IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「やらなきゃ意味ないよ」の意味|使い方や例文・英語表現も解説

更新日:2022年11月21日

言葉の意味・例文

「やらなきゃ意味ないよ」の意味をご存知でしょうか?この記事では、この言葉は本来どのような意味で、どんな場面で使用されているのか例文も合わせて解説していきます。「やらなきゃ意味ないよ」の意味を知りたい方は是非ご覧ください。

あなたは「やらなきゃ意味ないよ」と言われたことがありますか?またそれはどのような場面で言われたことがありますか? この「やらなきゃ意味ないよ」という言葉はどのような意味であり、本来はどのようにつかわれてきたのでしょうか? この記事では「やらなきゃ意味ないよ」の意味やこの言葉が話題になった事案、「やらなきゃ意味ないよ」の使い方を紹介しています。 本記事を読むことによって、どんな意味があり、どんな場面で使うのかきっとわかってくることでしょう。 「やらなきゃ意味ないよ」の意味を知りたい方はご覧ください。

「やらなきゃ意味ないよ」の意味

「やらなきゃ意味ないよ」の意味

「やらなきゃ意味ないよ」の元々の意味としては、「やるべきことをやらないのは無駄なことだ」です。主に友人関係の相手や、上司などの目上の立場の人が部下や後輩に対して、相手を鼓舞させるために使ってきた言葉です。 しかし、使い方によっては相手を追い詰めてしまう言葉となってしまいます。

「やらなきゃ意味ないよ」が話題になった事案

この言葉はアメフトの日本大学と関西学院大学の試合で、日大アメフト部の監督が選手に指示をした際に言ったものです。 選手の一人に対し、相手に反則行為となるタックルをする様に指示をして、故意に相手をケガさせたとして追求されました。監督、コーチはそんなことは言っていない、言ったとしても全く違う意味の言葉だと発言しています。 しかしニュースなどでその動画が公開されると明らかにゲームと関係のない場所でタックルなどの反則行為をしていたり、監督の行動に不審な点が見られることが判明してきました。

「やらなきゃ意味ないよ」の使い方

「やらなきゃ意味ないよ」という言葉は上の立場の人が下の立場の人へ叱咤激励をする際や、友人など親しい関係同士が相手を鼓舞する際に使用することが多いです。 上司が部下に「やらなきゃ意味ないよ」とハッパをかける、また友人へ「やらなきゃ意味ないよ」と言って背中を押すといった言葉として、本来は相手に前向きになってもらおうという趣旨のときに使われる言葉でした。

上司が部下に使う場合

大切な取引先との交渉で、相手からなかなか良い返事をもらえないことがあります。 担当者としては何度も交渉するのですが、相手から「しつこい」と言われて途方にくれてしまいます。そこで上司に相談しても「やらなきゃ意味ないよ」と言われ、さらに思い悩んでしまうのです。

次のページ:「やらなきゃ意味ないよ」を使った例文
初回公開日:2022年10月06日

記載されている内容は2022年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング