IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

高給取りはいくらから?|男性・女性別の高給取りの職業や職種

初回公開日:2017年03月26日

更新日:2020年05月18日

記載されている内容は2017年03月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

この記事では、高給取りというテーマでさまざまなことを紹介していきます。どれくらいの年収があれば、高給取りといえるのでしょうか。また、女性の高給取りの職業はどれくらいなのでしょうか。高給取りの職種にはどんなものもあるのかについても紹介していきます。

高給取り

高給取り
※画像はイメージです
出典: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net

この記事では、高給取りというテーマでさまざまなことについてを紹介していきます。どの程度の年収があれば、高給取りといえるのでしょうか。また、高給取りの傾向がある職種には一体どのようなものがあるのでしょうか。そして、女性の高給取りの職種にはどのようなものがあるのかについても、いくつか例を挙げて紹介していきます。

高給取りとは

そもそも、高給取りとは一体なにを表している言葉なのでしょうか。 辞書によると ・高額な給料を得ている人を指す語 ・企業の中で高い役職に付いている人、職能の優れた人 という意味で使われていることが多いです。 給料が高い人を表している言葉であるため、その定義はかなり抽象的で明確な定義をしづらい言葉となっています。

高給取りの基準

高給取りの基準

「高給取りとは」で、言葉の意味を紹介しました。高給取りという言葉は、意味や定義がかなり曖昧で、具体的にどれくらいの給料をもらっていれば、高給取りと言えるのかがわかりにくいです。日本の平均年収が、約400万円であることを考えると、600万円でも十分高給取りと言えそうです。また、年齢によっても平均年収は異なるため、25歳くらいで年収500万円あれば、それも高給取りと言えそうですが、定年間近で年収500万円だと、高給取りと言うことは難しそうです。年収800万円あれば、かなり高給取りであるとも言えます。この記事では、高給取りの明確な基準を設定せず、職種等を紹介していきます。

高給取りの職種

高給取りの職種
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

では、高給取りの職種には一体どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、高給取りのイメージがある職種について紹介していくとともに、高給取りのイメージがないような職種についても、紹介していきます。

公認会計士

公認会計士は、言わずと知れた高給取りの職種であると言えます。公認会計士の年収は800万円以上と言われており、一般的な企業に就職するよりはるかに多い年収を得ることが出来ます。 東京証券取引所を始めとする、証券取引所に株式を上場している企業や資本金が5億円以上の企業いわゆる大企業は、法律を遵守した経営をしているかどうかを確認することが義務付けられています。これを「監査」と言います。この監査をするのが、公認会計士の主な仕事です。企業の収入や支出を記録した財務諸表の内容をしっかりと確認し、その内容に誤りや偽りがないかどうかを徹底的にチェックすることが彼らの仕事です。公認会計士の役割は、企業が粉飾決算をすることを防ぐことでもあります。公認会計士になるには、国家資格を取る必要があり、その難易度も高いものとなっています。医者、弁護士、公認会計士と言われるいわゆる三大国家資格でもあります。 このように、かなり専門性が問われる仕事であるため、平均年収も高くなっており、公認会計士は高給取りであるといえるでしょう。

弁護士

弁護士は、高給取りのイメージのある代表格であると言えるでしょう。弁護士の年収は700万円以上という調査もあり、一般的なサラリーマンよりも圧倒的に年収が高い職種であるといえます。 弁護士の仕事は、法律の専門家として、社会における正義の実現をことです。民主主義における立法、行政、法の3つの権力のうち、法の一端を担うのが弁護士であるといえるでしょう。様々な人と関わりつつ社会で生活していく上で、さまざまな争いや、法律上の問題が起こることが多々あります。 しかし、法律は多岐にわたり、一般的な人々には理解することが難しいものも多くあります。また、毎年新しい法律が生まれ、その全てを私たち一般人が理解することはかなり難しいと言えるでしょう。 そのような状況において、弁護士は法律の専門家として、さまざまなトラブルに対して我々の代わりにいろいろなことを行なってくれます。たとえば、争いの予防方法やアドバイスなど、法的手続きを行うことで、その紛争の問題解決をサポートしてくれます。また、殺人事件などにおいて、被告を守るのも弁護士の役目です。

医者

医者
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

関連タグ

アクセスランキング