IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

歯科受付の志望動機の書き方と例文|経験者/未経験/アルバイト

更新日:2020年05月31日

書類選考・ES

歯科受付は特に女性の間で人気の職業となっています。結婚や子育てで離職した方の再就職先としても人気が高い職種です。歯科医院のアシスタントメンバーとして採用されるにはどのような志望動機がよいでしょうか。歯科受付の経験者・未経験者それぞれの志望動機を考えていきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

歯科受付の仕事内容

歯科受付での初診、再診の患者様の応対や、カルテ管理・予約管理、電話応対,会計など受付業務全般を担います。電話応対で予約の管理をしている中で、患者様が来院されたりするなどは日常茶飯事なので、業務が同時進行しても冷静に対応できることが求められます。 患者様の中には、渡された処方箋の中に書かれているお薬の内容や飲み方の注意点を訪ねてきます。また施術後、すぐに食事をしていいのか、抜歯をしたけれどお風呂に入ったり飲酒をしてもよいのか、先ほど打った麻酔薬が切れるまでにどのくらいの時間がかかるのかなど、歯科受付の窓口では様々な専門的な質問が出されることもあります。 診療室で歯科医師が患者様に説明していることがほとんどなのですが、患者様によっては、治療のときは緊張していたり、治療直後は頭がもうろうとして先生のお話をしっかりと聞けず、治療後に安堵して歯科受付で疑問点や質問をなさる方がいらっしゃいますが、これはたいていの医院の歯科受付でよくあることなのです。 そうしたことを、いちいち歯科医師に確認していたのでは、先生も仕事を中断され困ってしまいます。よほど治療の専門的なことでない限りは、ある程度対応できるようにしておけるように積極的に勉強をする姿勢がのぞまれます。 また、歯科受付には患者様だけでなく「営業」も来ます。歯科用品の販売、技工士の紹介、保険の勧誘、外壁や看板塗装の修理など様々です。歯科受付として全て院長にアポイントメントについて聞きに行っては、患者様の治療に専念できず歯科医院として立ち行きません。そのような営業に対しても毅然と対応する必要があります。 こうした業務内容を理解したうえで志望動機を作成していくと、採用する側も「やる気がある人」と感じ、採用の可能性が高まります。

時に歯科助手として

国家資格不要の職業ですので、医院によっては受付をする方が、歯科助手の仕事を兼ねていることもあります。歯科助手の仕事内容は「患者様のお口の中に直接手を入れる行為はしない」というのが基本です。 診療時の患者様の対応に始まり、器具の用意・準備など歯科医師と歯科衛生士の仕事をスムーズに行う補佐役です。患者様と歯科医師、衛生士の間に入って行う業務なので、全体を見渡しながら先を読む力が必要です。

歯科受付の志望動機

歯科医院は全国の街にあるので就職先にも困らず、総合病院などである夜勤もないため、歯科受付の募集は人気に拍車がかかっています。資格がなくても就職できるため間口が広くなっているので就職の競争率も年々高まっている傾向です。他の候補者と差をつけ無事に採用される志望動機を紹介します。 歯科医院によっては、歯科受付と歯科助手を兼ねて募集しているので、確認の上応募するとよいでしょう。志望動機内で歯科助手も喜んで引き受けるという姿勢のをアピールすれば採用されやすくなります。

歯科受付経験者の志望動機①

以前は●●歯科医院で働いておりました。そこの医院は患者様に子供の数が多いところでした。私は子どもが好きで、泣いている子供の対応や、お母様が患者様として診察している間、一緒に子供と遊んだこともあります。事務作業と並行してお客様と対応するなど大変な面もありますが、毎日充実していました。 結婚をしてそちらを退職したものの、子供が手を離れたのでもう一度この業界で働いてみたいと思ったのが志望動機です。新たに求人を探していたところ貴院の募集を見つけました。自宅からも近くて子育てがしやすいという点も私には魅力でした。 ブランクはありますが、積極的に新しい知識を自ら学び早めに職場に慣れたいと考えています。

歯科受付未経験者の志望動機①

前職では派遣社員として販売員をしておりました。無事に契約期間を満了し、新しいジャンルで働きたいと考え始めました。販売員として様々なお客様と接することができたことは私にとって大変勉強になりました。新しい転職先を色々探していたところ、医療分野で活躍されている方の補佐として世の中に貢献したいと思うようになりました。歯科医院は色々ありますが、患者様への貢献度が高い医院で働きたいという視点から貴院を求人広告で見つけました。こちらが忙しい方向けに夜間や土日の診療に力を入れている点に共感いたしました。 接客の経験からコミュニケーションスキルがお役に立てると思います。少しでも早く戦力になれるよう、現在通信教育で歯科助手の勉強をしております。

歯科受付未経験者の志望動機②

介護福祉士の経験から高齢者の方と接する機会が多くありました。その中で訪問介護の際歯科医師と接する機会があり、患者様への気遣いやアドバイスの仕方などケアの仕方の素晴らしさに脱帽しました。この業界で働いてみたいと思ったのが第一の志望動機です。 もちろん介護の仕事でもたくさん多くのことを学ばせていただきました。ただ、私もこの年齢になり夜勤の仕事が少々堪える様になりました。健康体であることには変わりないのですが、進退を考えるきっかけになりました。歯科業界は未経験ですが介護職の経験を活かし、歯科受付では患者様の立場に立ち、優しくかつスピーディな対応を心掛けたいです。 歯科関係の求人に応募しようと志望動機を考えている方は、就職や転職のプロでもあるキャリアアドバイザーに志望動機を添削してもらうといいでしょう。しっかりとプロの目線で的確なアドバイスをもらうことができます。

歯科受付アルバイトの志望動機

子どもが幼稚園に通うようになり多少時間に余裕が出来たので、働きたいと考えるようになりました。ただまだ子供も小さいため、幼稚園の帰りなどを考慮して、短時間勤務できる職場を考えておりましたところ、貴院の求人広告を見つけました。 小さい子供もたくさん患者様としていらっしゃる医院と伺いましたので、子育て経験が活かせると思い、こちらに応募しました。

次のページ:志望動機で見られるポイント
初回公開日:2017年05月02日

記載されている内容は2017年05月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング