IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

国立大学法人職員の志望動機の書き方/例文(新卒・中途採用)

書類選考・ES

国立大学法人の仕事とはどのような仕事なのかということや国立大学法人職員の志望動機の書き方を紹介しています。国立大学法人の志望動機例文(新卒・中途採用)について触れています。また、国立大学法人の志望動機で見られるポイントについても言及しています。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

国立大学法人職員とは

国立大学法人職員というと何をしているのかわからないという人も多いでしょう。実際に仕事をしている人が身近にいる場合には良いですが、そうではない場合もあるでしょう。ここではその国立大学法人の特徴や性質についてまとめていきたいと思います。

大学の組織を支える仕事

大学内での総務や人事、企画を行います。これは大学内で働くすべての人に対しての様々な支援や事務等をする仕事です。財務、会計の仕事も組織を円滑に動かすために必要な仕事として大学法人職員には欠かせない職です。

学生を支える仕事

学生支援という仕事もあります。これは、学生が入学してから卒業するまでの間の支援を行うことが仕事になります。国際交流を促すために留学生支援を行うことも大切な仕事になります。学生の留学のみならず、教員の海外出張などに関する業務も行っています。学生を支えるというと漠然としてしまいます。しかし、卒業に関わる業務等や成績管理、学生一人ひとりの情報をまとめ、管轄するということをイメージできれば大きな責任が伴うという事がよくわかります。

社会を支える仕事

研究協力も大学職員の仕事です。地域の取材を行ったり、研究による社会貢献など、社会をより良くする研究を支えるための業務を行います。補助金の相談や、知的財産に関する業務などを行うのも職員の仕事です。市民が使用する事ができる大学図書館の整備についても行います。新しい本を随時入れたり、使いやすいように管理整頓するという業務を行います。社会にとって重要な専門資料を管理する役割も担っています。

キャンパス内整備の仕事

教員、学生が心地良い生活が送れるように、電気機器等の施設の手配や整備を行うのも仕事の一環です。また、インターネットの設備やネットワークシステムに関わる分野の業務も行います。キャンパス内の整備も職員が担当しています。技術職である場合には、面接時にその専門技術について問われる場合もあります。大学には精密機器も多く、管理が難しいこともあります。専門的知識がないと勤めることは難しいでしょう。

キャンパス内医療設備の仕事

大学病院がある場合には、外来患者の受付、入院手続き等に関する業務などが仕事になります。キャンパス内の医療を支えるための事務作業等を行います。大学病院はとても大きく、国立大学法人職員の仕事も必然的に多くなります。管理する情報や対応する人の人数も多いために楽な仕事ではありません。大学病院での業務も国立大学法人職員の仕事になるということに驚きを感じる人も多いでしょう。入院・外来患者の料金の計算、月々のレセプト請求など、主に病院の料金に関わる業務について担当することが多いです。

国立大学法人職員の志望動機の書き方

国立大学法人の志望動機の書き方はどのようにして、自分のエピソードと自分の強みを伝えるかという事がポイントです。たとえば、地域を支える為の研究等に携わるための仕事が出来るということを元にして、志望動機を書く場合です。この場合は、自分がどのような研究で自分が国立大学法人職員としてどのように貢献できるのかということに言及する必要があります。自分が学生の時にどのような研究をしてきたのかということも去ることながら、社会に出てから、大学の研究がどのように役に立っているのかを踏まえた上で志望動機を話せると良いでしょう。

自分が学生時代にどのように支えられてきたのかということを元にして、エピソードを考えるという方法もあります。自分の大学生活が国立大学法人職員の存在があることでどのように成り立ってきたのかということを踏まえつつ志望動機を考えると良いでしょう。

ただ単に事務作業がしたいという志望動機は通用しません。大学で働くという意味や意義についてどのように感じているのかということを志望動機では伝える必要があります。責任とやりがいをどこに見出しているのか、自分が国立大学法人職員になることによってどのような役割を担うことが出来るのかどうかということを志望動機には書くようにしましょう。

国立大学法人の志望動機例文(新卒・中途採用)

新卒採用

新卒の場合には、自分の学生生活を振り返り、どのように国立大学法人職員に支えられてきたのかということに言及した上で、以下のような志望動機を考えると良いでしょう。 ・志望動機例 私は大学生の生活を支える国立大学法人職員という仕事に非常に魅力を感じている。学生生活を送っている中で私も国立大学法人職員の方に支えられる場面が多かったです。企画の運営委員をしていたこともあり、職員の方に手続きの仕方などをわかりやすく案内してもらいました。 実際に企画を行う上で必要な事務等に関しても迅速に対応してくださり、企画を成功させることが出来ました。学生の要望に答えるために全力で働く姿に感動し、自分も国立大学法人職員を志望したいと考えました。

中途採用

中途採用の場合には、自分が社会経験を通して何を感じてきたのかということも参考にしながら、国立大学法人職員の役割について言及できると良いでしょう。 ・志望動機例 私は大学研究について非常に関心を持っています。新聞等で大学の研究成果についての記事が紹介されると必ず目を通しています。大学での研究が社会の人のためになるということは大変意義のあることだと考えています。将来の日本を担っていく人材を育成するための業務に自分自身も力を注ぎたいです。自分も何らかの形で研究に携わりたいと考え志望したいと考えました。

国立大学法人の志望動機で見られるポイント

志望動機のブレ

インターネットにて国立大学法人職員の志望を行った場合、志望動機を入力した後に、面接前にもカードに志望動機を書く必要があります。そのため、インターネットにて書いた志望動機とカードに記述した内容が異なることがないようにしなければなりません。志望動機にブレが生じてしまうと印象がよくありません。

国立大学法人職員の仕事を把握しているかどうか

国立大学法人職員は実際に何をしているのかわかりにくいという現状があります。もともとは国家公務員として扱われていましたが、今現在は非公務員という扱いになっています。試験も難しいと言われており、国立大学法人等職員採用試験という試験を受けます。国立大学法人職員の仕事がどのようなものであるかどうかという事前学習が面接では重要になります。特に、志望動機では実際の仕事を理解しているということも見られます。

仕事内容を踏まえて、自分の特色を活かし、どのような仕事をできるのかどうかということを明確にし、自分の今後のビジョンについて話す必要があります。志望動機が分かり易すくなるように工夫しましょう。

国立大学法人職員になるということ

国立大学法人には様々な仕事があります。分野や部署も多く、大学によってその特色も違います。学生・教職員以外に、企業や市民の方々と接する機会も多く、実際に仕事に携わってから、こんなつもりではなかったということもあります。学生のみならず、社会の人々との関わりも重要な職といえます。

自分が大学の未来を作る、自分が未来の人材を作る手助けをするという意識を高く持つことが重要なポイントです。事務職員になりたいという人には向いていない仕事だとも言われています。事務職のみならず、大学の役割や未来に対するビジョンを描けるかどうかということは非常に大きな鍵になります。

大学には様々な特徴があります。大学によって専門分野も違うように、その大学で働く職員も様々な特徴があります。自分がどの大学でどのようなことをしたいのかということは非常に大きな問題になります。一緒に働きたい人がどのような人であるかということを意識した上で、自分の特質を活かせるような大学を選ぶようにすることが大切です。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング