IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

携帯ショップへの志望動機の書き方と例文・アピールの仕方

書類選考・ES

皆さんは「携帯ショップ」の仕事と聞いて、どんな志望動機が相応しいかご存じですか?おそらく、携帯ショップの業務内容なんかならまだしも、どんな志望動機を書けば良いかまでは知らないと思います。今回はそんな「携帯ショップ」に相応しい志望動機の書き方をご紹介します。

更新日時:

「携帯ショップ」の仕事への志望動機について

皆さんは、「携帯ショップ」の仕事と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、「携帯ショップ」の仕事内容についてならある程度知っているという方は多いと思いますが、「携帯ショップ」の仕事への志望動機に関してはあまりわからないという方が多いのではないでしょうか。実際に、「携帯ショップ」の仕事に就職したり転職したいけれども、どんな志望動機を書けばよいのかわからないという方も少なくないでしょう。 今回は、そんな「携帯ショップ」の仕事に焦点を当てて、面接時や履歴書の志望動機について様々な観点から見ていきたいと思います。

まずは「携帯ショップ」の仕事内容を確認し、求められることを見極めよう

実際に「携帯ショップ」の仕事への志望動機を考える前に、まずは「携帯ショップ」の仕事が具体的にどんなものなのかをしっかりと把握し、そして主な業務において従業員にはどんなことが求められるのかを見極めましょう。 求人サイトで応募をする携帯ショップをみつけたら、履歴書などでアピールして書類選考を通過しましょう。そのために携帯ショップのアルバイトに求められることについて整理をしておきましょう。携帯ショップの仕事は、カウンターでお客さんに新製品の紹介をする仕事、料金プランを説明する仕事が中心になります。このため、まず携帯電話やスマホなどのモバイル端末情報に精通している人が求められていると考えられます。また接客業が中心の仕事ですので、感じが良くきちんとした言葉遣いやマナーなどができている人も有利でしょう。 総じて携帯ショップのアルバイト経験者が有利なのは間違いありませんが、携帯ショップでは商品知識などの研修がありますので、未経験者でも問題なく働くことができます。もし販売系の仕事をした経験がある人はその点をアピールするのも良いでしょう。

接客業の体験をアピールしよう

携帯ショップの仕事への志望動機を書く場合は、志望動機の内容に、「接客業」に強いことをアピールしたことを盛り込むようにしましょう。

「携帯ショップ」の仕事への志望動機の例文

ここからは、携帯ショップの仕事への志望動機の例文について見て行きたいと思います。以下に、携帯ショップの仕事への志望動機の例文をいくつか挙げてみました。

志望動機例文①

販売経験はないのですが、実際に御社の商品を日頃からいつも使用しております。 御社の商品のデザインや機能性などが大好きでもっと多くの方々にも御社の商品を使ってもらいたいと思い、販売の方でお力になりたいと思い志望させていただきました。

志望動機例文②

人気のある商品を取り扱い成長される貴社に魅力を感じ、また以前に店舗に伺った際にスタッフの方に非常に丁寧に対応していただいた事が有り、私も同じスタッフの一員として活躍したいと思い応募させていただきました。

志望動機例文③

過去のアルバイトでの接客経験を生かすことができると思い、この仕事を選択しました。そのほかに、大学在学中に文化祭での模擬店の出店の経験があり、呼び込み、街頭での販売等は経験があります。時間にはかなりきっちりしており、几帳面な性格です。

志望動機例文④

パソコンは簡単な文書作成、入力は得意です。また、これまでに経験してきた接客の知識を生かして周りに対する思いやり、気配りを忘れずにどんな時でも明るく笑顔で仕事に取り組んでいきたいと考えています。

志望動機例文⑤

販売、接客の経験を活かした仕事を探しており、このたび求人募集を拝見してすぐに応募させていただきました。携帯及び関連商品の販売と言う事で分野は違いますが販売、接客での知識を活かし貴社に携われたらと考えております。

志望動機例文⑥

以前まで携帯電話販売の仕事をしていました。はじめのうちは覚えるのが難しかったですが、だんだんと料金形態や機種情報を覚え、自信を持って仕事をしていました。現在は以前の経験を生かし、働きたいと思っています。 面接の方法や履歴書の書き方など、就活に関する不安な部分は、新卒エージェントに相談してみるのもいいでしょう。今後のキャリアについて相談したり、あなたに合った求人を紹介してくれるかもしれません。

志望動機の書き方

続いて、先ほどご紹介した志望動機の例文を参考にして、志望動機の書き方について見て行きたいと思います。

自分のビジョンを伝える

携帯ショップの仕事への転職や就職の際の志望動機に関わらず、まず志望動機を書く際は「自分の持っているビジョンを相手に伝える」ようにしましょう。「私は貴社で〜に取り組みたい」というビジョンを語ることで、相手に能動的・積極的な印象を与えることができます。 さらに、そのビジョンがその会社の展開している事業や会社の掲げている指針などにマッチしていたりすれば、評価も上がりますし、会社の概要についてよく把握しているなといったイメージを相手に持ってもらえるというメリットがあります。そのため志望動機を書く際は、自分のビジョンを相手に伝わるように工夫するよう心がけましょう。

自分のビジョンを支える過去の実体験を具体的に説明する

続いて志望動機を書く際は、「自分のビジョンを支える過去の実体験を具体的に説明する」ことも心がけると良いでしょう。志望動機で「これから自分の取り組んでいきたいこと」などの自分のビジョンについて語ることは非常に重要ですが、それをどのように実現していくか、それを支えるものは何なのかについても相手にしっかりと伝えないことにはプラスにならないのです。 そこで過去に自分自信が体験して、得たことなどを織り交ぜながら説明することが重要になるのです。自分の体験談やそこから学んだことをより具体的に相手に伝えることで、その人がどんな知識や技術を身につけているのか、またその人の掲げるビジョンの現実味も増してきますよね。そうなると、採用側も根拠立てた期待を持てるようになるのです。そのため、志望動機には自分の掲げるビジョンに加えて、それを支える過去の体験談や実績を織り交ぜながら説明することを心がけましょう。

マイナス面は言わない

確かに、プラスの面ばかりを志望動機に書いたり、アピールするのは相手に不信感を与えるポイントにもなりますが、それ以上に自分のマイナス面について相手に言ってしまうといったことは避けましょう。正直な話、どんな仕事においてもどんな人であっても、仕事に携わり始めたら欠点やマイナス面というのはでてきます。 しかし、そんなことは面接官や採用担当者からすればわかっていることなのです。にもかかわらず、そういったことに関する話をするのであれば、今現在その人がどんなことができるのか、またその職種でいうとどのくらいのレベルに達しているのかがわかる判断材料を提示することの方が重要になってきます。そのため、志望動機において自分のマイナス面は一切書かないようにしましょう。

携帯ショップの仕事への志望動機や面接ではその人の「対応力」が問われる

最後に、携帯ショップの仕事への志望動機や面接において問われることについてご紹介したいと思います。携帯ショップの仕事への志望動機や面接の場合は、他の仕事の場合よりも「対応力」があるかないかが問われるポイントになります。 携帯ショップの仕事は主にお客様(人)を相手にする業務をこなすことになります。こういったサービス業の場合、もちろんあらかじめ用意されたマニュアルに則ってこなしていくことが基本になりますが、お客様は十人十色です。つまり、その人その人によって要求していることは異なりますし、その携帯ショップでは取り扱ってはいないことまで要求してくることなんて珍しくありません。 このように、マニュアルには当てはまらない事態にも慌てずに、冷静に判断できる力と、その場その時に適切な対処がスムーズにできるような「対応力」が携帯ショップの仕事への志望動機や面接において重要なポイントになるのです。

様々な工夫でより良い志望動機を仕上げましょう

いかがでしたでしょうか?今回は「携帯ショップ」の仕事への志望動機の書き方について様々な観点から見てきました。転職や就職希望先の職種によっても志望動機の書き方は異なってきます。そのため、各職種に合った志望動機の書き方に関する工夫を取り入れて、より良い志望動機に仕上げるようにしましょう。 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

関連タグ

アクセスランキング