IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職前に知りたい「携帯電話業界」の現状・動向・課題

更新日:2022年09月13日

就活の業界・企業研究

携帯電話業界の市場規模は10兆9,710億円となり、他の業界と比較すると大規模な市場になります。 2017年3月時点の日本企業の時価総額を見ると、携帯電話業界の3キャリアであるDocomo、KDDI、SoftBankは、いずれも有数10位に入り込んでいます。 そのことからも、携帯電話業界は今後の期待度や注目度が高い業界と言えます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

携帯電話業界の現状

基本情報(市場規模、労働者数、平均年齢、平均勤続年数、平均年収、仕事内容)

携帯電話業界の市場規模は10兆9,710億円となり、他の業界と比較すると大規模な市場になります。 2017年3月時点の日本企業の時価総額を見ると、携帯電話業界の3キャリアであるDocomo、KDDI、SoftBankは、いずれも有数10位に入り込んでいます。 そのことからも、携帯電話業界は今後の期待度や注目度が高い業界と言えます。

この業界における労働者数は22,065人になります。通信はインフラのひとつのため、設備投資には多額のお金が必要ですが、一度設備を整えてしまえば、高い利益率を保持しながら運営ができます。そのため、市場規模に対する労働者の割合は少ない状況です。 また、就活生にとっては、内定をもらうことが難しい業界とも言えます。 携帯電話業界で内定を取ることは難関ですが、見事内定を獲得した就活生には平均年収913万円という高水準な給与をもらる環境で仕事をすることができます。高給をもらえる業界研究をしている就活生にとっては、一つの選択肢になるかもしれません。

通信キャリアに勤めていると、様々なベンダーとの取引があるため、ベンチャー企業に引き抜かれたりなどのキャリアチェンジも旺盛です。キャリアチェンジをする人が多いため、平均勤続年数は12.9年とそれほど長くはなく、平均年齢は40.1歳と若い人材が多く活躍しています。 若いうちに実力を磨いて人脈やチャンスを作り、将来的に起業を目指している方や、キャリアをステップアップさせていくことを検討されている方にとっては適した業界と言えます。

そんな携帯電話業界ですが、携帯電話と聞くと、街中の携帯ショップを思い浮かべる方が多いと思います。しかし、実際にはスーツを着て法人向けの営業をしたり、商品企画、基地局の設置、財務、情報システム、人事など様々な部門の仕事があります。むしろ、普段目にする携帯ショップというのは、ほんの一部の仕事だということになります。

通信というのは現代では欠かせないインフラとなっています。そのインフラを担う、または活用して世の中を便利にしていく。そんな仕事に興味がある方は、携帯電話の業界研究をしっかり行い、通信キャリアに応募してみてはいかがでしょうか。

業界シェア上位3位

携帯電話業界のシェアは、以下の通りです。 1位 NTTドコモ 2位 KDDI 3位 SoftBank

業界シェア有数は「NTTドコモ」で、全体の40.7%ものシェアを獲得しています。かつては60%近いシェアを誇っていたNTTドコモですが、他社との熾烈なシェア獲得競争の結果、年々シェアを縮小させてしまっています。

NTTドコモの状況とは逆に、SoftBankはこの顧客獲得競争でシェアを急激に伸ばし、後発ながらもiPhoneの独占販売や、ユニークなCMを打ち出すことで毎年シェアを拡大してきました。

KDDIのシェアは30.0%になりますが、SoftBankはこれにようやく迫り、28.9%のシェアを現在では獲得しています。 NTTドコモの一人勝ちの状況から一転、どのキャリアも全てのスマホが扱えるようになった近年の各社のシェアは、まさに三つ巴と言える状況で、各社が同じシェア率に収斂していく傾向は今後も強まっていく状況となっています。

平均年収上位3位

携帯電話業界の平均年収はこのようになっています。 1位 KDDI 2位 NTTドコモ 3位 SoftBank 携帯電話業界で平均年収が高い会社は、NTTドコモ、KDDI、SoftBankが有数3にされます。 この3社の中で平均年収が高いイメージがあるのは、実力主義のSoftBank、もしくは伝統的な会社であるNTTドコモと想像される方も少なくないと思います。

しかし、実情はKDDIが最も高く、904万円という平均年収になっています。 KDDIは京セラが母体ということもあり、福利厚生や社員への待遇が充実していて、年収も高水準となっています。

2位のNTTドコモは807万円でKDDIと比較すると100万円近く平均年収が下がります。それでもアパレルやサービス業界などと比較すると、高い水準の給料をもらえることになります。

次のページ:業界の動向

アクセスランキング