IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「構わない」の敬語表現|目上の人に使う正しい敬語表現

初回公開日:2017年03月31日

更新日:2020年05月28日

記載されている内容は2017年03月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

日常的に見聞きする「構わない」という表現。それで問題ないです、大丈夫です等と同じ意味で使われることが多いですが、「構わない」の敬語表現って?メールで構わない旨を伝える際には何て言えばいいの?話し言葉での正しい敬語表現は?本稿ではそれらをまとめました。

「構わない」とは、その敬語表現

日常的に「問題ない」や、「それで大丈夫ですよ」ということを伝える際に「構わない」、「構いませんよ」といった表現をしますよね。この表現って、目上の方だけではなく、対等な立場にいる同僚や、目下の部下や後輩にもしていますし、敬語表現として「構いません」と言っているけれど、きちんとした敬語表現になっているのでしょうか。まずは「構わない」の意味をまとめました。

「構わない」とは、それでよいと消極的に肯定する表現

こういった意味になります。ざっくりと言ってしまえば「それでも不満や反対派はないですよ」や「差支えない」、「気にしない」という意味があります。消極的な肯定ですので、大賛成をする際に使うというのは少し適切ではないものになります。元々は「構う」という動詞の未然形の「構わ」に、打消しの助動詞である「ない」がついたものになります。消極的な意味を含んでいるのは後ろについた「ない」から来ています。

意味が分かったところで、敬語表現になるものは?

「構わない」には差つかえない、気にしないといった意味があることが分かりました。では、この敬語表現にあたるものは何になるのか。正解は「構いません」という表現です。「お」や「ご」等の和語や漢語をつけるのではなく、普通に敬語表現に用いる「ですます調」にしてしまえばいいだけですね。 ですが、「構わない」という言葉は実は意味が多様でもあります。上記では肯定をする場合に用いる言葉と言いましたが、気遣いをする際にも用いることが思い出されますよね。例を挙げるなら接待をされた際に「お構いなく」なんて感じで「気を使わないでくださいね」というときに使いますよね。こちらの意味でとられしまわないように、またはこちらの意味で使ったのに!とややこしいことにならないように使う場面には気を付けたほうがいい言葉です。

「構わない」目上の人に使う場合の敬語表現とは

「構わない」目上の人に使う場合の敬語表現とは
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

「構わない」の敬語表現は「構いません」になることがわかりました。しかし、この「構いません」という言葉は目上の人には失礼な言葉ととられてしまう場合もあります。一見丁寧な表現に見えますが、例えば「何時が都合がよろしいでしょうか」と聞かれたとします。これに対して「○時で構いません」と「○時ですと幸いです」とお返しするのではかなり印象が変わりますよね。「構いません」からは冷たい印象を受けますが、「幸いです」にはより丁寧かつ暖かい印象を受けますので、目上の方に対して「構わない」という旨を伝える際は注意して使う必要があります。

冷たい印象を与えてしまう理由は「自分が主体」の言葉だから

「その日ならいつでも構いません」という文章を見てみましょう。この文章をざっくり言えば「私はその日ならいつでも差支えないから大丈夫」といった意味になります。この文章から読み取れることとして、「私はそれでいいから、許可をあなたに与えます」といった意味が含まれていることがわかります。こういった理由から目上の方には冷たい印象を与えますし、なによりも失礼な印象を与えてしまいます。

「構わない」旨を伝える際に良い印象を与える類語

「構わない」という表現は同僚や目下の部下や後輩には問題なく使用することができますが、やはり良い印象を与えるものには見えにくいことがわかりました。上記で紹介した「幸いです」のような、類語を使い「構わない」、「問題ない」旨を伝えていきましょう。他の類語としては「~でよろしくお願いします」、「大丈夫です」、「結構です」、「差し支えありません」等を使うことで冷たい印象を与えることなく柔らかい印象で「構わない」旨を伝えることができますので、相手によって意識して使うようにしましょう。

メールでの敬語表現とその例文

構わない、という言葉には敬語表現を用いても目上の方には失礼かつ冷たい印象を与えてしまうことが分かりました。これはメールでも変わりません。ここでは、「構わない」のメールでの敬語表現と、より柔らかい印象を与えることのできる類語を使った例文をいくつか紹介しましょう。

予定の連絡の場合

・その日であれば何時でも構いません。 ・当日でも一向に構いません。 ・○日までであれば構いません。 こちらが構わないを使った例文。「問題ありません」という意味で使っていますが、自分主体の考えにとられてしまい、目上の方には冷たい印象を与えてしまうこともありますので、以下のように言い換えると無難です。 ・その日は空いておりますのでよろしくお願いいたします。 ・当日までにご連絡いただければ幸いです。 ・○日までによろしくお願いいたします。 こちらに言い換えると、「構いません」よりも柔らかい印象を受けますよね。このように、安易に「構いません」を使うことはせずに言い換えるようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング