IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

不信感の意味と使い方|抱く/募る・不信感を使った例文6コ

初回公開日:2017年02月28日

更新日:2020年05月19日

記載されている内容は2017年02月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉・雑学・歴史

相手に嘘を吐かれたり、相手のことを信用できない場合には不信感を抱いてしまうのではないでしょうか。今回は、不信感の意味や類義語、不信感を抱く原因と不信感がつのってしまった時の対処方法などについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

不信感とは

「不信感を抱く」という表現は、誰しも一度は耳にしたことが言葉の1つでしょう。この「不信感」という感情は、具体的にどのような感情のことなのでしょうか。 また相手に対して「不信感」を抱いてしまう場合はどういった理由なのか、また不信感を抱いた場合の解決策についてもくわしくチェックしていきましょう。

不信感の意味

「不信感」とは、対象の事柄を信じていない気持ちのことを意味します。また、それに伴い相手や対象となるものを信用できないという気持ちのことも表すことがあります。 「不信感」を表現すると、「不信感を抱く」や「不信感を覚える」という言い方をします。さらに、この不信感が積み重なって増加していくというニュアンスで「不信感がつのる」「不信感が増す」といった言い回しをすることもあります。

類語

「不信感」とは、信じない、信じられないという気持ちのことですが、言い替えると「猜疑心」や「警戒心」などの言葉に表すことができます。 「不信感」の類語としては、「疑う気持ち」や「訝しむ気持ち」、「疑念」や「用心」、「怪しむ心」や「疑心暗鬼」などが挙げられるでしょう。 相手にとって「不信感」を抱かれることは決して気分のいいものではありません。類語を使用しながら上手に気持ちを表現することが重要です。

不信感を使った表現と類語

親しい友人や家族など、仲のいい親しい間柄の人に対しては特にですが、どんな相手だとしても相手に「不信感」を与えるようなことはしたくないのが人間の心理です。 「不信感」という言葉の表現にはいくつかのタイプがあります。「不信感」という言葉を使用する場合は、決まった表現を使用しましょう。 では「不信感」を使った表現について例文を交えながらくわしくご紹介いたしましょう。

不信感を抱く

相手の気持ちや考えを信用していない状態のことを「不信感を抱く」と表現します。「不信感」という言葉を使用した表現の中でももっとも使用頻度の高いフレーズの1つです。 たとえば、誰にも言わないでと友人に伝えた話なのに、翌日クラスの友達がその話を知っていたとします。その場合は、話をした友人に対して不信感を抱いたと表現します。

不信感が募る

「不信感が募る」という表現は、前の精神状態よりも現在の精神状態の方がより不信感がひどくなることを意味します。 たとえば、政界での数々の不祥事が起きたとします。その場合は、日本の政界について不信感が募るのように使用します。 「不信感が募る」は今よりも前の段階ですでに「不信感」を抱き、その気持ちがより強くなっている際に使用するフレーズです。

不信感を使った表現・例文6コ

「不信感」という言葉は、人や対象物を信じない状態のことを意味します。できる限り使用したくない言葉の1つですが、「不信感」という言葉を使用する場合は正しい表現方法で伝えることが重要です。 それでは次に「不信感」という言葉を使用した表現を例文を交えながら紹介いたしましょう。

例文1:「私は彼女に対して不信感を持っている」

「不信感を抱く」という表現を先ほど説明しましたが、「不信感を抱く」と同じような表現方法となるのが「不信感を持つ」です。 「抱く」と「持つ」ですと少し意味合いやニュアンスが異なります。「不信感を持つ」の方が「不信感を抱く」という表現よりもやや弱い印象になります。 相手や状況に合わせて上手に表現を使いわけることをおすすめします。

例文2:「挙動不審な態度に不信感を抱いた」

「不信感を抱く」理由の1つは、理解できないような行動や言動にあります。 たとえば、金庫からお金がなくなったとします。お金がなくなる1週間前からある人が金庫の前でうろうろしているのを見かけたとします。 このような場合はいつも金庫の周辺をうろうろしている人がいないため、その人の挙動不審な行動が「不信感」へとつながってしまう状態を表現しています。

例文3:「あなたの発言は不信感を生む」

「不信感」とは起きた事柄に対してだけでなく、不穏な言動に対しても「不信感」という感情が生まれます。 たとえば、会社にとって不利益なプランにもかかわらず、相手に賛同する意見をいう人がいたとしましょう。普通に考えれば不利益が発生することがわかる状態なのに、相手の肩をもつということば相手と何か取引をしている可能性があります。 このような場合も「あなたの発言は不信感を生む」と表現します。

例文4:「見たこともない表情に不信感が募る」

「見たことがない表情に不信感が募る」という言葉は、普段とは異なる言動に対しておかしいという気持ちが生まれることを意味します。 たとえば、いつも明るい性格の人が怯えながら上司と話していたとしましょう。しかし、本人に聞いても何も言われていないと言ったとします。 このような場合は、普段と異なる言動が生じているため何か人に言えない問題があるという不信感が募る原因となる場合があります。

例文5:「彼の行動に不信感を覚えた」

付き合っている彼などに対していつもと少し何かが違うと感じた場合は、「彼の行動に不信感を覚えた」と表現します。 たとえば、金曜は残業で帰りが遅くなると言っていたのに、その日はいつもよりもおしゃれな服装で出かけたとします。 その場合、彼女にとっては仕事なのにこんなにおしゃれな服装をするのはおかしいと不信感を抱くような場合に使用するフレーズです。

例文6:「帰りが遅くなる度に不信感が強った」

いつもの行動とは異なる行動が立て続けに起きた場合などに使用する表現方法です。 たとえば、最近は残業が禁止とされているはずなのに、残業で外泊することが増えたとします。いつも違う言動に「不信感」は余計に強くなります。 このような状態の場合に、「不信感が強った」と表現します。

「不信感」という言葉をはじめ、日本語には数多くの単語が存在します。特にビジネスシーンでは、丁寧な表現となる「敬語」を上手に使いこなす必要があります。 ビジネスの場で恥をかきたくない人におすすめなのが「一生使える、美しい日本語と敬語」という本です。 普段使いやすいフレーズを中心に、間違いやすいポイントなどをわかりやすく解説してくれます。

一生使える、美しい日本語と敬語 (PHPビジュアル実用BOOKS)
一生使える、美しい日本語と敬語 (PHPビジュアル実用BOOKS)

不信感にある背景とは

相手に対して「不信感」を抱くということは、普段の生活に頻繁に起きるできごとではありません。人が不信感を抱くということは何らかの理由や背景が関係しているということが推測できます。 ではどのような原因や背景に基づき、人間は相手に対して「不信感」を抱くのでしょうか。

裏切られた経験

過去に信頼していた人から裏切られた経験があると、「不信感」を抱きやすい傾向にあります。信用していた人から裏切られた場合、信頼が深かった分、人の心は傷ついてしまうことが多いです。 一度傷がついてしまうと、同じように人を信用しようと考えたとしても、また同じように裏切られてしまうのではないかと不安になってしまいます。

相手がルールを破っている

会社や学校などにはルールがあり、ルールを破っている相手に対して人は「不信感」を抱きやすい傾向にあります。共同体の中で生きていくためには、大小さまざまなルールを守っていくことが大切です。 たとえば、歩行者が信号無視をするようになってしまえば、自動車を運転していても安心して走行することができません。 その場合、どの横断歩道でも歩行者が飛び出し事故に発展する危険性があるため「不信感を抱く」こととなります。

不信感の表現方法を知り心情を理解しよう

相手に対して疑うの気持ちを抱く場合に使用するのが「不信感」という言葉です。普段はあまり使用したくない言葉ですが、使用する場合は正しく意味を理解した上で正しく表現する必要があります。 「不信感」を使用した表現方法は、「不信感を抱く」「不信感が募る」といった表現方法が頻繁に使用されている傾向にあります。 「不信感」という言葉を正しく理解した上で、相手の心情をしっかり理解することが重要です。

関連タグ

アクセスランキング