IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「やりがいのある仕事がしたい」という時の効果的な志望動機の書き方

書類選考・ES

やりがいを感じる仕事がしたいという点について、どのように志望動機に表すべきかという記事です。やりがいという曖昧な言葉を志望動機において具体化する手法を伝えることを目指しました。自分自身と応募した仕事を論理的に繋げることで、やりがいを上手く表すことができます。

更新日時:

志望動機に「やりがいのある仕事がしたい」と書いた時の印象

志望動機に「やりがいのある仕事がしたい」と書いた時の印象

初めての就職活動にせよ、転職活動にせよ、履歴書や職務経歴書の中で必ず書くことになるのが志望動機です。そして、新たな社員を選考する場合に、最も重要視されるものの1つが志望動機と言って良いでしょう。そのため、志望動機を書くときに手を抜くことは許されません。 また、それはアルバイトへの応募であっても同じです。就職活動や転職活動のときほど明確で出来の良い志望動機は求められないかもしれませんが、かといって手を抜くことはできません。手を抜いてしまったが最後、貴方の中にある情熱や個性が選考員に伝わらず、貴方が落とされてしまう可能性があります。

しかし、志望動機の内容については、多くの人が頭を悩ませるのも事実です。そもそも志望動機に何を書けば良いのかは簡単にはわかりません。その中でも、志望動機の中にやりがいを感じる仕事がしたいと書いて良いか否かは大きな問題です。 やりがいのある仕事がしたいと書いて良いのか…そもそも、やりがいのある仕事って具体的にはどんなものなのだろうか…やりがいのある仕事をしたいと思うことは至極当然のことなのではないだろうか…。と思う事もあるでしょう。 今回は、漠然としていて厄介な、やりがいのある仕事がしたいという気持ちを志望動機にどのように書くかということに、焦点をしぼってご紹介します。

多くの人が頭を悩ませがちな「志望動機」

多くの人が頭を悩ませがちな「志望動機」

志望動機をどのようなものにするかについては、実に多くの人が頭を悩ませています。志望動機が選考において重要な役割を果たすため、プレッシャーを感じて頭を悩ませることもあれば、そもそも自分の志望動機が自分自身ではっきりと理解できていないためでもあります。 ここでは、志望動機に何を書くべきなのかを改めて考えてみましょう。それにより、やりがいについて書いても良いのかがわかります。

志望動機とは、その仕事に応募した理由を述べる部分

当然といえば当然なのですが、志望動機は、貴方がその仕事に応募した理由を述べる部分です。もちろん、中にはやりがいのある仕事と感じたから応募したという人もいるでしょう。 志望動機の内容を考える際は、世の中に数ある仕事の中から、なぜ貴方はその仕事を選び、応募したのかに立ち戻って考える必要があります。はじめに、その仕事に惹かれたポイントをしっかりと思い出してみましょう。

何でも素直に書けばいいわけではない

その仕事を選んだ理由に立ち戻るべきだと書きましたが、何でもかんでも素直に書けば良いというわけではありません。 例えば、その仕事を選んだ理由が、家から近かったためである場合、それを素直に志望動機に書いてしまうのはあまりに短慮でしょう。それを読んだ選考員としては、近ければどこでも良かったのか…との印象を受けるはずです。 そのため、志望動機が実際にどんなものであろうとも、それを伝える相手の視点に立った記載を心掛けることは重要です。それを実現するには、選考員に悪い印象を与えてしまうような志望動機は心の中にしまっておいて、好印象を与える志望動機を心の中から探すようにしましょう。

仕事について調べた過程で得た思いについて書く

応募しようかと思う仕事を見つけた後は、その仕事について詳しく調べるのが常です。その仕事について、なるべく深くまで知り、それが本当に自分の望む仕事なのか判断しなければなりません。 その過程で、その仕事について、当初は気がつくことのできなかった部分を発見し、それを魅力的に感じることができたのであれば、志望動機にはそれらの過程で得た思いを書きましょう。それが新たに発見した魅力はやりがいに繋がりやすい要素です。

仕事を魅力的に感じたスタート地点と過程を意識しましょう

このように、志望動機の内容を考える場合は、応募する仕事を魅力的だと感じたスタート地点とその仕事について調べていく過程に着目すると頭の中が整理されます。 貴方がどのような経路で、その仕事への応募を決めたのかという点をわかりやすく書くことはとてと好印象でしょう。 そして、その経路の中には必ずやりがいの記載のヒントとなる要素が隠されているはずです。

志望動機は、就職活動や転職活動で頭を悩ませることのひとつですよね。とてもやる気や熱意があるのだけど、それをどう志望動機につなげていいかわからない。そんな方は、就職エージェントに相談してみるものおすすめです。

志望動機にただやりがいを感じる仕事がしたいと書くのはNG

志望動機にただやりがいを感じる仕事がしたいと書くのはNG

では、ここからは、志望動機に具体的にどのようにやりがいについて書くべきかを考えていきます。まず、1つ言えるのは、志望動機に単純に「やりがいを感じる仕事がしたい」と書いても、それはむしろマイナスであるということです。 では、なぜ、単純にやりがいを感じる仕事がしたいと書くことは良くないことなのでしょうか。

やりがいなんて、誰もが求めているのです。

端的に申し上げますと、やりがいを求めていない人なんていません。やりがいのある仕事と、やりがいのない仕事があった場合、多くの人は前者を選びます。これは当たり前のことです。 そのため、志望動機に単純に「やりがいを感じる仕事がしたい」と書いても、それは至極当然のことであり、他の応募者との差別化には繋がらないのです。 それどころか、当たり前のことを単純に記載してしまったのでは、選考員から深く物事を考えていない人物だと評価されてしまうことになりかねません。つまり、単純な記載はマイナスでしかないということです。

なぜその仕事なのかということが伝わりません。

また、やりがいを求めていることは選考員に伝わっても、やりがいを求めてその仕事を選んだ理由が選考員に伝わらないことには意味がありません。 貴方の中に深い分析と思索に基づく確たる理由があったとしても、それを志望動機に明確に書かないことには、当然ながらそれが選考員に伝わることはありません。 このような理由から、志望動機に、単純に「やりがいを感じる仕事がしたい」と書くことはNGなのです。

やりがいを求めていることを伝えるための志望動機の書き方

やりがいを求めていることを伝えるための志望動機の書き方

前述したとおり、単純な記載では選考員には何も伝わりません。また、伝わらないのみならず、選考員に悪印象を与えてしまう恐れもあるのです。 志望動機の記載方法は、選考においてとても重要なものということがおわかりいただけたでしょうか。では、どのような記載をすることで、貴方の思いが面接官に伝わるのでしょうか。

論理的な構成を心がけましょう

まず、志望動機の全体を通して論理的な構成になるように心がけることが大切です。論理的でない文章は、そもそも結論が伝わらなかったり、この人は論理的な文章を書くことができない人なんだという評価に繋がってしまいます。 しかし、それは裏を返すと、論理的な志望動機を書くことができれば、貴方の思いが明確に選考員に伝わり、その上で、貴方に対して選考員は論理的な文章を書くことができる人であるとの評価をすることになります。

志望動機に、やりがいについて書く場合は、自分の中にある思いを書くことが多くなることから、文章が支離滅裂になりがちです。しかし、貴方の中にある強い気持ちをそのまま選考員にぶつけても相手を困惑させるだけです。気をつけましょう。 強い気持ちを冷静な頭で整理して選考員に伝えることで、相手に良い印象を与えることができます。論理的に、自分の気持ちを書くことを意識しましょう。

仕事にやりがいを感じた理由はあなたのバックグラウンドと繋がっています

やりがいを感じる仕事とやりがいを感じない仕事が人により違うのは、それぞれの人が持つバックグラウンドが違うためです。 例えば、幼少期から自分で考えてプログラムを組むことを楽しいと思ってきた人であれば、パソコンにほとんど触ることのない仕事よりは、パソコンを使ってする仕事にやりがいを感じるでしょう。さらには、職場に多くのプログラマーがおり、今までにないサービスを立ち上げようと奮闘する仕事であれば、さらなるやりがいを感じるでしょう。 このように、特定の仕事にやりがいを感じるか否かは、貴方の好み、貴方が今まで得てきた経験などに大きく左右されるのです。

あなたのバックグラウンドと仕事を論理的に繋げましょう

以上のように、志望動機の中でやりがいについて書く場合は、貴方のバックグラウンドと応募した仕事を論理的に繋げるとわかりやすく、印象が良くなります。 また、そのためには、貴方自身のバックグラウンドについての分析と応募した仕事についての分析も欠かすことができません。 精緻な分析を行うからこそ、論理性と説得性が高まるのです。そして、それが選考員に好印象を与えることに繋がるというわけです。

やりがいを感じる仕事を探したい、そう考えているあなたは転職エージェントを利用してみましょう。あなたのバックグラウンドを含め、あなたに合った求人を紹介してくれます。

志望動機の例文を紹介します

ここでは、志望動機にやりがいを書く場合の例文をご紹介したいと思います。志望動機にやりがいを書く場合のポイントを読み取ってみてください!

プログラマーの例で見てみましょう

例 「私は貴社における、システム開発の仕事に大きなやりがいを感じると考えています。私は父がプログラマーであったことから、小学生の頃より自分で簡単なプログラムを組んでいました。自分で組んだプログラムが、思い通りに動くことに大きな達成感を得ていました。 また、私が成長する過程で、Google、Yahoo!、Facebook、Twitterなどの便利なサイトが次から次へと登場し、それらは世界の人々に今までにない革新的なサービスを提供するものでした。 私も、いつかはそのようなサービスを創り出したいと強く思っていました。 貴社は、今までにない視点から日々の生活を便利にするサイトやアプリを創り出しており、まさに私が目指していたものを達成しています。そのような貴社には、人とは違った視点からプログラムを組むことのできるプログラマーが数多く在籍していると考えられます。 そのような貴社でお仕事をさせていただくことができれば、私は日々新しい知識と発見を得ることができると考えました。そして、それは人々の生活を豊かにする新しいサービスを創り出すことに繋がると考えています。 このような理由から、貴社におけるシステム開発の仕事は、私に大きなやりがいを感じさせてくれるものであると考えています。」

曖昧な言葉である「やりがい」を伝えるためには論理的な構成

曖昧な言葉である「やりがい」を伝えるためには論理的な構成

例文なので少し漠然とした部分もありますが、論理的な構成を心掛けることで、やりがいという曖昧なものがわかりやすく相手に伝わります。 このような志望動機であれば、やりがいについて書くことは全く問題ありません。結局のところ、なぜやりがいを感じたのかを明確に説明できることが求められます。

いかがでしたか?

いかがでしたか?

これを参考にご自身の志望動機を今一度確認してみて、時間をおいて何度も練り直すことで志望動機は良いものが書けるようになります。 その中で、やりがいを感じた理由をしっかりと選考員に伝えてください。しっかりと伝われば悪い結果にはならないはずです。

志望動機が内定へのカギ

この応募者、スキルは高いが、志望動機が弱いからすぐに辞めそう」 転職時の採用担当者にとって志望動機は「採用するかしないか」の最後のひと押し。志望動機がしっかりしているかどうかで、合否が大きく変わってきます。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング