IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

眼科で働く際の志望動機の書き方|志望動機例文(履歴書/面接カード/面接時)

更新日:2024年05月07日

書類の書き方

眼科を志望する方向けに、志望動機の書き方についてご紹介しています。眼科の採用担当者に好印象を与えられる志望動機の考え方や、各職業別の志望動機を考える際のポイントについてもまとめているので、履歴書の作成や面接の際は、ぜひ参考にしてみて下さい。

眼科で働きたい!眼科で採用される為の志望動機の考え方

百聞は一見に如かずという言葉があるように、目から入ってくる情報はかなり多いと言われています。情報化社会の現代において、目が担っている部分は大きいと言えるでしょう。 そのような大事な器官である目に異常があった時、多くの人は眼科で診察や治療を受けます。眼科とは、目に異常や疾患を抱えている人の、病気を治療したり、眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正したりといった仕事をする場所です。 今回は、「眼科の志望動機」というテーマで、眼科へ転職する際の志望動機の考え方や例文などをご紹介していきます。 眼科への転職・就職を考えているなら、エージェントへ相談してみましょう!あなたの代わりに希望する条件の仕事を探し、紹介してくれます。複数のエージェントに登録し、求人を比較しながら就職活動を進めるのがです。

眼科への就職・転職を希望する際の志望動機の考え方

就職や転職を希望する場合、多くのケースで履歴書やエントリーシートなどを提出することになります。その際、必ずと言って良い程設けられている項目の1つに、「志望動機」が挙げられます。 志望動機は、なぜその企業やクリニック、もしくは業界や職種に就きたいのかを、採用担当者にアピールする項目です。眼科を希望する場合は、なぜ眼科なのか、眼科でどのような仕事がしたいのかといったことをアピールする必要があります。その際、なるべく具体的な内容になるよう、心掛けましょう。例えば、「人の役に立ちたい」「医療業界で働きたい」といった志望動機は、かなり曖昧な内容と言えます。人の役に立つ仕事は、眼科での勤務以外にも、数えきれないほど多く存在します。また、医療業界もかなり幅広い分野がある為、「眼科でなくても良いのでは?」と採用担当者に疑問を持たれてしまう可能性があります。 上記のような理由から、志望動機を考える際は、「なぜ眼科で働きたいのか」「なぜそのクリニックを選んだのか」といった内容を中心に、具体的に述べるようにしましょう。

職種別!眼科の志望動機を考える際のポイント

一言で「眼科」と言っても、職種や仕事にはいろいろな種類があります。眼科の看護師として働く道もあれば、眼科のクリニックの受付として働く道もあり、どのポジションで働きたいのかによって、志望動機の内容も大きく変わってきます。 そこで続いては、眼科の職種・仕事別に、志望動機の考え方やポイントについて考えていきます。

医療事務の志望動機の考え方

医療事務は、医療機関の顔とも言える職種の1つです。保険証の確認や各種控除の確認をする際、患者への優しい声かけや笑顔が求められます。特に資格が必要な業種ではないので、志望動機では愛想の良さや笑顔、コミュニケーション能力の高さなどをアピールすると良いでしょう。 また、点数の計算なども行うことがあるので、計算能力も必要です。志望動機の内容を考える際は、計算能力などについても、アピールすることをします。 その他、PCの基本操作も、眼科の医療事務として働くには必要な能力と言われています。コンタクトレンズの受注発注はPCを使用している医療機関がほとんどです。ですから、PC操作に関する能力があれば、志望動機でアピールしましょう。

視能訓練士の志望動機の考え方

視能訓練士という仕事は、もともとはお子さんの視力機能を回復する為の機能訓練をする仕事でした。しかし、近年では、高齢者の視力機能訓練も行うようになりました。 視能訓練士は、資格がないとなれない職業なので、志望動機について述べる際は、なぜ視能訓練士の資格を取ろうと思ったのかを説明することをします。その際、何年に資格を取ったのか、視力検査員として実務経験があるのかどうかなどの詳細も述べるようにしましょう。 視能訓練士は、お子さんの相手をするので、時には接し方や判断が難しい場面に遭遇する可能性もあります。ですから、明るく接したり、前向きに頑張ることができたりすることを伝えられると、採用担当者に対してより良い印象が残せるでしょう。

看護師の志望動機の考え方

意外に思う方も多いと思われますが、眼科は外科の一種に当てはまります。ですから、外科の知識がある看護師さんは、眼科での採用でも優遇されやすいと言われています。 さらに眼科の場合、子供から高齢者まで幅広い年代の方が患者さんとして利用するので、さまざまな年齢に対応した接し方が求められます。特にお子さんの場合は、泣き出してしまったり集中力がなくなってしまったりと、対応の仕方が難しいと言われています。ですから、子供が好きな方は、志望動機でアピールすることをします。 規模が小さな眼科の場合は、白内障などの手術を行っていない所もあります。しかし、規模が大きな眼科となると、白内障やレーシック等の手術を行っている場合もあります。看護師として眼科への就職・転職を希望する場合、上記のような手術の経験の有無なども確認される可能性があります。ですから、経験者の場合は、基本的な眼科の手術や治療に携わった経験の有無や、どの程度のことができるのかなどについても、具体的に述べるようにしましょう。

検査助手の志望動機の考え方

眼科の検査助手の主な仕事は、検眼です。また、医療用具であるコンタクトレンズに関する業務も担当し、先生の指示の元に処方を行ったり、コンタクトレンズが初めての方にレンズの説明や取り扱い方を教えたりする場合もあります。 検査助手は、特に資格は必要ない職業ですが、計算などをする機会が多いので、計算能力が重視されます。また、仕事上説明をする機会が多いので、目の構造や仕組みについては詳しく知っておく必要があるでしょう。瞳についてよく知らないと、患者さんに説明ができない可能性がある為です。ですから、志望動機では、理科や生物学が得意なことなどをアピールポイントにすると良いと言われています。 また、検査助手は、幅広い年齢層の検眼をするので、患者さんとのコミュニケーション能力が高いと良い印象を与えるでしょう。志望動機を述べる際は、上記のようなアピールポイントを押さえておくことをします。

受付の志望動機の考え方

個人病院の場合、受付と医療事務が一緒になっている場合が多いので、医療事務のような志望動機の考え方をしても、問題ないでしょう。 眼科で受付だけの業務を担当するケースは、大きな大学病院や総合病院等の受付業務専門の配属の場合が多いと言われています。受付業務の場合、患者さんから色々なことを聞かれる場合が多いので、冷静な対応や、落ち着いた物事の判断・処理ができる人材が求められます。また、受付は病院やクリニックの顔とも言える存在なので、明るい笑顔での接客が求められるでしょう。ですから、受付の志望動機では、愛想の良さや判断力・コミュニケーショ能力があることなどをアピールしてみましょう。

次のページ:志望動機の例文
初回公開日:2017年08月29日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング