IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「予定を立てる」の意味と使い方|類語や例文もあわせて紹介

更新日:2022年10月11日

言葉の意味・例文

予定を立てるとき、上手に予定は立てられているでしょうか。本記事では予定の立て方のコツから、言葉自体の意味や使い方も紹介しています。なんとなく予定を立てているけれど上手くいかない、予定の立て方なんて今さら人に聞けない、という方は是非チェックしてみてください。

「予定をうまく立てるにはどうすれば?」 「この予定で間違えていないか?」 「そもそも予定を『建てる』のか『立てる』のかどっち?」 ビジネスシーンはもちろん、プライベートでもよく目にし、耳にする「予定」という言葉。予定がなければ何事も始まりません。しかしいざ予定を組むとなると、色々と疑問や悩みがあるのではないでしょうか。 本記事ではそんな疑問や悩みを解決するため、「予定を立てる」の意味や類語、また予定の立て方などについて紹介していきます。 本記事を読めば予定を立てるのが苦手な方でも、良い予定の立て方を少しでも学べるでしょう。 今よりも計画的に、上手にビジネスや人付き合いをこなしていきたい方は是非最後まで読んでください。

「予定を立てる」の意味

「予定を立てる」の意味

予定を立てるは「予定」と「立てる」の二つの言葉が組み合わさって出来ているので、ぞれぞれの言葉を分解すれば、その意味が分かります。 「予定」は行事や行動を前もって決めることです。「立てる」は多義語です。ものを縦にして位置させるなどの意味がありますが、目標などを考え定めるという意味もあります。 二つの意味を合わせると「行事や行動を、前もって考えて決める」という意味になります。

「予定を立てる」の読み方

予定を立てるは「よていをたてる」と読みます。

漢字は「建てる」でなく「立てる」

「予定をたてる」と書くときに「建てる」か「立てる」で迷う方もいるかと思いますが、正解は「立てる」です。 「建てる」は建築物や国をつくる意味に使います。一方「立てる」は多義語で、人や物を垂直に立てるといった意味以外にも様々な使い方があります。 建てるは建造物や国を建てるにしか使わないので、予定は「立てる」となります。

「予定を立てる」の使い方

「予定を立てる」という単語を使う場面としては、今現時点よりも未来に実行することをあらかじめ決めておく場面で使います。

「予定を立てる」を使った例文

ここからは、「予定を立てる」を使った例文を紹介していきます。ぜひ「予定を立てる」ときの参考にしてください。

家族で海外旅行に行く予定を立てる

プライベートシーンでの活用方法です。 予定を立てる際、順序良く手前から立てても良いですが、やりたいことが決まっているのであれば、そこから逆算して予定を立てるのも良いでしょう。

例文
  • 「家族でハワイに旅行へ行くことになったので、現地でやりたいことをピックアップして、そこから逆算して予定を立てた」

年末年始の予定を立てる

次のページ:「予定を立てる」の類語
初回公開日:2022年10月06日

記載されている内容は2022年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング