IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面白いプロフィールの書き方・写真などを使った面白い例

更新日:2022年11月27日

書類の書き方

Twitterやブログなどで面白いプロフィールをよく目にします。その人のユーモアなセンスに惹かれフォロワーになっている人も多いでしょう。プロフィールは自己アピールできるツールです。面白いプロフィールを作って交友関係を広げていきましょう。

面白いプロフィール

SNSが流行る前から、プロフィールサイトのようなものがありました。その時代からプロフィールを面白おかしく書いて、人の目を引く工夫がされていました。 最近ではTwitterやブログなどで、面白いプロフィールを公開している人がたくさんいて、そのユーモアなセンスに惹かれてフォロワーになっている人も少なくないでしょう。 プロフィールが面白い人は、ブログやTwitterの内容までも充実していて、ユーモアがあります。 面白いプロフィールが書けるということは、それだけ物知りで頭が良いことが考えられます。また、機転が利く人が多いので、コメントの返しも面白く、知識の多さも感じられます。

面白いプロフィールを使うシーン

面白いプロフィールを使えるのはどんな状況のときでしょうか。SNSで面白いプロフィールを載せるとフォロワーが増えるメリットがあります。TwitterやFacebook、ブログ、YouTube、会社のホームページに載せる社員プロフィールも面白いものがあります。また個人のHPを作りプロフィールを面白おかしく書いている人もいます。 また、結婚式での席次表に載せる新郎新婦のプロフィールも、最近はユーモアのあるプロフィールを載せて見る人を楽しませています。婚活パーティなどで、プロフィールカードを記入すると思いますが、普通に書くよりも面白く書くことで、異性に興味を持って貰うことができます。しかし、自分を少しでもよく見せようと見栄を張って書くと、後々自分の首を絞めることになるので注意しましょう。

面白いプロフィールの書き方

面白いプロフィールを書くと人気者になれる可能性があります。周りの人達を和ませ、明るくて楽しい気持ちにさせることが出来ます。面白いプロフィールを書けるということは博学で人生経験豊かな人だと考えられます。頼りになる人だという印象があり、その印象から人が周りに集まってくるでしょう。 しかし、面白いプロフィールを書きたいけど、どんな風に書けば良いのでしょうか。人気のあるブログやTwitterを参考にしてみるとヒントが隠れているかもしれません。 面白いプロフィールを活かせるシーンは様々ありますが、それぞれどんなことに気を付けて書けば良いでしょうか。シーン別に、面白いプロフィールの書き方を見ていきましょう。

新郎新婦プロフィール

結婚式の席次表に、新郎新婦のプロフィールが載っています。生年月日や職業、好きな食べ物など当たり障りのない項目が主ですが、最近では面白い項目を載せているプロフィールもあります。 例えば、新郎新婦本人達がお互いに知らないであろうことも項目に入れています。 ・相手の弱点 ・相手の好きな仕草 ・第一印象 ・秘密にしていること どんなことを思っているのか相手も知らない分、ゲストの人達にとってもスリルがあります。しかし、めでたい席での席次表です。行き過ぎた項目を入れてしまうと白けさせてしまう恐れもあります。 あくまでも、めでたい雰囲気を壊さないような微笑ましい範囲での項目を心がけましょう。

Twitterやブログ

Twitterやブログでフォロワーを増やしたいときには、プロフィールがとても大事な役割を果たします。面白いプロフィールを載せていると、内容もきっと面白いだろうと思ってくれます。 Twitterやブログでは真面目にプロフィールを書く必要はありません。信用がなさそうなことを書いても読む人にとっては害がない為、面白いと感じてもらえればフォロワーになってもらう可能性が高いです。 例えば、住んでいる地域を面白おかしく書いている人が多いのがTwitterです。「魔界都市」「あなたの隣にいつもいる」「宇宙」など好きなように書いても何も問題ないでしょう。 しかし、倫理観があまりにも破城していると警戒されてしまいます。常識の範囲で、読む人が楽しめるように心がけましょう。

婚活パーティー

婚活パーティーでは、いい加減なことを書くと相手から信頼を得られません。しかし、異性から注目される為にも面白いプロフィールを書くことも忘れてはいけません。基本的な名前や職業や生年月日などは真面目に書きましょう。冗談のつもりで書いても詐欺だと疑われてしまうかもしれません。 一番自由に書けるのがフリーコメント欄です。趣味や休日の過ごし方、特技などは自由に書けます。異性と会話に繋がることを考えて書きましょう。例えば、読書が趣味で村上春樹が好きなら「ハルキスト」と書いてみたり、将来の夢を「村上春樹がノーベル賞を受賞すること」と敢えて書くことで面白い人だと思ってもらえます。 注意したいのは、あまりふざけたことを書くと信頼を欠くことに繋がってしまうことです。婚活パーティーは結婚相手を真剣に探す場所です。真実を面白く書くことを心がけましょう。

面白い質問を入れる

それぞれのシーン別に面白いプロフィールの書き方を紹介してきましたが、質問項目を自分で考えることが出来るなら、面白い質問を入れてみましょう。それだけで、相手を楽しませることが出来ます。 ・自分を物に例えると? ・無人島でまず何をする? ・似ている芸能人は? ・生まれ変わったら何になりたい? ・何フェチ? 面白いプロフィールを書こうと思ってもアイディアが浮かばないという人にとっては、面白い質問を入れることで、面白い答えが書きやすくなります。非日常的な質問入れて、面白いプロフィールを作ってみて下さい。

嘘は書かない、冗談は書く

面白いプロフィールを作る上で注意したいのは、嘘を書かないということです。あくまでも冗談として通じる内容であれば問題ないのですが、シーンによっては嘘と捉えられて信頼をなくしてしまうこともあります。嘘とすぐ分かるような面白い嘘であれば、冗談としても通じるでしょう。しかし、本当のような嘘を書いてしまうと、それが真実だと思ってしまう人もいます。 例えば、住んでいるところが「宇宙」と書いてもこれは嘘ではありません。冗談として捉えられますが、婚活パーティーなどのプロフィールで書いてしまうと、冗談だとは思われるけど、信頼度は落ちるでしょう。仲間内だけなら通じる冗談も、おおやけの場だと嘘にしか見えないこともあるので、十分に注意しましょう。

次のページ:パロディー
初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング