IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

信託銀行と銀行の違い|信託銀行と銀行のメリット・デメリット

ビジネスマナー

「信託銀行」とは、実はあまりどんな業務を行っているのか知らない人が多いのではないでしょうか?実際に銀行に比べて数も少なく地味な印象ですが、実は様々な業務を扱っています。今回は信託銀行と銀行の違いを中心にまとめてみました。

更新日時:

信託銀行と銀行の違い

街て時々見かける「信託銀行」ですが、実はあまりどんな業務を行っているのか知らない人が多いのではないでしょうか?特に若い人は信託銀行とかかわる機会がないかもしれません。実際に銀行に比べて数も少ないのですが、実は様々な業務を扱ってます。今回は信託銀行と銀行との違いを中心にまとめてみました。

銀行とは

銀行は銀行法に定められた銀行のみが行うことのできる「固有業務」を行います。 固有業務は銀行の3大業務と呼ばれる預金、貸付、為替の3つです。 ・預金 個人・企業からお金を預かり管理、保管する(受信業務) ・貸付 お金を貸付する(与信業務) ・為替 送金・振り込み・手形・小切手による現金の移動(決済業務) また、固有業務以外に付随業務、周辺業務として、債務保証や手形引き受け、クレジットカードなどがあります。 以上のように銀行が扱うのは、現金、預金、現預金に近い為替などで、基本的には不動産や知的財産などは扱わず、株式の保有にも制限があります。

信託銀行とは

信託とは?

信託とは、財産の保有者(委託者)が信頼できる人(受託者)に財産を移転し、受益者のために受託者が財産を運用、管理、処分することです。お客さんが委託者であり、信頼できる人が信託銀行になります。信託では、名義の変更が特徴的であり、これによって「財産管理」「転換」「倒産隔離」の3つの機能が生まれてきます。 ・財産管理機能 財産管理処分権が受託者に与えられ、信託目的の範囲内で自由に財産の引用が出来ます ・転換機能 信託財産が信託受益権という権利になり、金銭をまとめて運用しやすくしたり、財産を小口化して投資しやすくすることが可能になります。 ・倒産隔離 信託により委託者、受託者が倒産した場合にその影響を受けなくなります。 このように信頼のもとに委託し、受託することで財産を効率よく運用できる仕組みが信託です。つまり、信託銀行は財産を運用、相続したいお客さんから財産を預けてもらい、それを運用して利益を生み出すことが仕事となります。

信託銀行とは

信託銀行とは、銀行業務と信託業務の両方を取り扱うことのできる銀行です。 信託の対象は多岐に渡るため、普通銀行よりも業務領域は大変広くなります。

信託業務とは

・年金信託業務  顧客が受け取った年金を管理及び運用する ・貸付信託業務  顧客から預かった資金を第三者に貸し付ける形で運用する  ・金銭信託業務  顧客から預かった資金を運用する ・遺言信託業務  個人の遺言にそって遺産を管理、運用する 信託銀行は、銀行に預けられない不動産や有価証券を預かって企業・個人の代理として管理・運用して、長期間にわたる資産運用を得意とする金融機関です。 

併営業務とは

信託銀行は、財産管理、運用する信託業務以外に行うことが出来る業務があります。 例えば、不動産を購入する際に借り入れを行う場合に、銀行からお金を借り入れた上で不動産会社から購入する為、普通は銀行と不動産会社の2社とやり取りする必要がありますが、信託銀行は不動産の仲介業も行うことが可能ですので信託銀行のみでお金の借り入れから不動産の購入までを一括してできます。 その他にも、遺言書の執筆や遺産整理、証券代行業務も「併営業務」として行っています。

銀行との違いは?

普通銀行とは、預金者からお金を預かり、企業にお金を貸し出す従来型の銀行です。 信託銀行と銀行の明確な違いは、業務の広さです。銀行は信託業務を行うことは法律で禁じられていますが、信託銀行は年金、証券、遺言、不動産など幅広く扱うことができ、顧客ニーズに対して柔軟に対応できることが特徴です。 また、信託銀行と銀行とでは、店舗数や資金力など規模の大きさが異なります。信託銀行のほうが店舗数が少ないので、顧客が利用しにくいというデメリットがあります。

証券会社との違いは?

信託銀行も証券会社もどちらも資産運用を扱っていますのが、 証券会社は、直接的に株の売買をすることができますが、信託銀行は出来ません。 信託銀行では、いくつかの証券がまとめられた金融商品を購入することになります。同じ証券を扱っていても、取引方法が違うのです。

信託銀行のメリット

・不動産を運用することができます ・遺言や遺産相続がスムーズに行えます  遺言の作成から執行、遺産調査から相続まですべてを請け負ってくれます  弁護士や税理士も紹介してもらえます ・金融資産と不動産の両方を持つ人が自身の資産全体を一括管理・運用が可能  マイホームの購入から遺言・遺産整理まで障害を通じて付き合うことができます ・普通銀行にはない金利の高い定期預金を扱っており、中途解約できない代わりに大きなリターンが得られます

信託銀行のメリットを知った方へ

是非これを機会に"信託銀行"への転職を考えてみてはいかがですか? 今の給料に満足できていない、新しい何かにチャレンジしたいと思っている方は、新しい道を切り開いてみましょう! 業界でトップクラスを誇る求人数、そして転職支援実績は25万以上と多くの人の希望を叶えている《パソナキャリア》を利用してみてください。 専任のキャリアアドバイザーがあなたの転職を無料でサポートしてくれます!

主な信託銀行

信託銀行の中で主要なものは、三菱UFJ信託銀行、みずほ信託銀行、三井住友信託銀行の3つです。この他にも野村信託銀行、オリックス信託銀行、SMBC信託銀行などがあります。

三菱UFJ信託銀行

三菱UFJフィナンシャルグループ傘下の信託銀行で、三菱東京UFJ銀行と同じく、幅広いビジネスを展開しています。

みずほ信託銀行

みずほフィナンシャルグループ傘下の信託銀行です。みずほ信託銀行は銀行業務は全てみずほ銀行とみずほコーポレート銀行に任せています。みずほ信託銀行が行うのは信託業務のみです。銀行業務を行う必要があるときにはみずほ銀行などの担当者とともに営業を行います。特に不動産の分野が強いといわれてます。

三井住友信託銀行

三井住友トラスト・ホールディングス傘下の信託銀行です。三井住友銀行率いる三井住友フィナンシャルグループとは資本関係はありません。 2012年に住友信託銀行が中央三井信託銀行と中央三井アセット信託銀行を吸収合併して三井住友信託銀行が誕生しました。銀行事業と信託・財産管理事業を一体として展開する国内唯一の専業信託銀行グループを形成しています。

遺言代用信託

普通銀行と比べると敷居が高いと思われがちな信託銀行ですが、最近は一般サラリーマン向けの商品も増えています。特に相続や贈与関連で役立つ信託商品が多いです。特に注目されているのが、故人の口座から遺族がすぐに葬儀費用などを引き出せる「遺言代用信託」です。 金融機関では、人が亡くなると、分かった時点でその人の口座を凍結する為、たとえ親族であってもお金を引き出せなくなります。口座を解約するには、故人が生まれてから亡くなるまでの全ての戸籍謄本と、相続人全員の戸籍謄本や印鑑証明などが必要で手間がかかります。 「遺言代用信託」では、受け取り人を決めて一定の金額を預けておけば、万が一のときでも受取人は印鑑と印鑑証明書、故人の死亡診断書などを持っていくだけで、すぐにお金を受け取れるようになります。 50万~100万円程度から預けられるうえに、管理報酬などの余分なお金がかかりません。 三井住友信託銀行の「家族おもいやり信託」、みずほ信託銀行の「みずほの家族信託」、三菱UFJ信託銀行の「ずっと安心信託」がそれにあたります。

信託銀行の将来性

信託銀行は銀行に比べて店舗数は少ないですが幅広い業務を持ち、知的財産権の信託も可能になり、ますます裾野が広がっていきます。少子高齢化が進み、社会保険制度の不安定性から自ら老後資産を形成しようというニーズから投資信託、また遺言信託の需要が高まっていくと考えられます。金融の自由化から信託業界への参入が考えられますが、信託業務は専門性が高く、確かな信頼に基づくものであるため現存の信託銀行が新規参入企業より大きくリードしていくといえるでしょう。

信託銀行について知ろう

信託銀行は通常の銀行業務と信託業務を併せ持つ銀行です。現在は知名度も銀行に比べればそれほど高くなく、店舗数も少ない上に、どうも資産家や富裕層のための銀行というイメージが大きいようです。しかし、不動産の購入に際して住宅ローンを組むことが出来て、マイホームの購入から遺言・遺産整理まで生涯を通じてお付き合いの出来るのが信託銀行の最大の長所であり、最近は「終活ブーム」もあり遺言信託が注目されてきて、これから伸長していくと予想されます。もっと信託銀行が身近になっていくのではないでしょうか。

信託銀行への就職を考えてみるなら。

もし信託銀行に転職・就職を考えているならこちらのサイトを利用してみてください。 さまざまな職種が揃っていますし、「年代別やブランクがあっても大丈夫!」「すごい企業特集」など自分に合ったスタイルの仕事を探しやすい作りになっているのでオススメです。 また自分から応募する以外にも企業からスカウトメールが届くシステムもあるので、是非いろいろな方法で希望の就職を掴み取ってみてください。

関連タグ

アクセスランキング