IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自動車部品業界への志望動機の書き方と例文・職種別のポイント

初回公開日:2017年05月26日

更新日:2020年05月30日

記載されている内容は2017年05月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

私たちの生活に欠かせない車。その部品を作っているのが自動車部品業界です。自動車部品業界の志望動機を書くのに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、自動車部品の志望動機を考えるコツや志望動機の例文など参考にしたいポイントをまとめました。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

自動車部品業界への志望動機の書き方

自動車が好きな方は自動車部品に興味を持つ方も多いでしょう。自動車部品業界に入るには、ただ「車が好き」という理由だけでは、志望動機の動機としてはよくある理由となってしまいます。では、どうしたら自動車部品の志望動機を上手く書くことができるのでしょうか。

自動車部品の志望動機でおさえておきたいポイントをいくつかピックアップしてみましたので、志望動機を考える際には参考にしてみて下さい。

その1:なぜ自動車部品という業種にしたのか

これは面接でも良く聞かれる内容です。自動車産業はたくさんの仕事があります。その中でなぜ自動車部品というピンポイントな業種を選んだのかという理由を自分なりに導き出すことが大切です。 自動車部品に興味をもったきっかけでもいいですし、自動車部品のこの部分が好きなどをアピールしてみることも志望動機を書く上では大切なことです。

その2:ものづくりが好きであることをアピールしましょう

自動車部品は製造が中心であることがほとんどです。製造ももちろんですが、品質管理や営業、配送なども仕事としてあります。 自動車部品はものづくりというキーワードが重要になってきます。ものづくりをする責任感や完成した時の嬉しさなど、ものづくりが好きで自動車部品業界に興味を持った人であれば、自分が過去に制作してきた作品のPRも忘れずにしておくと良いでしょう。

その3:自動車部品に関わるエピソードを盛り込む

自動車部品は、自動車の乗り心地を決めるものでもあります。父親の乗っていた車のタイヤが良かったとか、乗り心地が快適であったなど自分と自動車が関わってみて関心を持ったエピソードなどを志望動機として、動機の部分として盛り込んでみましょう。 それか自動車部品だけでなく、自動車としてのエピソードでも構いません。

自動車部品業界に求められるスキル・資格

自動車部品を書くには求められるスキルや資格などをアピールしたいものです。そこで、自動車部品業界に必要なスキルや資格をまとめてみました。

技術者意外では特に必要な資格はなし

新卒採用での自動車部品業界では特にこれといった資格は必要にはなりません。ただし、応募する職種にもよりますが自動車部品の技術関連職種の場合は、大学にて機械や電子工学などを学んできた人が対象となることもあります。 例え、資格を持っていたとしても、資格だけで優位になるということはなく、資格を取得したという努力を認める方向制を企業は採用するでしょう。

英語力がスキルとしては優位

関連タグ

アクセスランキング