておかなければなりません。

担当業務が多い

大学病院は国公立、私立を問わず地域の中核病院の担い手であるため、一般の患者さんを診察する業務、医学部の学生や研修医の教育、法医学業務としての検死、事件事故等の裁判での医学的証拠の判断、予防医学などの基礎医学の研究など、担当業務はたくさんあります。また、ほとんどの大学病院は救急搬送先になっているため、24時間当直医もいなければなりません。ほかにも、会議や学会の準備運営も行うことになっています。

身につけた技術を使う機会が少ない

看護師の場合、大学病院には研修医がいるため一般の病院では看護師が行う抗がん剤投与や胃管の挿入や採血等の看護技術を使う機会が少なく、今まで身につけた技術を使えないために能力が衰えてしまう可能性があります。

夜勤・残業が多い

大学病院は、スタッフが多いので、仕事を人数でカバーできますが、入院する患者さんの入れ替えが早く、重病患者などの対応をする「三次看護」まで行うため、夜勤や残業が多いという難点があります。そのため、年間休日が多いとはいえ、有給もなかなか消化できないというのが現状です。

初回公開日:2017年06月16日

記載されている内容は2017年06月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング