IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上下関係のマナーの必要性・上下関係が厳しい/嫌いな人の特徴

更新日:2023年01月19日

ビジネスマナー

日本という国は、昔から比較的上下関係に厳しい国です。その証拠として、他国にはない「敬語」という言葉が存在しています。しかし過剰に上下関係に厳しいと精神的にとても疲れますよね。今回は、そんな上下関係について詳しく解説していきます。

上下関係のマナー

上下関係とは

どんな社会、或いは団体、組織などにおいても上限関係というのが少なからず存在しています。この際のマナーはしっかりと守るようにしましょう。 マナーでありますし、規則であります。マナーと規則とは明確に違うことになりますが、とにかく関係として上下があるのであればしっかりと守り、上手く人間関係を円滑にするようにしたほうがよいでしょう。

上下関係の必要性

そもそもどうしてあるのか

どうして上下関係があるのか、といえばそれは少なからず意味があるからです。まず、上下がはっきりすることによって、命令系統がはっきりとするようになります。どこから命令されたことが優先されるのか、ということが大事になります。 これは大抵の組織で言えることですが、いくつかの上下関係を決めるような要素が社会には存在しており、それが複数、同時に考えないといけない場合はやや難しいことになります。 例えば、役職による違いかあるでしょうし、年齢によるものもあるということです。ここでさらに難しくなってくることですが、役職が上で年齢が下の場合などなかなか扱いが難しいことになります。 年上の部下が使いにくいとされているのはこうしたことがあるからです。つまりは、上下関係の一つの絶対的な基準のひとつに年齢があります。年上を敬え、というのは大体、どこの社会でも同じような感覚になります。しかし、会社のような組織の場合、最も優先されるのはやはり役職による上下関係になります。

このあたりが上下関係の難しいところになります。ふたつの異なる上下関係の異なる基準が相反する立ち位置にある場合、どちらを優先するべきなのか、ということです。この場合、基本的には任命されることによって地位が上がることになる場合のほうを優先することです。 つまりは、役職です。年齢は上でも役職が下であればまずはそれに従うべき、というのが社会的には一般的な価値観になりますから、これはしっかりと覚えておきましょう。

上下関係が厳しい場合の対処法

上下関係という意味合いで大事なことになりますが、直属の上司を乗り越えて、その上に注進することは基本的に駄目です。組織論的にはこれは大原則になります。もちろん、話の度合いによって違ってくることになりますが、こうしたことは本当に注意しておくべきことになります。 つまりは、直属の部下から自分が飛ばされて、さらに上に判断を直接的に求められた、というのは面子を潰す行為にもなるからです。このあたりが上下関係の難しいところの一つです。とにかく報告なり或いは相談でもやり方、やり方をよく考えておきましょう。こうしたことも一つの対処法になります。

上下関係が嫌いな人の克服方法

嫌いな人は

そもそも上下関係が好き、という人は少ないです。何かと命令系統がはっきりとしているほうが行動しやすい、と考える人はいるでしょうが上下関係によって行動が制限されたり、或いは頭を下げることが嫌、という人のほうが多いです。 そうした人の克服方法ですが、まずは自覚をすることです。どうしてこの人と上下関係があるのか、ということをしっかりと認識することが大切です。多くの場合、役職なり或いは勤続年数などによって起きることになりますが、これならば納得できる、と思い込めることもあるでしょう。 つまりは、上下関係というのが嫌いであろうともそこには歴然として位の差があるため、ある程度の上下関係が生じることは仕方のないことです。実力の差も同様です。勤続年数のみでは微妙ではありますが、役職の差というのはまさに圧倒的な上下関係であり、そもそも相手に自分に対する命令権があります。 つまりは、上下関係が存在する場所では、目上の人に従う義務があります。上下関係が生じるのは仕方のないことと納得できるのであればよいですが、できない場合は純粋に利益のためにやっていると考えるのもありです。端的にいってしまうと給料や将来の為、或いはコネクションの為、と割り切ることです。仮にフリーランスになって、上下関係の在り方が明確ではなくなったとしても、上下関係というものは存在します。

また、仕事でないとしてもプライベートでも上下関係は生じることもあるので、上下関係が嫌いな人、苦手な人はどうにかして上下関係から解放されたなります。上下関係を克服する一つの方法として、割り切ってしまうというのがあります。後はあまりにも理不尽なことはキチンと断るというのをやってみるとよいでしょう。 多くの場合、上下関係が嫌、というのは業務上の命令や常識的な範疇を超えての圧力や命令をされたり、もっといえば上下関係を盾にした嫌がらせなどがあるからです。そうしたことがトラウマなり苦手意識になっているならば、必要と思えることには従って、明らかに越権や嫌がらせと思えることはきっぱりと断ることです。これがひとつの上下関係の克服法としてあります。

上下関係が厳しい職場

次のページ:ある程度は慣れることが大事
初回公開日:2017年05月18日

記載されている内容は2017年05月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング