IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

クッション言葉の一覧と例・クッション言葉の効果と使い方

更新日:2022年06月25日

言葉の使い方

『クッション言葉』ってご存知ですか?ビジネスシーンはもちろん、日常的に使われるこのクッション言葉。特に意識せずとも自然に使われていたりする事も多いので、それだけに間違った使われ方をする事もしばしば…今回はそんな『クッション言葉』について考えていきます。

そもそもクッション言葉とは?

クッション言葉とは、相手に何かを訪ねたり、お願いをしたり、お断りをしたり、異論を唱える場合などにつかう言葉を柔らかくするため、その言葉の前に添える一言です。具体的には「ちょっとすいません」や、英語では「Excuse me,〜」などもこれに当てはまるでしょう。

実は無意識に使っている人も多い

例えば他人に何かをお願いするときなど、「すいません」や「ちょっといいですか?」など、あえて意識しないでいても、実際には無意識に枕詞としてクッション言葉を利用している人も多いのではないでしょうか。人間関係をギクシャクさせないため、日本においてそれは無意識に相手を気遣う言葉として頻用されている実に日常的な言葉です。

ビジネスにこそ多く使われるクッション言葉

ビジネスにおいてもこのクッション言葉というものは、へりくだって使う敬語と共に、印象をやわらかくするため無意識に使っているものだと考えられます。ビジネスシーンで意識する敬語に、この『クッション言葉』とは必要不可欠なのではないでしょうか。

クッション言葉の使い方

先にも述べた様に、クッション言葉とは、相手に対して :お尋ねする :お願いをする :断りを入れる :異論を唱える という場合に用いられ効果を発揮するものです。 相手にこれらを伝えるとき、直接言葉を伝えてしまうと角が立ってしまうとか、直接言いにくいというときに便利なのがクッション言葉です。 内容的に相手に失礼にあたるような言葉でも、このクッション言葉ひとつで、失礼になることなく伝えることができるので、意識しておくととても便利なものと言えます。

よく使われるクッション言葉

「恐れ入りますが」 「申し訳ございませんが」 「失礼ですが」 「早速ですが」 「あいにくですが」 「差し支えなければ」 「お手数をおかけしますが」 「できましたら」 「今、よろしいですか?」 「申し上げにくいのですが」 「もし、よろしければ」

以上にビジネスシーンでよく使われるクッション言葉の例を挙げてみました。当たり前によく使うので返ってそれぞれをちゃんと嚙みしめる事も少ないのではないかと思われますが、どういった形で用いられるのかを具体的におさらいしつつ、今一度使い方とその効果を検証してみましょう。

【例文】お尋ねする時に使うクッション言葉

I:失礼ですが→失礼ですが、以前お会いしましたか。 II:よろしければ→よろしければ、こちらにご記入いただけますか。 III:(お)差し支えなければ→(お)差し支えなければ、お話を伺えませんか。

【例文】頼み事する時に使うクッション言葉

I:すみませんが→すみませんが、譲っていただけませんか。 II:恐れ入りますが→恐れ入りますが、伝言をお願いできますか。 III:恐縮ですが→恐縮ですが、お電話いただけますか。 IV:お手数ですが→お手数ですが、ご連絡くださいますか。 V:お手数をおかけしますが→お手数をおかけしますが、シートをお取り下さい。

【例文】お断りに使うクッション言葉

I:あいにくですが→あいにくですが、時間がございません。 II:残念ですが→残念ですが、この話は無かったことにさせてください。 III:せっかくですが→せっかくですが、辞退申し上げます。 IV:申し訳ございませんが→申し訳ございませんが、こちらでは扱っておりません。

次のページ:電話でこそ使いたい『クッション言葉』
初回公開日:2017年03月17日

記載されている内容は2017年03月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング