IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

シニアマネージャーの役職の年収と仕事内容・マネージャーとの違い

初回公開日:2017年03月26日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

シニアマネージャーとは、どのような役職なのでしょうか?このページでは、「シニアマネージャー」をピックアップして、どのような役職なのかご紹介しています。仕事の内容や役割、年齢や年収について考察しているので、ぜひ参考にどうぞ。

シニアマネージャーとはどんな役職?会社における地位や年収

シニアマネージャーとはどんな役職?会社における地位や年収
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

社会人として会社に勤務していると、いろいろな役職や肩書きの人とやり取りをすることになります。部長や課長、社長など、「長」が付く名称の役職は、特にメジャーなものです。 しかし、近年は会社の役職や肩書きもより細分化される傾向にあり、さまざまな役職が増えていると言われています。「シニアマネージャー」という役職もまた、近年になってよく耳にするようになった役職の1つではないでしょうか? 今回は、そんな「シニアマネージャー」がテーマです。シニアマネージャーとはどのような役職なのか、社内における地位や年収などについてご紹介していきます。

シニアマネージャーは、課長以上・次長以下

そもそも、シニアマネージャーとは、会社においてどのような役職なのでしょうか?まずは、社内におけるシニアマネージャーの地位について確認していきたいと思います。 シニアマネージャーという役職の地位は、一言で表現してしまうと、「次長と課長の間の役職(※1)」だそうです。つまり、シニアマネージャーとは、課長よりは上であるものの、次長よりは下のポジションということになります。 どの企業にも設けられている役職というわけではなく、シニアマネージャーという役職が導入されているのは、大企業に多いそうです。課長と次長の中間にも役職を設けることで、組織内での役割の更なる細分化をはかる目的で導入されることが多い役職と言われています。

シニアマネージャーの役割

シニアマネージャーの役割
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

役職名に「シニア」という言葉が入っていることから、介護などを連想する方もいるそうですが、シニアマネージャーは介護職や介護業界とは全く関係のない役職名となっています。 ですから、介護や高齢者に関係のない業界や職種であっても、シニアマネージャーは存在します。 そんなシニアマネージャーですが、一体どのような役割を持っている役職なのでしょうか? そもそも、社内におけるシニアマネージャーとは、どのような存在なのでしょうか?まず始めに、シニアマネージャーという役職が背負っている役割についてご紹介していきます。 シニアマネージャーの在り方やポジションは、企業の方針によっても異なる可能性がありますが、基本的にはシニアマネージャーの役割は、大きく分けて4種類あると言われています。「統括(※1)」「指導、育成(※1)」「意思決定(※1)」「責任(※1)」の4つです。 シニアマネージャーという役職は、これらの役割を通して、部下の育成や管理を行うことを目的に導入されることが多いと言われています。特に、課長のサポートや補佐を仕事とするケースが多いのだとか。そこで、課長のサポートや補佐に関するシニアマネージャーの仕事について、以下で詳しく見ていきたいと思います。

シニアマネージャーの仕事内容

上記でもご紹介したように、シニアマネージャーは特に、課長のサポートや補佐、育成を目的とした仕事が多いとされています。 具体的に、どのように課長をサポートや補助していくのか、シニアマネージャーの仕事内容としてピックアップして見ていきたいと思います。

シニアマネージャーの仕事【1】:課長職のサポート・補助

上記でもご紹介したように、シニアマネージャーは課長以上・次長以下という、中間的なポジションです。 その為、ポジションだけで見ると、課長の上司や課長をまとめる役割のようにも受け取れますが、実際には課長のサポートや補佐をすることが多いようです。 課長の上司として指示を出したり責任を取ったりするというよりは、課長が働きやすいように、さまざまな面からサポートして、課長を育てていくような役割なのです。 とはいえ、シニアマネージャーという役職自体が、企業によって認識が異なるものです。 その為、シニアマネージャーのポジションや影響力、仕事内容は、企業や方針によって大きく異なる可能性もあります。

シニアマネージャーの仕事【2】:プロジェクトの進行・管理

また、プロジェクトが円満に進むように、各方面で調整をしたり、スケジュールなどを管理したりすることを仕事としているシニアマネージャーもいるようです。 企業によって、これらは課長などの役割となっている場合もありますが、プロジェクトのスケジュール管理や進捗管理を担うことで、課長の負担を減らしてサポートをするケースもあるのです。 場合によっては、シニアマネージャーがプロジェクトのリーダーとして引っ張っていくこともありますが、あくまでも課長を育成したい場合は、プロジェクトの進捗やスケジュールの管理を行い課長の負担を減らすことが、シニアマネージャーの仕事となる場合もあります。

シニアマネージャーの年齢

続いて、シニアマネージャーという役職に就く人の年齢層について考えていきたいと思います。 「シニア」という言葉が名称に含まれていることから、高齢者が就くマネージャー職と誤解する方もいるようですが、むしろシニアマネージャーは、比較的若い世代の役職だと言われています。 一般的には、30代から40代くらい(※1)でシニアマネージャーになる人が多いと言われており、中間管理職の経験をシニアマネージャーという役職を通して積んでいく方も、少なくないようです。 企業によって、シニアマネージャーの影響力やポジション、扱いなどは異なる可能性がありますが、若いながらもプロジェクトや部署の業績に大きな影響を与える、大変重要なポジションとして設けられている場合も多いようです。

シニアマネージャーの年収

シニアマネージャーの年収
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

課長の育成やプロジェクトの進行を中心に、中間管理職として幅広く活躍するシニアマネージャー。責任も重大な役職と言われていますが、シニアマネージャーの年収はいくらぐらいなのでしょうか?結論から言うと、シニアマネージャーの平均年収などに関するデータは見つかりませんでした。 しかし、シニアマネージャーが課長と次長の中間のような役職と言われていることを考えると、シニアマネージャーの年収もまた、課長と次長の平均的な年収の中間くらいと考えられるかもしれません。 課長の平均年収は、中小企業で547万円(※2)、大企業で826万円(※2)くらいと言われています。つまり、シニアマネージャーが課長以上の役職として見做されている企業の場合、上記でご紹介した課長の平均年収よりも高額な年収を稼ぐことができる可能性があるというわけです。 課長との力関係やシニアマネージャーのポジションは、企業によって異なるので、確実に課長よりも年収が高いと断言することはできません。しかし、シニアマネージャーが上記でご紹介したような扱いやポジションであった場合、課長と同等~それ以上の年収である可能性は高いと言えるでしょう。

シニアマネージャーとマネージャーの違い

では、シニアマネージャーとマネージャーは、役職としてどのように異なるのでしょうか? 続いては、シニアマネージャーとマネージャーの違いについて考察していきたいと思います。 「シニアマネージャー」の「シニア」という言葉には、「上級(※1)」という意味が含まれているそうです。つまり、シニアマネージャーという役職名を直訳すると、上級のマネージャーということになりますね。 何度かご説明しているように、シニアマネージャーはまだまだ新しい役職で、導入していない企業もあります。また、ポジションや影響力が企業によって異なる場合もある為、シニアマネージャーが必ずしも一般的なマネージャーよりも上の立場にあるかどうかは、断言することはできません。 しかし、「上級」を意味する「シニア」が役職命に含まれているわけですから、「マネージャー」よりも地位やポジション的には高く、より上位の役職として見做している企業も多いと考えられます。そのポジションや地位は、マネージャーとの違いの1つだと言えるでしょう。

シニアマネージャーは責任重大な管理職

シニアマネージャーは責任重大な管理職
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

いかがでしたでしょうか?今回は、「シニアマネージャー」をテーマにして、役職や役割、仕事の内容や年収などについて考察しました。 シニアマネージャーは、比較的新しい役職なので、企業や人によって、扱いや影響力も異なります。 しかし、若くしてシニアマネージャーに任命される人も多く、部署やプロジェクトを統括・進行していく重要な存在として、今注目を浴びている役職でもあります。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング