IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

大雑把な人の特徴7つ・向いている仕事・大雑把を改善するには

初回公開日:2016年12月13日

更新日:2020年05月14日

記載されている内容は2016年12月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

「大雑把」という個性・性格をテーマに、さまざまな情報をまとめています。大雑把な人の特徴や、大雑把な人の長所や短所をご紹介。また、大雑把な人向けの短所の改善方法や、長所を活かせる職業などもご紹介しているので、ぜひ参考にどうぞ。

大雑把の意味

大雑把とは、細かい所まで気が回らずに、いいかげんで粗いといった意味があります。大雑把はポジティブに言えば「サバサバしていそう」ですが、ネガティブに言えば「がさつそう」など、印象は人ぞれぞれでしょう。 みなさんはどんなイメージをお持ちですか。今回は、大雑把な人の特徴や向いている職業、改善方法などをご紹介します。自分自身が大雑把だと思う方や、周囲に大雑把な人がいる方は、ぜひ目を通してみてください。

大雑把の読み方

「おおざっぱ」と読みます。そもそも「雑把」とは、雑にまとめられたものを意味しています。それに「大」がついて大雑把となります。一般的に幅広く認知され使われている言葉です。

大雑把の同義語

大雑把にも似たような意味を表す言葉があります。「おおらか」や「豪快」です。これらの言葉自体は浸透しているので、日常生活でも使っている人がほとんどでしょう。言葉のイメージもなんとなく湧きます。 それでは、大雑把の意味がわかったところで、今度は「おおらか」と「豪快」の意味をそれぞれ見ていきましょう。

同義語1「おおらか」

おおらかとは、ゆったり自然体で心にゆとりがあり、小さな事にとらわれないという意味があります。いつも笑顔で穏やかな、フワフワした柔らかいイメージです。 やはりこのストレスフルな現代社会においては非常に重宝される存在と言えるのではないでしょうか。いつもカリカリ怒っている人の側にいるより、おおらかの人の側にいた方が精神的にも安定します。

同義語2「豪快」

豪快とは大胆で思いっきった、気持ちの良さを表します。思い切りが良いので、発言や動作の規模が大きいといったイメージがあります。豪快な人は女性よりも男性に多いでしょう。 あなたの周りにも気前がよくてよく奢ってくれたり、おもいっきり笑ったり、仕草が大げさな人はいらっしゃいませんか。見ているだけでも気持ちがスッキリします。

大雑把な人の特徴

大雑把の人を見分けるのには判断する基準が必要です。ここでは、大雑把の人が一体どうゆう人なのか、その特徴を挙げてみました。それではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

特徴1「行動が速い」

関連タグ

アクセスランキング