IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「そうすけ」と読む漢字一覧|意味やイメージもあわせて紹介

更新日:2022年10月04日

雑学・歴史

「そうすけ」という読みの名前を赤ちゃんの名前候補に入れているという方は、漢字を迷っていることはないでしょうか。「そう」も「すけ」も使用できる漢字は豊富です。本記事では、「そうすけ」と読む漢字を紹介していきます。漢字選びで困っている人はぜひ参考にしてください。

「子供の名前にそうすけってどういうイメージがあるかな?」 「そうすけという名前、人気は高い?」 「そうすけと読む漢字にはどんなものがあるんだろう?」 このように、「そうすけ」という名前について、興味がある方も多いのではないでしょうか。 本記事では、「そうすけ」と読む名前について、おすすめの漢字を多数紹介していきます。この記事を読むことで、さまざまな漢字の組み合わせの「そうすけ」を見つけられます。いろいろな漢字を知ることで、名前に込めたい願いも膨らんでいくでしょう。 漢字二文字の「そうすけ」だけでなく、漢字三文字の「そうすけ」も取り上げているため、個性的な名前にしたい方にもおすすめの内容になっています。 ぜひ、本記事を参考に、自分では思いつかなかった漢字を知れる機会にしてください。素敵な名前を、これから生まれてくる赤ちゃんに贈りましょう。

「そうすけ」と読む男の子の名前が人気な理由

「そうすけ」と読む男の子の名前は、明治安田生命が発表している2021年の読み方ランキング(男の子)では22位に入っています。2019年では10位、2020年では11位とここ数年はランキングに入っていることから、安定した人気を持っていることが分かります。 「そう」は、すっきりと爽やかで今風なかっこよさがあり、「すけ」終わる名前は古風な雰囲気におさまります。 流行を気にする層と、落ち着いたものを好む層の両方から良い評価をされる点が、「そうすけ」という名前の人気の理由としてあるでしょう。響き、音のリズム、雰囲気が良いことで、幅広い世代の方に受け入れられやすい名前です。 また、「そうすけ」のように四文字の名前は、漢字が二文字以上になり、場合によっては漢字を多く使える名前です。使用できる漢字が多いことで、込める願いを増やせたり、個性を持たせたりできるでしょう。誰かの名前と被ってしまう可能性が減ります。 出典・参照:2021年の読み方ランキング|明治安田生命

「そうすけ」と読む名前のイメージ・印象

ここでは、「そうすけ」と読む名前のイメージ・印象について紹介していきます。「そうすけ」という名前を聞いて、第三者はどのように感じるか、子供の名前を良いイメージにしたい気持ちが強い人は心配する部分でしょう。 「そうすけ」と聞くと、宮崎駿監督作品のジブリアニメ『崖の上のポニョ』を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。 「そうすけ」はこの作品の主人公です。明るく正義感のある、しっかりした性格の男の子で、この作品の影響から、名前にしても良いイメージを持つ方は少なくないでしょう。 また、「そうすけ」という名前は、以下のようなプラスになる印象も出てきやすい名前でもあります。漢字によっても印象・イメージは変わってくる場合がありますが、ぜひ参考にしてみてください。

  • リーダー・先駆者
  • 知的
  • やさしい
  • 自然
  • 正確
  • 繊細
  • 元気で勇ましい

リーダー・先駆者

「そうすけ」の「そう」に、総帥の「総」や、「総」の俗字である「惣」、統括するという意味の「綜」、将軍の「将」、本家や同族の中心を表す「宗」などの字を使った場合、リーダー・先駆者といったイメージがあります。 時間の範囲を表す「早」、スピード感を感じさせる「走」などは、先駆者というイメージにぴったりな字でしょう。 「すけ」では、太陽や栄えることを表す「昌」や、上の位置を表す「高」、率いるという意味を持つ「督」などが、リーダーや先駆者を連想させる字としておすすめです。 上記のような字を名前に使った場合、「自分の意思をしっかり持つ子に育ちますように」「周りの人の中心的な存在になれるような器の大きい人に」「トップに立ってほしい」などの願いを込められます。

知的

「そうすけ」の「そう」という音を聞いて、聡明の「聡」を思い浮かべる人は、「そうすけ」という名前に知的なイメージを持つでしょう。「聡」は、理解力や判断力が優れていること、賢い、などの意味を持つ字です。 また、「漱」は、字自体は、口をすすぐ、汚れを洗い去る、という意味を持つ字ですが、夏目漱石を連想させることから文学的な知性を感じさせる字でしょう。子供に文才を願う場合は、おすすめの漢字です。 知的な印象の漢字を「そうすけ」の字に使った場合、「しっかりとした知識を持ち、自分の頭で物事を考えられる人に」「博学な子に育ちますように」などの願いを込められるでしょう。

やさしい

「そうすけ」は、「そう」という音が、爽やかという意味の「爽」という字を連想させるため、やさしい男の子をイメージさせる名前でもあるでしょう。 爽やかな人というのは、そこにいるだけで周囲の気持ちを明るくして、話し方がソフトでコミュニケーション上手な印象があります。 やさしいイメージで「そうすけ」と名付ける場合は、「爽」以外にも「想」という字もおすすめです。「想」は推しはかる、思いやる、という意味があります。また、助けるという意味を持つ「相」という字も良いでしょう。

自然

「そうすけ」という名前は、「そう」という音が「草」や「蒼」という字を連想させることから、自然のイメージが浮かぶことも多いでしょう。 「蒼」は、草木が茂る様子、または草の色の緑を青と呼ぶときに用いる表現です。一般的な青色より、深みや渋み、彩度が低く緑色に近い色でしょう。 「そう」と読む字では、風の吹く音という意味の「颯」、美しい水草を表す「藻」などの字も自然を連想させる漢字です。 自然のイメージで「そうすけ」という名前を考えた場合、「伸び伸びと健康に育ってほしい」「ナチュラルな雰囲気を持った子に」などの願いを込められるでしょう。

正確

「そうすけ」の最初の音である「そ」はサ行です。サ行の音は、すーっと、そーっと、ささっとなど行動の速度や丁寧さ表す音として使用されます。 「そうすけ」の「そ」の音からは、そーっと、動きを間違えてしまわないよう慎重に行う様子が連想でき、正確性を感じさせます。

繊細

「そうすけ」の先頭の音である「そ」はサ行で始まるため、息をスッと吐く音になり、鋭く繊細なイメージがあるでしょう。また、「そ」の母音は「o」のため、穏やかで協調性に長けている印象もあります。 繊細なイメージを入れたい場合は、漢字では芸術的な能力をイメージさせる「創」や、想像力の「想」、書き写すという意味の「抄」、飾るという意味の「粧」、などがおすすめです。

次のページ:名前に使える「そうすけ」と読む漢字一覧
初回公開日:2022年10月04日

記載されている内容は2022年10月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング