IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

見下される人の特徴と性格|見下される人・見下す人の心理と対処法

初回公開日:2017年03月26日

更新日:2020年11月08日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

皆さんは、「見下される人」と聞いてどんな人を思い浮かべますか?おそらく、皆さんの周りにも「見下される人」っていると思います。では、そういった人達にはどんな共通点があるのでしょうか。今回は「見下される人」について注目して様々な観点から見ていきたいと思います。

「見下される人」とは

「見下される人」とは
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

皆さんは、「見下される人」と聞いてどんな人を思い浮かべますか? おそらく皆さんの周りにも、「見下されがちな人」がいたりするのではないでしょうか。もしくは、自分自身が見下された経験があるという方も少なくないと思います。 では、そういった「見下される人」の特徴や性格、原因にはどんなものが共通しているのでしょうか?また、逆に「見下す側」の心理とはどうなっているのでしょうか?今回は、「見下される人」に焦点を当てて様々な観点から見ていきたいと思います。

「見下される人」に共通する特徴や性格、原因について見て

「見下される人」に共通する特徴や性格、原因について見て
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

では早速ですが、「見下される人」について見ていきたいと思います。まずは、「見下される人」に共通する特徴や性格、原因について見ていきたいと思います。

反論しない

では早速ですが、「見下される人」に共通する特徴や性格、原因について見ていきましょう。まず、「見下される人」に共通する特徴や性格、原因の一つ目はというと、「反論しない人」という点です。 ちょっとしたミスやくだらないことで人を見下した発言をする人もいます。「お前ダメだ」など、日頃から人を見下すような言葉が口癖の人もいて、そんな人たちの中には、人を見下している自覚がない人も多いようです。 多少知らない顔をするのもありですが、会社や学校など、どうしても顔をあわせる必要がある人なんかだと、そうはいかないです。そういうときはきっちり言い返しましょう。なぜかというと、反論しないとそういった人には見下され続けます。見下した発言を止めるには「あなたの発言で人は傷ついている」ということを自覚させるのが重要です。 また、反論するときに一番大切なことは、冷静になることです。冷静さを欠き、感情的になると、それを面白がってより見下してくる人もいます。そうならないように、落ち着いて真剣に言い返しましょう。例えば、「あなたに迷惑かけるわけじゃないでしょ」などと反論し、「自分は見下されるだけの人間ではない」と相手にわからせます。強い口調で相手の目を見て、真剣な顔で伝えれば、相手は気づいてくれるでしょう。 もしくは、逆に見下し返すのも有効な手段と言えます。「お前ダメだな」と言われたら、「お前もな」「お前よりはマシだと思うけどね」と相手を見下し返すのです。 しかし、気をつける点としては、言い返し合いになって言葉のケンカになり、次第に冷静さを失い、そして本当のケンカに発展してしまうことです。何度も言い返してくるようであれば、すっと引いてかまわないでおくのも手です。 何かと見下した発言をする人とおいうのは、非常に哀れな人です。そんな相手の言葉を気にする必要もないのですが、あまりにもしつこいとわずらわしいものです。そのため、反論するときはしっかりと反論しましょう。言い返してくる人に対してそのまま言い続けようと思う人はそうそういません。

苦手なことを自らアピールしない

次に、「見下される人」に共通する特徴や性格、原因の二つ目はというと、「苦手なことをアピールしない人」という点です。誰にだって得意不得意はあります。様々なことで人は苦手意識を抱えています。これも個性だと受け入れて、他の長所を伸ばせば、苦手な部分の一つや二つ、たいした問題ではありません。 しかし、一部分でも自分より劣ってる部分を見つけると、そこを取り上げ見下す人もいます。そんな人に困っているならそれなりの対応が必要です。周囲にに見下すような人がいるのなら、あえて自分から苦手な部分を開示するというのもいい方法です。自分の不得意をあえて話題にすると、それに関して見下されにくくなります。 「見下す人」というのは、相手よりも立場的に上に立ちたいという想いを持っています。見下して、相手が戸惑っている様子を見て優越感を感じます。もし相手が見下す前に、自分の不得意を開示してしまえば、相手は言うことがなくなります。 また一般的に、積極的に自分の不得意なこと、苦手な部分を見せると、他人はその人に好意を持ちます。誰もが不得意な部分を持っているので、苦手な部分を持っている人には親近感を覚えるのです。自信を持って堂々と、苦手をアピールしてみてください。一度勇気を持って、自分の弱さを開示してしまえば、見下されることは少なくなります。

行動が遅い/手際が悪い

次に、「見下される人」に共通する特徴や性格、原因の三つ目はというと、「行動が遅い/手際が悪い人」という点です。仕事の段取りが悪くスムーズさに欠けるというのも、他人からよく見下される原因になります。人と関わっているとスピードを要求されることも多く、相手の期待したスピードより遅いと、「ダメなやつ」と「見下す人」が出てきます。 行動が遅くマイペースなのは、性格の問題であることが多く、なかなか直せるものではありません。つまり、それはもうその人の個性です。手際が悪い人も同じく、性格が起因している部分が多く、簡単に変えられるものではありません。やはり、これも立派な個性です。 「個性だから受け入れる」べきというか「個性だから受け入れざるをえない」と思うのですが、それだけでは、見下され続けます。しかし、行動が遅い人、手際が悪い人が全員見下されているかというと、実はそうではありません。先ほど言ったように、人は自分を演出したりすることで、短所を長所に変えることができれば見下されません。 「行動が遅い」、「手際が悪い」と見下されるなら、逆にそれを落ち着いた自分として演出することで、他人からの評価を変えることができるんです。「ゆっくり話す」、「常に冷静」、慎重に「考え適切な判断を下す」といったことをうまく演出できれば、あなたはその部分で尊敬されます。 つまりは、変えられない短所があるなら、それを逆手に長所をつくるといいです。できた長所は誰にも負けないすばらしいものになります。秀でた長所があれば、見下されません。

「見下す側」の心理

「見下す側」の心理
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

ここまで、「見下される人」に共通する特徴や性格、原因について見てきましたが、今度は「見下す側」の心理について見ていきたいと思います。

優越感を快感に感じてしまう

「見下す人」というのは、優越感に浸ることで、それを快感に感じてしまっている人が多いです。快感になってしまっているということは、そうやって他人を見下すことが不満解消になってしまっています。一度それがス不満解消法になってしまうと、そこからなかなか抜け出せなくなってしまうというのが、「見下す側」の心理です。

「見下される人」がすべき対処法

「見下される人」がすべき対処法
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

関連タグ

アクセスランキング