IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

図々しい人の性格と特徴・職場の図々しい人への対処法

初回公開日:2017年03月14日

更新日:2020年02月16日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

あなたの周囲に図々しいガツガツした人はいませんか?遠慮を知らず、他人に迷惑をかけてもすました顔をしている人はどこにでもいます。図々しい人はどのような思考で動いているのか、またあなた自身も知らず知らずのうちに図々しい言動になっていないかチェックしてみましょう。

図々しい…しかし本人は自覚なし

図々しい…しかし本人は自覚なし
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

図々しいと称される人は、当の本人にその自覚がないことがよくあります。その結果人をイライラさせてしまったとしても、お構い無しにまた次の要求をするというわけです。もちろん、中には人の気分を害してしまったことに気づく人もいます。しかし、意に介さないか「この程度のことで怒るなんて、おかしな人だ」とこちらからすれば憤慨するような事を考えていたりします。 また、この手の人は図々しい要求をしても本気で怒らない人や気が弱く断れない人をきちんと嗅ぎ分けて、それを分かった上で接しています。そうでなければそんな傍迷惑な人がのうのうと生きていくことなど出来ないからです。そして、お互い様という考えを持っていないので、例えばあなたの方から何かを頼もうと思っても、さっと逃げられてしまうでしょう。万が一図々しい人が身近にいて避けられない環境であったとしたら、ため息が出そうですね。要らぬストレスを溜め込まないためにも、上手く接する方法を知っておくべきです。

図々しい人の特徴と性格

図々しい人の特徴と性格
※画像はイメージです
出典: https://dvrs04bx77b2x.cloudfront.net

まず、図々しい人たちにはある程度共通点があります。会って間もない頃はその人が厚かましいのかそうでないのか判断することは難しいですね。しかし立ち振る舞いや言動を注意深く観察することで、推測できることもあるはずです。もし図々しい人の共通点がいくつも当てはまり、まずいと思ったら警戒心を持ってある程度距離を取り、目をつけられないようにしましょう。

お金に細かい、ケチな性格

図々しい人は、他人に奢ってもらって当たり前と思っていることがあります。例えば一緒に食事に行って、いざ会計となった時こちらが何も言わなければ財布を取り出す素振りさえ見せない人もいます。信じ難いかもしれませんが、こういったことをする人は一定数いるのです。挙句お金を出してもらってありがとうやごちそうさまの一言も言わないことも。「先輩なんだから奢ってくれるのは当たり前」「男性なんだからお金を出すのは当然でしょ」という風に思っています。 ケチで図々しい人は、自分がお金を出すとなった時は一円単位で割り勘を要求してきます。そしてこのタイプの人は、他人から借りた物を返さず、平気な顔で自分の物にしてしまうこともあるのです。返してもらうよう催促しようものなら、「それくらいいいじゃないか、ケチだな」などと平気で宣います。

他人を都合よくこき使う

図々しい人は、頼まれた人にはなんの見返りもないのに、一方的な要求を当たり前のようにしてきます。持ちつ持たれつという考えはハナから持っていないので、「この間は助けてもらったから、今度は自分がなにかしよう」とは露ほども思いません。とにかく自分の都合を他人を使ってこなそうと考えています。 そのため図々しい人の要求を断ったり、こちらが何かを要求しようものなら、怒り出したり不機嫌になったりする可能性が高いです。 情けないことに、図々しい人は他人に何かをしてもらうのが当たり前と思っているフシがあります。ですからせっかく親切にしてもらっても、感謝をしたり「ありがとう」と言う事すら出来ない呆れた人もいます。

やたらと他人の物を欲しがる

やたらと他人の物を欲しがる
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

図々しい人は、他人の持っている物で良さそうなものがあると、平気な顔で「それ、ちょうだい」と言ってくることや、新しい物を持つたびに催促してくることもあります。またはどこで買ったの?いくらしたの?と質問責めにして、恥ずかしげもなく真似をして、自慢顔で振舞うことも。さらには他人の家に上がり込み、食事時まで居座った挙句「食べていきますか?」とこちらが言うまで動かない人がいます。こう言った人は一度味を占めてしまうと、また図々しく他人の家に居座って厚かましい要求をしてきます。 このタイプの図々しい人は、恥ずかしいといった感覚が欠けていると言って良いでしょう。

他人の気持ちを考えない

他人の気持ちを考えない
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

上で述べた特徴からも分かるように、図々しい人は他人の気持ちを理解しようとしません。常に行動の指針が「自分」にあるのでどんな筋の通らない事だろうと自分の気持ちや意見を強く主張します。もしそれが通らなかったり批判されたりしたら怒り出し、時には攻撃してくる事もあるのです。毅然と対応し理不尽な要求も突っ撥ねられる人ならば良いですが、そうでない気の弱い人などは格好の標的にされてしまいます。良いように利用され、ひたすら疲労するなんてゾッとしてしまいますね。

なぜ図々しい人になってしまうのか?

なぜ図々しい人になってしまうのか?
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

図々しい人とは、自己中心的に動き、他人の心を思いやる事なく自分の欲望のまま振る舞います。そして他人に迷惑をかけていることに気がつかないものです。人は1人で生きていくことは出来ません。必ずどこかで持ちつ持たれつという部分があり、今の環境があるのです。社会において人の気持ちを考えられない生き方しかできないのであれば、遅かれ早かれ淘汰されてしまいます。 では、なぜそういった人になってしまうのでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング