知るの謙譲語「存じます・存じ上げます」の意味と違い・使い方

メールマナー

敬語表現にはよく似たものがあります。「存じます」と「存じ上げます」もそのひとつではないでしょうか?使っている漢字も同じで、意味合いとしても同じに見える。この機会に「存じます」と「存じ上げます」の意味・違いを知って、適切な使い方を身につけましょう。

更新日時:

「存じます」と「存じ上げます」は同じ意味?

使っている漢字も語感もよく似た「存じます」と「存じ上げます」。 ビジネスシーンでどのような感覚で使っていますか? 普段聞き慣れている表現だからこそ、しっかり意味を確認して誤用を避けたいものです。 まずはそれぞれの意味をみてみましょう。

「知る」の謙譲語

「存じます」「存じ上げます」を使うシーンを思い浮かべると、それが「知る」という意味をもつことは理解できると思います。 目上の人や社外の人に対して、「知っている」ことを伝える際に、「知っています」というのは稚拙に聞こえます。こういう時に、「存じます」「存じ上げます」という言葉遣いがふさわしく、つまり「知る」の尊敬表現(謙譲語)ということになります。

「存じます」の意味

それでは、「存じます」の意味から確認していきましょう。 「知る」の謙譲語ですが、大辞泉ではどのような定義で書かれているのでしょうか。

ぞん・ずる【存ずる】 の意味 出典:デジタル大辞泉 [動サ変][文]ぞん・ず[サ変] 1 「知る」「承知する」の意の謙譲語。「知らぬ存ぜぬでらちがあかない」 2 「思う」「考える」の意の謙譲語。「お変わりなくお過ごしのことと存じます」

「存じます」は「存ずる」という言葉に丁寧語を作る助動詞「ます」がついて変化したものです。「知る・承知する・思う・考える」という意味をもち、「しります・承知します・思います・考えます」が「存じます」の示す意味となります。 そして、大前提として「存じます」は目上の人を敬う謙譲語だということをおさえましょう。

「存じ上げます」の意味

それでは、「存じ上げます」はどうでしょうか。 「上げます」がつくことで、どのような意味になるのかみてみましょう。

ぞんじ‐あ・げる【存じ上げる】 の意味 出典:デジタル大辞泉 [動ガ下一][文]ぞんじあ・ぐ[ガ下二]「知る」「思う」の意の謙譲語。

「存じ上げます」の元になる「存じ上げる」は、「知る・思う」の謙譲語で、「存じる」と全く同じ説明がされています。 表現としてニュアンスの違いはないのでしょうか。 ここでポイントになるのが「上げる」のもつ意味です。助動詞としての働きをもつ「上げる」は「人を敬う意味」を表します。つまり「存じ上げます」というのは、構造上は「謙譲語+尊敬語」という形式を持ち、「知る」内容が「人」である時に使うということです。 使い分けは、後ほどポイントとしてまとめてご紹介します。

「存じます」の使い方

意味を確認したところで、どのように使えばいいのか例文をみてみましょう。 「存じます」は「知っています・思います」という意味がありますが、トーンとしてはかなりフォーマルな表現と言えます。 つまり、文書やメールまたは顧客との電話などで使用し、一般的な会話で頻用すると堅苦しさが出てしまう可能性があります。とは言え、話し言葉として使えないわけではないので、状況に応じて(話す相手に応じて)意味を踏まえて使えるようにしましょう。

具体的なケースとしては、 ・(メールで相手の都合を聞きたい時)  来週のご都合を伺いたく存じます。 ・(電話口で要件を知っていることを伝える時)  お客様のお問合せ内容は存じております。 「知る」という言葉を「知っている」という表現で使うことが多いように、「存じます」も「存じております」と変形させて「知る」という意味を謙譲表現で伝えることができます。

「存じ上げます」の使い方

一方、「存じ上げます」は、相手を敬う意味が強く出ている表現なので、使う場面も「人」に関することを「知っている」ときということになります。 例えば、 ・お名前は存じ上げております。 ・〇〇様のことは存じ上げております。 「存じます」は文書などで書き言葉として使用されることが多いのですが、「存じ上げております」は相手(人)に対して発するものという性格上、話し言葉として使う場面が多いということになります。 意味をそれぞれ知った上で、使われている具体例をみると、とても明確になりますね。

「知る」の尊敬語は?

「存じます」「存じ上げます」の意味と使い方をみてきましたが、「知る」を尊敬語として表現するときはどのような言葉遣いが正しいのか、併せて確認してみましょう。 「知る」に尊敬語は「ご存知」です。 例えば、 ・本件についてご存知でしたら、ご教示ください。 ・すでにご存知の場合は、ご放念ください。 尊敬語は主語が目上の人の場合のみ使う表現です。 誰が「知る」状況なのかによって、使い分けましょう。

疑問形で使うときは?

尊敬語の「知る」、「ご存知」は疑問形で一番耳慣れているのではないでしょうか。 「知っていますか」と言っても、間違いではないですが、やはり言葉遣いとしては失礼になってしまう可能性が高いので、「ご存知」を使いこなせるようにしておきましょう。

例えば、 ・本件について、ご存知ですか? このように使うことが可能です。 「ご存知ですか」は敬語表現として間違っているという意見もありますが、これは「ご存じですか」という表記での話です。「存ずる」は謙譲語なのでそこに「ご」を付けて「ご存じ」と形成したと考えると、「ご+謙譲語=尊敬語」とはならないので、誤用といえます。しかし、「ご存知」は「存知(ぞんち)」の尊敬語からきているので、誤用ではないのです。 読み方としては、現在は「存知」も「ぞんじ」と読まれているので、「ごぞんじですか」と読んで問題ありません。 細かいことですが、しっかり理解して使うことが大切ですね。

使い分けるポイントを押さえよう

「知る」という謙譲語「存じます」「存じ上げます」の意味と使い方、そして尊敬語「ご存知」を確認しましてきましたが、これからビジネスマナーと使いこなすために、使い分けるポイントをご紹介します。

使い分けポイント その1

まずは、主語が誰か? 「知る」の主語が誰かによって、尊敬語か謙譲語かを区別します。 これは、「存じます」「存じ上げます」など意味に関係なく、敬語表現の基本ですね。

使い分けポイント その2

尊敬語なら「ご存知」を使い、そして謙譲語の場合「存じます」「存じ上げます」の使い分けを考えます。 ここでポイントになるのが、「知る」対象です。 ・対象が「もの・案件」→「存じます」 ・対象が「人・名前など人に関すること」→「存じ上げます」 「〜さんのことは存じております」も間違ってはいませんが、〜さんに対しての敬意が軽くなります。対象となる人に対しての敬意を表するために「存じ上げます」を使うとマナーとして適切です。 細かいニュアンスやその成り立ちを把握していると、使い分けを細かくすることが可能となり、それだけビジネスマナーが高いという印象を与えることができます。 敬語表現だからこそ、細かすぎるくらいの理解を基盤に使い分けるようにしましょう。

まとめ

「知る」の謙譲語「存じます」「存じ上げます」の意味やその違いをみていく中で、表現の形成やどのように使うかを理解することができました。 また「ご存知ですか?」「ご存じですか?」という口語だと気付かない誤用か誤用でないかの判断も、つくようになったのではないでしょうか。 ビジネスマナーとして一番知識不足や不勉強が露呈してしまうのが、言葉遣い。 周りで何気なく使われている表現を鵜呑みして、曖昧な解釈のまま使っていると、細かいニュアンスの違いや不適切な場面での使用に気付かず、結果として相手に失礼な言動をとってしまうという最悪な結果を招く可能性もあります。 社会人には教科書やマニュアルがない分、どれだけ自分から能動的に知識を得ようと動くかが大切になります。 「存じます」「存じ上げます」という一見意味が同じものを、感覚や雰囲気で使い分けるのではなく、意味をしっかり「知って」、正しく使いましょう。 そして、敬語を使うときに、いつも気にするべきポイントは、「話している相手が誰なのか」ということです。目上の人や社外の人、顧客はもちろんのこと、普段から同僚や部下にも敬う気持ちを言葉遣いや語気に出せるように心がけることで、万一言葉そのものに誤用があったとしても、相手に不快感を与える度合いも変わります。 言葉はコミュニケーションの道具、道具の使い方だけでなく、その際の自身の姿勢や表情も、社会人としてしっかり磨いていくことが大切ですね。

より詳しく敬語を学びたい方はこちら!

社会人の基本として身につけなければならない敬語が、 この一冊にびっしり詰まってます! 自分が身につけるだけでなく、教育する立場としても 一冊持っておいて損はありません。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)