IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ケース別「生活信条」の意味・書き方と例文・作文でのコツ

初回公開日:2017年06月01日

更新日:2021年06月07日

記載されている内容は2017年06月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

皆さんは「生活信条」とは何かご存知でしょうか?聞いたことはあるがしっかりと理解していないという方も多いでしょう。そこで今回は「生活信条」とはなんなのか、様々な角度からご紹介していきます。「生活信条」について興味のある方はぜひ読んでみてください。

「生活信条」とは?

「生活信条」とは?
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

意識していること

生活において、さまざまなことを意識して行動することがあるでしょう。たとえば「挨拶はしっかりとする」或いは「朝は早く起きる」、「困っている人は助けるとか友人は裏切らない」などです。様々な方向性がありますから、これが最高の生活信条というものはありませんから、あくまで個人的に決めることになります。座右の銘とかそうしたものもあります。これも生活信条の一つであるといえるでしょう。

「生活信条」の例文紹介

前向きなもの

前向きな生活信条の例文としては、たとえば『絶対に諦めない』ということでしょう。要するに失敗してもどんどんチャレンジしていき、或いは失敗してもそこでくじけない、ということです。非常に単純な文言であり、生活信条としては軽いと思うかもしれませんが別に小難しいことが重要なわけではないのです。

前向き、という意味合いでは非常によい文言といえるでしょう。或いは格言としては『塞翁が馬』というのもありです。これは何が切欠で事態が変るかわからない、という意味です。つまりは、悪いことが起きたとしてもそれが切欠でよいことが起きるかもしれない、ということです。そうした心がけでいますと日々、頑張れることでしょう。ちなみにこの言葉はよいことが起きてそこから悪いことに転じる、という意味合いもあるのですが基本的にはよい意味合いとして理解しておけば問題はないでしょう。

笑顔が大事

笑顔が大事であると思っているのであれば生活信条としては『笑う門には福来る』というのがよいでしょう。また『いつも笑顔』というダイレクトな生活信条でもよいでしょう。ムスッとしているよりは笑顔でいるほうが生活的に何かとメリットがありますし、自分の心理状態にもよい影響があるといえるでしょう。これも立派な生活信条の一つであるといえます。

努力に関すること

努力に関係してくる生活信条としては、たとえば『石の上にも三年』とか『為せば成る』とか『鉄は熱いうちに打て』などがよいでしょう。こうした努力に関することも生活信条の一つとして持つことができます。それこそ『いつも頑張る』という簡単なことでも自分で意識をして、そして行動に移せているのであれば、立派な生活信条であるといえるでしょう。どんな年代であろうとも努力というのは等しく価値があることであり、大事なことになります。生活信条として持つべき方向性といえるでしょう。

感謝などに関して

社会生活を行っていく上で、感謝というのはとても大事なことになるでしょう。感謝の気持ちを持つことによって、それこそ、社会的に信用されることもあるのです。『日々感謝を忘れない』とか『支えあう』ということも立派な生活信条となることになります。或いは『ありがとうを忘れない』ということでもよいでしょう。感謝する、ということは立派な生活信条になりますから、一つくらいは持つとよいでしょう。それを意識する、ということだけでも生活の質を向上することができるでしょう。

就活における「生活信条」とは?

就活における「生活信条」とは?
※画像はイメージです

就職活動において

生活信条というのはわざわざ人にいうことではないのですが、それでも人に聞かれる可能性があるときがあります。それが就職活動になります。この面接の時に意外と生活信条を問われることがあります。そんなときにしっかりと答えることができるようになりますと多少なりとも高評価を受けることができるようになるでしょう。 では、就職活動のときにはどんなことが生活信条としてどんなことをすればよいのか、ということになるでしょう。まずは仕事に対するようなことにすることがお勧めできることになります。具体的にいいますとそれは就職活動なのですから、仕事に絡めることが重要です。人間関係に関することも大事となることがあります。例えば、例としてあげますと『真摯に行動する』『新しいことにチャレンジする』とかでもよいでしょう。『健康的な生活を』、ということでもよいのです。仕事をするときには、どうしても健康がとても大事な要素になってくることもあるのです。そこも評価されることがあるでしょう。

関連タグ

アクセスランキング