IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

如何でしょうかの意味・敬語表現|ビジネスにおける如何でしょうか

初回公開日:2017年05月07日

更新日:2020年02月12日

記載されている内容は2017年05月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

「如何でしょうか?」普段使っている言葉でも漢字になると読めなかったりしますよね。「いかがでしょうか」と読みますがこの如何でしょうかという言葉敬語なのでしょうか。実際に使う時はどうすれば良いのか?今回はそんな如何でしょうかについてまとめました。

相手にどうするか聞く場面が多い

仕事をしていると取引先の担当者との打ち合わせをする事があったり、人と待ち合わせをする事があると思います。その相手が目上であったり上司であったり様々です。ビジネスシーンでは相手にどうしたいのか聞かなくてはいけない場面というのが多いでしょう。

上司や目上の方にストレートに意見を聞くと失礼

上司や目上の方に対して「あの待ち合わせ何時にするの?」などと友達に話しかける様に聞いてしまっては失礼です。そんな言葉を使う人はまずいないとは思いますがもし癖になっている人は丁寧な言葉を学ぶべきでしょう。

何か意見を聞く時は丁寧な言い方をする必要がある

何か意見を聞く時はもう少し丁寧な表現の言葉を使う必要があります。あまりにもストレートすぎると相手への敬意が感じられないですし、ぶっきらぼうな聞き方をしてしまうと威圧感や不快感を感じるでしょう。何かを聞く立場ですので、もう少し丁寧な言い方をする必要があります。

如何でしょうかの意味

まずは如何でしょうかの意味についての解説をしていきます。

如何でしょうかの「如何」は相手の動向や意向を尋ねる時の言葉

この如何という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。如何でしょうかの如何には相手の動向や意向を尋ねる時にも使われる言葉です。例えば取引先の担当者とのやり取りで打合せや待ち合わせの約束を取り付ける時に相手の都合の時間を聴いておきたい時等に相手の都合を聞く時に使える言葉です。

如何でしょうかの「如何」は相手に何かを勧める時の言葉

また如何でしょうかの如何には相手に物や飲み物を勧めたりするときに使う言葉です。例えばお酒の席で上司に「お酒のおかわりは如何でしょうか」と相手へ飲み物や食べ物など何かを勧める時にも使える言葉です。

如何でしょうかは相手の意見を求める「どうですか」の改まった敬語表現

如何でしょうかは、相手の意見を求める時に使う言葉「どうですか」を改めて敬語表現にした言葉です。「どうですか」という言葉を見るとと分かるように「どうですか」は相手に何か意見を求める時に使う言葉です。どうですかを敬語に表現したのが、如何でしょうかという言葉です。

如何でしょうかの読み方

普段良く使っている言葉でも漢字に変換されていると読めない人もいるでしょう。「如何でしょうか」という言葉もそれと同じで見慣れない言葉なので読めない人もいるかもしれません。如何でしょうかと書いて「いかがでしょうか」と読みます。

如何でしょうかの敬語表現

如何でしょうかは敬語としてこのまま使用出来る言葉なのでしょうか。それとも何か別の言葉に言い換える事が出来るのでしょうか。ここではそんな如何でしょうかの敬語表現について解説していきます。

如何でしょうかは「如何」に丁寧語の「でしょうか」を加えた敬語

如何でしょうかという言葉には「如何」という単語と「でしょうか」という敬語の表現が加えられています。そのまま使用しても失礼ではないので敬語として使用して問題ありません。

上司や目上の人に如何でしょうかを使っても問題は無い

上司や目上の方に対して、如何でしょうかは使っても良いのでしょうか。如何でしょうかはそのまま使っても敬語としての表現ですので、上司や目上の方に対して使用しても問題はありません。上司に何か訪ねたい事や意見を求める場合や取引先の方との約束の時間調整をする時などに使っても問題ないでしょう。

如何でしょうかと同じように使える言葉

如何でしょうかと同じように使える言葉を覚えておくと便利ですので、ここで如何でしょうかと同じ意味で使える言葉をいくつかご紹介しておきます。

①如何なさいますか?

如何でしょうかに比べると「如何なさいますか」は相手に問いかけるような表現の言葉です。よく飲食店などで「お飲み物は食後にお持ちいたしますか?如何なさいますか?」等と良く使われる言葉です。如何でしょうかと同じように丁寧な言葉なので問題なく使える言葉です。

②どうなさいますか?

「どうなさいますか」という言葉も如何でしょうかと似た言葉で、「どうする?」を敬語に言い換えた言葉です。なさいますかという敬語表現を付けているので相手への敬意を示しいるので、この言葉も如何でしょうと同じように問題なく使える言葉です。

如何でしょうかとよろしいでしょうかの違い

如何でしょうかと似たニュアンスの言葉に、よろしいでしょうかというがという言葉がありますが、この如何でしょうかとよろしいでしょうかの言葉には、どのような点で違いがあるのでしょうか。解説していきます。

如何でしょうかは相手の意見を求める場合に使う言葉

如何でしょうかについての意味は解説しましたが、改めてこちらでも解説しておきます。如何でしょうかは相手の考えや意見を求める時に使ったり、相手へ何かを勧める時に使う言葉です。相手の考えや意見を聞く時や、これからの動向を伺う目的で使用する事が多い言葉です。

よろしいでしょうかは許可を求める場合に使う言葉

如何でしょうかに対してよろしいでしょうかはどのような意味があるのでしょうか。よろしいでしょうかは何かする事に対して相手に許可を求める時に使う言葉です。

ビジネスメールでの如何でしょうかの例文

ビジネスメールでの如何でしょうかはどのように使うべきでしょうか。ビジネスメールでの如何でしょうかの例文をご紹介していきます。

①打ち合せメール例文

件名:○○の打ち合わせ日程調整について 株式会社マヨネーズ 営業部 田中太郎様 いつもお世話になっております タロウコーポレーションの山田太郎でございます。 さっそくですが新規事業○○について 打ち合わせに伺いたいと思っていますが 田中様のご都合は如何でしょうか? ご都合の良い日時をお知らせいただけますか。 4月5日14時~15時 4月8日9時~11時 4月12日9時~12時 上記以外でも調整致しますので、ご都合が悪いときはご連絡をお願い致します。 打ち合わせは1時間ほどを予定しています。お忙しいところ恐縮ですがご検討よろしくお願いいたします。

②打ち合せ日程の調整メール例文

件名:「会社パンフレット制作」打合せ日程の調整 ヨネーズ商事株式会社 営業部 真世山 太郎様 いつもお世話になっております。 株式会社ヨネタ商事、営業部の米田タカシです。 進行中のパンフレット制作の方向性について お打合せをお願い致します。 全体のスケジュールは以下の通りです。 ・商品撮影日:5月6日 ・入稿日:5月20日 ・最終校了日:5月30日 4月30日までに打合せをして、 撮影方針を決められればと思います。 本日の時点では、私は以下が空いております。 ・4月25日 ・4月27日 ・4月28日 ご都合は、如何でしょうか。 お打合せの場所は、弊社の会議室にて行います。 ご調整の上、4月20日までにお返事をいただけると 助かります。何卒よろしくお願い申し上げます。

相手へ選択してもらう場合に如何でしょうかと聞こう

ビジネスの場では相手の時間や都合を聞く場面がよくあるでしょう。しかし聞き方を間違ってしまうとなんだか急かしているように聞こえてしまったり、失礼に感じさせてしまったりします。そうならないようにするためにも、適切な敬語で話して相手の都合や時間の予定を聞き出す必要があります。そんな時に使う言葉が如何でしょうかという言葉です。 如何でしょうかは、どうですかを改まった表現にした敬語です。どうですかと聞いてしまうと失礼になる事もありますので、そんな時に如何でしょうかとソフトに聞き出す事で上手なコミニュケーションが取れます。如何でしょうかの如何という単語には相手の動向や意向を聞き出す時に使う言葉です。そこに、でしょうかと敬語表現を付け加える事で丁寧で柔らかい印象になります。 如何でしょうか、と同じように使える言葉では「如何なさいますか」や「どうなさいますか」がありました。この二つも同様に何かを聞きたい時に使う言葉ですので如何でしょうかと同様に覚えておくと便利です。如何でしょうかとよろしいでしょうかの違いでは、如何でしょうかは相手の意見を求める場合に使う言葉で、よろしいでしょうかは相手に許可を求める場合に使う言葉だという事が分かりました。例文であるような相手の都合を聞く時などには、相手に何かを選んでももらう場合は如何でしょうかと柔らかく聞きましょう。

関連タグ

アクセスランキング