IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【職種別】産婦人科の志望動機の書き方と例文|履歴書・面接カード

更新日:2020年02月16日

書類選考・ES

「命の誕生に立ち会いたい」「悩んでいる女性の役に立ちたい」、産婦人科への志望動機は、みなさん様々にあるのではないでしょうか。実際に、産婦人科には、色んな職種があります。そんな産婦人科の志望動機を本日は考えていきましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

命の誕生に関わる!産婦人科のお仕事

病院の産婦人科の特徴をご存知でしょうか。病院は、人の病気を治し、時には、命に関わる大きな手術や、人の死を看取ることもあります。その中で産婦人科は、多くの診療科の中で、唯一、新しい命の誕生に関わるお仕事になります。 新しい命の誕生に関わることは、言葉には言い表せないほどの感動や、達成感が得られるということで、産婦人科を希望している方も、多いのではないでしょうか。産婦人科でのお仕事には、意外にも様々にあり、全ての職種に資格が必要なのでは、と思う方も多いのではないでしょうか。 そんな産婦人科が、実際にどんな業務があって、それぞれ、どんな志望動機を考えなければならないのか、見ていきましょう。

中には悲しい現実も

どうしても、新しい命の誕生に関わることができるという魅力が強い、産婦人科ですが、中には、精神的につらいこともあるので、覚悟しなければならない部分もあるのです。出産を望んでいるのになかなか子供ができないで悩んで、精神的に弱くなった患者さんのケアも必要ですし、何より、新しい命が産まれることが、100%成功するとは限りません。 中には、流産してしまうことがあったり、残念ながら、死産になってしまうこともあります。たとえ新しい命が産まれても、何かしらの障害が残ってしまったり、悲しい現実にも遭遇することもあります。 母体も、危険な状態で、無理に出産を望むこともありますし、時には、高リスクな出産にも、携わる機会がある可能性もあります。産婦人科のお仕事を望むのなら、大変な点も考慮しなければなりません。

良さだけを強調してはいけない!産婦人科の志望動機とは

産婦人科は、ただ新しい命が産まれるのを体験するわけではなく、つらい現実にも目を向けなければなりません。それを理解して、あなたは産婦人科の志望理由を考えなければならないのではないでしょうか。つまり産婦人科の志望理由を考えるためには、産婦人科の良い点ばかり見ていてはいけないのではないでしょうか。 産婦人科の現実的なリスクをあなたがどれだけ理解していて、その困難に、どれだけの覚悟があるのかを、しっかりと、面接でも、書類でも、主張できなければならないのです。 それでは、産婦人科の志望動機の具体例を、いい例と悪い例、両方とも紹介し、ポイントを押さえていきましょう。

産婦人科の志望動機としていい例

「今まで小児科で働いてまいりましたが、乳児の看護をする中で、生命の誕生に携わりたいと考えるようになり、産婦人科で働こうと決意いたしました。貴院では妊婦さんの思いを大切にし、希望を叶えるための設備や体制が整っていますので、貴院で働かせていただければ、患者さんや妊婦さん1人1人に寄り添ったケア、1人1人に行き届いたケアができるのではないかと思い志望いたしました。産婦人科の経験はありませんが、産婦人科での精神的なケアの重要性を理解し、助産師さんや先輩方にご指導いただきつつ、貴院の院内研修に積極的に参加して産婦人科や周産期の看護を学び、看護師として成長していきたいと思います。また、貴院には助産師の資格取得支援制度があることにも魅力を感じたことも貴院を志望した理由の1つです。貴院で産婦人科の看護経験を積みながら、実力をつけ、将来的には助産師の資格取得を視野に入れて働いてまいりたいと思っております。」

こちらの産婦人科の志望動機は、まず絶対的に必要なことがそろっているのではないでしょうか。なぜ産婦人科で働きたいのかの理由、産婦人科での精神的なリスク、将来的な産婦人科で働くビジョン、全てがバランスが取れた志望動機と言えるのではないでしょうか。 資格の取得を視野に入れているのなら、資格取得の支援がある職場、というのもリサーチしているので、多くの産婦人科の中から、なぜここなのか、という理由も明確になっています。注意しなくてはならないのは、産婦人科での精神的なリスクの表現の仕方ではないでしょうか。 確かに、産婦人科での精神的な負担の面は、受け入れなくてはなりませんが、はっきりとそれを表現してしまうと、「じゃあ、他の職場の方がいいんじゃない?」と突っ込まれてしまう可能性もありますし、何より、印象が良くありません。産婦人科の悪い点を述べるときは、必ず、柔らかい表現を心掛けましょう。 例文で例えると、「産婦人科での精神的なケアの重要性を理解し」というように、柔らかく、少しだけ表現することで、精神的なリスクの理解度も得ることができるのではないでしょうか。もちろん、新しい命の誕生、という、産婦人科の良い点がそれによって強調されても、理想を抱きすぎて、志望動機として妥当だとは言えない可能性があります。また、産婦人科というのは、非常に福利厚生や、収入の面が充実した職種なので、その点にも触れなくてはなりません。 採用担当者も、それを求めて志望する方が多いことは理解しているので、まったくその点を語らないと、どこか産婦人科の志望動機として、信用されないかもしれません。この例文では、「希望を叶える設備や体制が整っていますので」、という文章が、これに該当します。 まずは産婦人科の現実的なメリットとデメリットを、バランスよく表現しましょう。

産婦人科の志望動機として悪い例

「看護師になる前から命の誕生に携わりたいと考え、看護大学では母性看護のゼミに所属しておりましたが、新卒で入職した産婦人科への配属希望が叶わず、消化器外科病棟で5年間働いてまいりました。消化器外科病棟で看護師として経験を積んでまいりましたが、やはり産婦人科で働きたいという思いを諦めることができず、貴院の産婦人科を志望いたしました。貴院では、大学病院に負けないようなMFICUの設備があり、ハイリスクの妊婦さんの分娩を行っていらっしゃると同時に、婦人科の分野でも幅広い疾患を扱っていらっしゃるとの事ですので、貴院の産婦人科で働かせていただければ、産婦人科の看護師として着実にスキルアップし、実力をつけていけるのではないかと思っております。また、貴院は前職の病院よりも待遇がよく、給料は年収で50万円以上もアップしますし、有給休暇の消化率も高いとのことですので、貴院でなら長く勤めていけるのではないかと思っております。」

志望理由を考えるためには、何が悪いかも理解したほうが、どういったことがいけないのか、という理解度に影響してくるのではないのでしょうか。悪いことが分かるからこそ、正解を導き出す糧になるはずです。 この例文の悪い点を挙げていきましょう。まずこの例文をみて、目に飛び込みやすい文章は、「年収50万円以上もアップしますし」という文章ではないでしょうか。福利厚生の点は、述べなくては現実性に欠けますが、この文章では、少しストレートに言い過ぎかもしれません。 志望動機を述べるときに、どうしても福利厚生の点は、印象に残りやすくなってしまい、直線的な言い方では、少しいやらしい印象が残ってしまいます。いい例のように、具体的な数字は伏せて、スキルアップの環境が整っている、などの言い方に変えてみてはいかがでしょうか。 また、一見産婦人科での志が高い印象がありますが、肝心の、産婦人科の悪い点に触れていないことにお気づきでしょうか。志が高いことは、非常にいい点なので、アピールするべきですが、新しい命が必ずいい形で産まれてくるとは限らないのが、産婦人科の実態です。 もしこの例文で産婦人科で働いたところを想像すると、現実的な場面に遭遇した時に、うまくやっていけるかどうか怪しいところではないでしょうか。悪い点は、大きく振れてもいけませんが、まったく触れないのは、もっといけないのではないでしょうか。 つらい点にも触れて、それを自分がどうやって乗り越えていくのかを、具体的に提示し、最終的にはプラスな方向へ持っていけるように、組み立てなければならないのではないでしょうか。それらを、うまく組み合わせることで、あなたが産婦人科で働きたい志望動機の、熱意がより強調されて、疑いどころがない志望動機が考えられるのではないでしょうか。

次のページ:出産に直接かかわるのは助産師だけ!産婦人科の職種
初回公開日:2017年05月23日

記載されている内容は2017年05月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング