IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

再就職手当支給申請書の書き方|事業主証明・賃金・月額

更新日:2020年11月07日

転職ノウハウ

再就職手当は失業保険と同様に自ら支給申請しないともらえない手当です。再就職手当を受給するには、9つの条件をクリアすると同時に支給申請書を雇入年月日の翌日から1ヶ月以内に提出する必要があります。支給申請書の記入に関する注意事項をまとめました。

再就職手当の支給申請書を提出してから1ヶ月後~3ヶ月後にハローワークが会社に問い合わせ在籍確認や雇用保険加入の確認をします。このとき退職していると支給対象とならないので支給申請書を提出したら腰を据えて仕事をしてください。 その後再就職手当の支給手続きをするので実際口座への振り込みは、支給手続きから1週間から10日後となります。再就職手当の通知は、振り込みの1週間前に来るので、気長に待ちましょう。

しっかり申請してもらえるものはもらおう

再就職先の決定から再就職手当を申請する際の注意点をご紹介しました。再就職手当は失業保険と同様に自ら申請しないともらえません。 再就職手当をもらうためには、早めに就職することはもちろんですが求職ルートや採用日に注意が必要です。申請書は空欄を作らないように、枠内に丁寧に記載しましょう。申請書で特に確認したい項目は、151週間の所定労働時間と17雇用期間です。契約更新条項と1年を超えて雇用する見込みの記入漏れには注意しましょう。 スムーズな手続きの仕方は、再就職手当支給申請書は再就職が決まったら、すぐに用意をして、早めに事業主の署名や捺印をもらっておくこと。再就職手当支給申請書を郵送するときは、締切日前までにハローワークに到着するよう、余裕をもってポストへ投函しましょう。 ハローワークだけでの就活に限界を感じ、自分の夢や将来の可能性をもっと知りたいときは、就職エージェントに相談してみましょう。あなたの適性に合った求人の紹介や書類添削、面接対策のサポートまでしてくれます。

初回公開日:2017年02月09日

記載されている内容は2017年02月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング