IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「今しばらくお待ち下さい」の意味・ビジネスメールでの使い方・例文

更新日:2022年06月29日

メール

今しばらくという言葉は意外と頻繁に使います。何かあった時に相手に待ってもらう必要がでてきたら、とりあえず今しばらくお待ちくださいと言ったりします。そこで、色々の状況で使用される、今しばらくですが、本当の意味や正しい使い方はどうなのかまとめてみました。

今しばらくお待ち下さいの意味

今しばらくの意味としては、「もうちょっと」「短時間」と言った意味があります。今しばらくお待ちくださいは、少しお待ちくださいというニュアンスがあります。 人によっては、しばらくと言う言葉が入っている為に長いイメージを持つ人もいるかもしれません。それに対して、会社間でのメールのやり取りの中で今しばらくを使用した場合は、何日か後を意味するでしょう。 ですので状況に合わせて意味をしっかりととらえることが大切になってきます。

使用する場面

一番使用するケースは相手に失礼のないように待ってもらう時に使用することが多いです。 また、電話先でどうしても即答できないような時にも今しばらくといった表現で相手に伝えたりします。

使うときの注意

何度も「今しばらく」を使うと、相手に不快を与えてしまうことがありますので、使う頻度と相手をよく考えましょう。 また、口頭とメールでの「今しばらくお待ちください」の重みが違いますのでご注意ください。電話で使用する場合は、数秒や数分という捉え方ですが、メールですと一週間ほど想定されます。

今しばらくお待ちくださいの敬語

敬語としての今しばらくお待ち下さいの意味は、「本当に申し訳ありませんが」、「お待ちいただくことは可能でしょうか」といった内容です。 本当は相手にお願い、ないし確認している要素を含みます。ですので、相手の立場や、自分の立場を良く把握した上で慎重に相手の出かたを確認しながら使用する言葉です。

今しばらくお待ちくださいのビジネスメールでの使い方・例文

一般的なビジネスメール上での使用方法は、大切な文章を記載した後や、文章が長くなるような時は工夫して文章の後ろの方に記載して一言追記すると効果的です。 ビジネス上の今しばらくを使用する時は、どれ位実際に相手に待ってもらうか良く考えて記載するようにしましょう。 メールで今しばらくを使用する場合、口頭で言うよりも強めのイメージになりので注意しましょう。

今しばらくお待ちくださいの例文

・お急ぎのところ大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。 ・その件に関しましては現在メーカに確認中ですので、申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。 などが挙げられるでしょう。

敬語の使い方をもっと詳しく知りたい方にはこちら

敬語「そのまま使える」ハンドブック: できる人の「この言葉づかい」「この話し方」 (知的生きかた文庫)
敬語「そのまま使える」ハンドブック: できる人の「この言葉づかい」「この話し方」 (知的生きかた文庫)

正しい敬語の使い方や話し方言葉遣いまで分かりやすく、そのまま使える文章もありますので敬語の使い方を勉強されたい方にオススメです。

「敬語」には、決まりきった基本の「形」があります。その「形」をそのまま覚えてしまうことが、上達への近道です。豊富な実例でわかる「良い敬語」と「悪い敬語」―この1冊で、あなたの「会話力」「コミュニケーション力」が上がります。

次のページ:ビジネスで使える敬語
初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング