IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「なんか」を口癖として使ってしまう人の12の心理|性格と特徴を解説

更新日:2022年10月03日

雑学・歴史

「なんか」という言葉が口癖になっているという人もいるのではないでしょうか。この記事では、「なんか」を口癖で使ってしまう人の心理や性格などについて解説しています。「なんか」が口癖になってしまっている人は是非参考にしてみてください。

「『なんか』が口癖になっていると友達に言われた」 「『なんか』を口癖として使っていると、人を不快にさせるって本当?」 「『なんか』と言ってしまう口癖を直したい」 周りから「なんか」ってよく言うよねと指摘されて、はじめて「なんか」が口癖になっていることに気づく人もいるのではないでしょうか。 本記事では「なんか」という口癖が人を不快にする理由や、「なんか」が口癖になっている人の心理や性格、「なんか」という口癖を直す方法などについて解説します。 記事を読むことでなぜ「なんか」という言葉が人を不快にするのか、またどのような人が「なんか」と言ってしまいがちなのか、口癖を直すためにはどうすれば良いのかを知ることができるでしょう。 「なんか」が口癖になってしまっているという人は、是非参考にしてみてください。

口癖とは?

口癖とは無意識のうちに頻繁に発してしまう言葉を指します。口癖からはその人の心理状態や性格がわかってしまいますが、それはあくまで表向きのものであるため本当は真面目な性格にもかかわらず口癖のせいで不真面目な印象を持たれることもあるでしょう。 また口癖は頻繁に口にしていることで周りにうつってしまうことがあります。そして無意識のうちに使っていると口癖が深層心理に大きな影響を与え、その口癖に合う性格になってしまうと言われています。

「なんか」という口癖が人を不快にさせる理由

「なんか」という言葉はときに人を不快にさせると言われることもあります。「なんか」という口癖がなぜ人を不快にさせてしまうのか、ここではその理由について見ていきましょう。

言われた相手が否定されているように感じるため

「なんか」という口癖は、言われた相手が否定されているように感じることから人を不快にさせる場合があります。 直接的ではないもののやんわりと相手のことを否定し、自分の主張を述べているような感じにとれるため、相手を不快にさせてしまうのでしょう。

不信感が生まれるため

「なんか」という口癖を使うときに、その場にいない人のことや、うわさ話などをすることが多いと、相手から自分がいないときには自分の悪口を言われているかもしれないという不信感を抱かせてしまいます。 そのため「なんか」という口癖が人を不快にしてしまうことがあるでしょう。

無意識のうちに周りのモチベーションを下げているため

口癖は使っているうちにその口癖に合う性格になってしまうと言われています。そのため「なんか」が口癖になっている人はそれが性格や行動に表れている可能性があるでしょう。 そのため「なんか」が口癖になっていると、無意識のうちに周りのモチベーションを下げてしまい、周りの人を不快にさせてしまうのです。

「なんか」を口癖として使ってしまう人の12の心理

「なんか」という言葉を頻繁に使ってしまう場合、そこにはさまざまな心理があります。ここでは「なんか」を口癖として使ってしまう人の心理について見ていきましょう。

1:誰かにかまって欲しい

グループの中で目立たない存在であると、誰かにかまって欲しくて「なんか」と言ってしまうことがあります。 存在感が薄い中で発言しても周りから相手にされないかもしれないという不安から、「なんか」という意味ありげな言葉を使うことで注目を集め、かまってもらおうとするのです。

2:相手からマウントをとりたい

相手からマウントをとりたいという心理から「なんか」を口癖で使う人もいます。自分が相手よりも優位であると考えているため、相手を受け入れられずに否定的な意味合いで「なんか」を使って上に立とうとするのです。 相手のことを見下し、「なんか」を使ってマウントをとろうとするため相手を不愉快にさせることも多いでしょう。

次のページ:3:意見を曖昧にしようとしている
初回公開日:2022年10月03日

記載されている内容は2022年10月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング