IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

病院受付の志望動機の書き方と例文・見られるポイント

転職ノウハウ

病院受付として病院の業務に関わりたいと思っても、なかなか志望動機が思い浮かばないということはあるのではないでしょうか。この記事では病院受付の志望動機の書き方や履歴書、面接カードなどの気になる志望動機の例文やコツなど就活へのノウハウをご紹介しています。

更新日時:

病院受付の志望動機の書き方

病院受付の志望動機を書こうと思ってもなかなか思いつかない、どんなことを書いたらいいのか悩むところです。病院受付の志望動機の書き方は、主に医療事務の資格を取得しているかしていないかでも変わってきます。基本的には、受付の作業は医療事務がほとんどで、点数計算や会計、カルテなどの書類の作成など、病院に必要なことを行います。

病院受付の志望動機に書きたい理由としては、『病院受付(医療事務)を志望する動機』や『なぜその病院で働きたいと思ったのか』この2つの理由を志望動機として書くことが重要になってきます。

病院受付は大切な接客の一つでもある

また病院の玄関は受付から始まるため、明るい笑顔とどんな人でも対応できるようなコミュニケーション力が必要になってきます。人と接するのが好きな人はコミュニケーション力や人と接することが好きだというアピールをしてみましょう。

責任感がある正確性のある仕事ができることをアピール

もちろん、探せば未経験でも病院受付として採用してくれる病院はあるはずです。未経験で、病院受付の仕事に挑戦したい人は医療の仕事に興味があることと、一日でも早く業務を覚えたいという気持ちを志望動機にぶつけてみると良いです。

病院受付のほとんどは医療事務の業務であることが多いので、正確性と責任感を持って仕事をする人が求められます。そのため、いくら資格をとったからといって、勉強して資格ぐらいを取れるのはあたりまえです。正確性が欠けていると長続きしない仕事でもあるでしょう。また、医療事務の資格を持っていないからといって、病院受付の仕事がないというわけではありません。

病院受付の志望動機例文

病院受付の志望動機の書き方はなんとなく掴めましたか?それでも、実際はどんな感じに書いたらいいのか悩むことなどあるでしょう。そういう壁に当たった人のために病院受付の志望動機の例文もご用意いたしました。まずは実際に志望動機の例文を見てから「こんな風に書けばいいのか」とニュアンスを掴んでもらえれば、病院受付の志望動機を書く際にはお役にたてるはずです。

病院受付の履歴書の志望動機例文

『病院受付は未経験ですが、私自身、今まで売り上げや受付として培ってきたコミュニケーションスキルを常にフルに活用し、受付としての仕事を通じて責任を持ち、不安な患者の気持ちを支え、心から安心して治療してもらいたいと考えております。貴院では常に患者様のことを考えた対応力が高く、医療レベルも高いため、安心して通院することができます。その安全性や安定性も含めて、貴院での病院受付としての業務を一生懸命覚え、貢献していきたいと思いました。』

病院受付の面接カードの志望動機例文

『私は今までの経験で接客と事務業務を経験してきました。そのような経験から私は非常に接客業にやりがいがあると感じました。そのため、事務作業をしている間に多くの人とコミュニケーションを取ることを楽しいと感じております。私がこの病院を選んだのは、訪問した患者様と笑顔で接し、気持ちよく病院を利用して頂けるようなそんな仕事が魅力的だと感じたからです。私も、笑顔の接客を心がけ、病院のスタッフとして誠心誠意頑張らせていただきます。』

病院受付の面接時の志望動機例文

『昔から人と話すことや人の助けとなることが好きなのと医療関係の仕事にこの長所を活かせないかと思い、病院受付の仕事に興味を持つきっかけとなりました。貴院は自宅から近いこともあり、通院していたこともありました。病院受付の温かい接客が嬉しかったので、ぜひこの温かい貴院で働いてみたいと思い、志望いたしました。』

病院受付の志望動機で見られるポイント

病院受付の志望動機の書き方や志望動機の例文を呼んでみて解決したところはありましたでしょうか。しかし、志望動機を書いてみたはものの実際問題、病院受付の採用担当者は志望動機のどこを見ているのか気になる点でしょう。 そこで、病院受付の志望動機を書く際にこれだけはおさえておきたい志望動機で見られているであろうと思われるポイントをいくつかピックアップしました。このポイントを意識しながら自分だけの志望動機を作ってみてください。

ポイント1:病院の求めている人物像やスキルに合っているか

企業での志望動機も同じですが、病院受付の志望動機も同じで病院はどんな人を求めているのか、どんなスキルを求めているのかをしっかりと企業研究しましょう。当然、自分が企業や病院でやりたいこと、働いて得たいことを書くのはあたりまえですが、何よりも病院の求めている人物に近くなければ、採用をしようとは思いません。

そういったことを踏まえて、たとえば病院受付の例であれば「明るく元気な人」「コミュニケーションが取れる人」などがありますが、そういう条件は、受付をする以上あたりまえの項目です。人と接客をしたりするのが好きな人、笑顔で明るい人、誠実で真面目な人など病院によって求める人物像やスキルは違ってきますので、応募する前に病院の情報をよく読んで、志望動機を書いてみましょう。

ポイント2:なぜその病院を志望したのか理由が知りたい

このポイントはどんな企業でも病院でも聞かれることです。やはり、希望した動機、志望動機なのですから当然、病院受付であっても必ず知りたいことだと思います。その病院の良いところや入ってみたい、仕事をしてみたいと思ったことを素直に書いてみましょう。もちろん「安心して働けると思ったから」「家から近いので、すぐに働きに出られて、安定性もあり安心して長く続けられそうだから」という理由でも場合によっては採用してくれる場合もあります。

ただ、その理由の場合は仕事に対するやる気が重要になってきます。単純に「楽そうだから」という理由になってくると「この人はやる気があるのか」と見られてもおかしくないからです。とくに「家から近いので」という理由だと、仕事に対する思いとして見られるのは、今までどんな経験をしたのか、どんな仕事をしていたのかなどが聞かれた時にとっさに応えられるようにしておくことも志望動機では大切です。

ポイント3:今できることは何なのか、経験から何を学んだのか

転職も未経験であっても同じことですが、病院の採用担当が一番みている項目といってもいいでしょう。今までどんなことをしてきたのか、そして今活かせるスキルや知識はどんな知識なのか。医療事務での仕事をしていたのなら、その旨を経験者はどんどんアピールしていくといいでしょう。 未経験の場合は、接客業や人と話すことが好きであるアピールをすると共に仕事を一日でも早く覚えられるような努力と根性があるということをしっかりとアピールしていきましょう。また、異業種や新卒の場合はどうして医療関係に興味を持ったのか、なぜその業界で働いてみたいと思ったのか、どこにやりがいを感じたのかなどを盛り込んだ志望動機を書くことが採用への秘訣といってもいいでしょう。

説得力のある志望動機で病院受付の仕事に就きましょう!

いかがでしょうか。病院受付の志望動機を書くには、募集条件によっては医療事務など医療の資格が必要な場合もありますが、未経験でも笑顔で接客ができて、テキパキと仕事ができる事務力があれば、未経験でも働くことができる、魅力的な仕事でもあります。 特に最近では医療事務を学校で取ることもできる場合が多いので、将来病院受付を仕事にしたいのであれば、医療事務の資格を取得しておいて損はないでしょう。また、病院をやめたとしても、経験者を募集している求人であれば、前職のスキルを活かした仕事ができるはずです。

病院の受付は受付である以上、受付は会社や病院の顔ともいってもいいでしょう。常に笑顔で誠実な接客と医療事務の資格や事務のスキルを活かした仕事をしっかりとこなしていくことが大切です。 上記の例文やポイントを押さえて、自分なりの志望動機を作りましょう。

関連タグ

アクセスランキング