IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

はばかられる(憚られる)の意味と使い方例文

言葉の意味

ビジネスシーンにおいて「はばかられる」という言葉を日常でよく耳にするでしょう。しかし、正しい意味や使い方をしている方は少ないのではないでしょうか。今回はそんな「はばかられる」の意味や使い方、類義語の紹介や実際にどのように使用するかなど、詳しくご紹介していきます

更新日時:

「はばかられる(憚られる)」とは

「はばかられる(憚られる)」とは「ためらわれる。気兼ねする。遠慮する」という意味です。

「はばかられる(憚られる)」の使い方

「はばかられる(憚られる)」は、ためらわれるときに使います。 「はばかられる」を使う場合、通常は目上の人、社内では、先輩や上司に対して使う事が多くなります。例えば、先輩や上司との会話の中で、謙遜したり、何かに遠慮する場合です。

例文

「初心者の私が、ベテランのあなたにこんな事を言うのは、はばかられますが・・・」 「こんな時なのに、こんな話をしても良いのか、はばかられますが・・・」 「人目をはばからず大きい声で話をする」 「今回は大変重要な商談であり、部長を差し置いて経験不足の私が担当するのは、はばかられます。」 「繁忙期で大変な時期に、このような相談をするのは、はばかられますが・・・」 「私の立場からそのような意見を申し上げるのは、はばかるのですが・・・」 ・「この時期に、このようなお願いするのは、はばかられますが・・・」 ・「現状に満足されている所に、新たにご提案をするのは、はばかられるのですが・・・」

「はばかられる(憚られる)」の同義語

「はばかる」の同義語としては、「躊躇する」「気兼ねする」「遠慮する」「人目を気にする」などがあります。 「初心者の私が、ベテランのあなたにこんな事を言うのは、躊躇しますが・・・」 「人目を気にしないで大きい声で話をする。」 「そのような事で、私に気兼ねする必要はありません。」

意味をしっかりと理解して「はばかる」を使用しましょう!

いかがでしたでしょうか。今回はビジネスシーンにおける「はばかる」についてご紹介してきました。今回ご紹介したことをしっかりと理解して、積極的に「はばかる」を使用しましょう。 今回の記事が読者の方のお役に少しでも立てれば幸いです。

関連タグ

アクセスランキング