IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新人小説家や売れっ子の平均年収|漫画家の年収の方が高い?

職種研究

小説家って印税でのんびり暮らしながら執筆しているんでしょ。なんて思っていませんか?今回はそんな小説家の実際の平均年収、漫画家との年収の違いや、新人小説家と売れっ子小説家の比較をまとめさせて頂きましたので、是非参考にして下さい。

更新日時:

小説家の収入源

小説家の主な収入源となるのは「原稿料」と「印税」です。ではどのようにして収入が発生するのか、それぞれ解説させて頂きます。

原稿料

「原稿料」とは、週刊誌・月刊誌の連載や新聞掲載、雑誌の単発執筆などに対して支払われる報酬のことを言います。基本的には原稿用紙1枚の単価が基準になります。単価の平均は2000円~5000円ほど。有名作家になってくると確実な売れ筋が予想され単価も上がり、1枚数万円といった報酬になることもあります。売れる小説を続けて書くことが出来れば単純に報酬も上がるという事です。

印税

「印税」とは単行本が出版されるときに出版社から支払われる著作権使用料のことです。基本は1冊につき10%が一般的ですが、原稿料も印税も同じく作家の実力と交渉次第で報酬・パーセンテージを上げてもらう事も可能になります。印税は出版部数に応じて支払われます。当然人気が出て増刊されることになれば、その分の印税も支払われることになります。

その他の収入

有名になってくると講演や取材・インタビューラジオなどの仕事が来ることもあり、その報酬が入るようになります。中には知名度を生かしてアフィリエイトなどのネットビジネスに繋げている人もいます。有名になることが出来れば小説以外の収入を作る事も可能ということですね。

小説家の実際の平均年収は?

小説家は印税でたくさん儲けているというイメージの人もいるかと思いますが、そういった人というのは一部の大ヒット作を続けて出せる有名な作家です。本屋にはあふれるほどの本が売られており、日々新しい小説が出されますがそこそこ売れるものはあっても大ヒット小説を何度も生み出せる小説家というのはそう多くはいません。実際の小説家の平均年収は200万~300万ほどです。ライトノベルとなるとさらに低く、平均年収は150万~200万ほどになります。印税10%の700円の小説で年収200万に到達するには2万8600冊は売れなければなりません。

漫画家との年収の違い

漫画家も小説家と同じような収入経路ですが、似た職業の比較として解説していきたいと思います。 まず漫画を週刊誌などで連載するときに「原稿料」が発生します。小説と同じく1ページの単価が基準となり、基本は数千円~数万円です。原稿料は漫画家と出版社の間で決められます。また、人気漫画家にはよくアシスタントが付きますが、アシスタントの場合は給料製で時給や月給で支払われます。 次も小説家と同じく「印税」による収入が漫画家にもあります。週刊誌などの連載で人気が出てくると単行本化(コミック化)され、発行される部数に応じて印税が漫画家に支払われます。漫画の印税の割合はおよそ8%~10%ほどです。 そして漫画家の場合はこの他に、アニメ化・映画化・ゲーム化がされることで契約料・印税の収入が入ることがあります。アニメ化やゲーム化がされるとグッズなども販売されるようになり、どんどん収入は増えていきます。ただしアニメ化や映画化までいくとなるとかなりの人気作でなければまずありません。そう簡単に上手くいくわけでもないのです。

新人小説家の場合の年収

小説家の平均年収は200万~300万でしたが、新人小説家の場合の平均年収は大体200万前後が一般的な年収です。新人の場合は普通知名度がないので新人賞を取るところから始まります。現在は新人賞もかなり増え、出版社の取りあえずたくさん出そうという風潮から、昔に比べると現在は新人の出版までのハードルが低くなっていると言えます。しかし小説家にとって大変なのはデビューしてからです。新人は新鮮さを武器に売り込みが出来るため初版の売れ行きは良い傾向にあるようですが、そこからさらに続けて売れる小説を書くことが出来るかが、小説家にとっての越えなければならない壁となります。

売れっ子小説家の場合の年収

では大ヒット作を生み出した売れっ子小説家の場合はどうでしょうか。 有名作家となると年収600万~1000万以上といった方がたくさんいます。東野圭吾さんや村上春樹さんなどのトップクラスにまでなると、その年収は数億~数十億にもなります。村上春樹さんは自身で翻訳した小説を海外で出版しており、海外でもかなり知名度が高く、高評価を受けていますね。小説一本で食べていきたい、小説を大ヒットさせてたくさん稼いで悠々自適に過ごしたい、といった野望があるのであれば、海外進出を考えてみるのも良い手ではないでしょうか。

日本のトップ小説家ランキング

では日本のトップレベルの小説家は一体どんな人たちなのか、トップの数名をご紹介していきたいと思います。

村上春樹

京都出身の小説家です。随筆、紀行文、ノンフィクションなどを執筆しており、アメリカ文学の翻訳家でもあります。ベストセラーとなった「ノルウェイの森」をきっかけに瞬く間に有名小説家となります。その知名度は国内に留まらず、海外でも高い評価を得ています。その他の代表作としては「海辺のカフカ」「1Q84」「羊をめぐる冒険」などが挙げられます。

東野圭吾

大阪府出身のミステリー・サスペンス小説家です。いくつもベストセラーを出しており、ドラマ化・映画化された作品も多くあります。代表作としては「放課後」、「容疑者Xno献身」などのガリレオシリーズ、「白夜行」「流星の絆」「プラチナデータ」など多数。

宮部みゆき

東京都出身の女性小説家。主に推理小説、時代小説、ファンタジー小説といったジャンルで執筆しています。「我らが隣人の犯罪」で小説家デビューを飾り、「火車」「模倣犯」「名もなき毒」などの代表作を書き上げました。またアニメ映画化した「ブレイブ・ストーリー」も有名です。

世界の年収トップ小説家ランキング

お次は世界で活躍する小説家達をランキング形式でご紹介します。データは2015年に経済誌・フォーブスより発表された「世界で最も稼ぐ作家ランキング」です。

1位ージェームズ・パターソン

その年収は約8900万ドル(約107億円)。2位との差を大きくつけ同誌の作家の年収ランキングで2年連続1位となっているアメリカ人作家です。代表作は「犯罪心理学者アレックス・クロス」、「ウィメンズ・マーダー・クラブ」、「マキシマム・ライド」など。売り上げ発行部数3億冊以上にも上ります。サスペンス小説の他にロマンス、ノンフィクションなども書いており、電子書籍で100万部を売った初めての作家としてギネス世界記録にも載っています。

2位ージョン・グリーン

38歳にして年収約2600万ドル(31億)を稼いだ同じくアメリカ人の作家。ビデオブロガー・歴史家・批評家・オンライン教育ビデオのクリエイターなどといった様々な面があります。主にヤングアダルトのジャンルで活動しており、代表作は「アラスカを追いかけて」「さよならを待つふたりのために」「ペーパータウン」など。後半二つは映画化もされ公開されています。ビデオブロガーとしても有名であり、2014年にTime誌にて「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれています。

3位ーヴェロニカ・ロス

年収約2500万ドル(約30億円)。アメリカ人女性作家です。26歳と、若くして2011年発行の「ダイバージェントシリーズ」で大ヒットし、一躍有名作家となりました。同作は2014年時点でおよそ340万部の売上げを記録しており、世界中から注目されています。

3位ーダニエル・スティール

年収約2500万ドル(約30億)。今回ヴェロニカ・ロスと同率3位となったアメリカ人女性作家のダニエル・スティールさん。ロマンス作家として有名であり、児童書も執筆しています。代表作には「サウンドレス・ラブ」「Hotel Vendome」など。これほどベストセラー作品を出しているにもかかわらず映画化されたことはありませんが、多くがテレビドラマ化され、94作以上もの作品を世に出しています。

実力次第で年収1000万以上を目指せる仕事

いかがでしたでしょうか?小説家の年収の現実を知り、あなたがこれから本屋に行くことがあった時、店内に並ぶ書籍への見方が少し変わるかもしれませんね。 小説家は1度売れてもそのまま走り続けることが出来るかが重要です。ハリーポッターの著者であるJ・K・ローリングは、シングルマザーで子を育てつつ、コーヒー1杯を飲むお金の余裕しかなかった極貧の中でも、諦めずに書き続け、デビュー作「ハリーポッターと賢者の石」を書き上げました。彼女の年収は現在はランキングには載っていませんが、ハリーポッターの大ヒットに伴い、2002年時点で1億2500万ポンド(およそ180億)という年収を叩き出しました。 彼女のように諦めずに書き続けていれば、実力は自ずと付いてくるでしょう。その実力次第で大きく稼ぐことも大いに可能なのが小説家です。興味のある方は是非この記事をきっかけに、小説家を目指してみてはいかがでしょうか?

関連タグ

アクセスランキング