IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

前向きになれる二字熟語一覧|希望が持てるものやかっこいいものを紹介

更新日:2022年10月06日

雑学・歴史

二字熟語の中でも前向きな意味を持つものをいくつご存じでしょうか。本記事では前向きな意味を持つ二字熟語を紹介しています。効果的に用いることで気持ちを高めたりする効果もあるため、状況に合った言葉を使えるようチェックしてみてください。

新しいことを始める時にはまず目標を設定するという人も多いのではないでしょうか。前向きな言葉を掲げることで目標に対する姿勢が明確になり気持ちも前向きになります。では、前向きな二字熟語をいくつ知っていますか。 この記事では目標に掲げることで気持ちが前向きになる二字熟語を紹介します。ビジネスシーンでも社風や一年の目標などを掲げることがあり見かけるような言葉も紹介しています。 効果や特徴ごとに前向きな二字熟語を紹介しているため、記事を読むことで場面ごとに適した印象や意味を持つ言葉を用いることができます。 前向きな意味を持つ言葉を効果的に使えば、仕事の士気をあげたりやる気を掻き立てるような効果もあるため、ぜひここでチェックして活用してみてください。

落ち込んだときに前向きな言葉は効果がある?

落ち込んだ時にあえて前向きな言葉を口にしたり、心の中で繰り返したりすると前向きな言葉が潜在意識に刷り込まれ自分のことのように認識するようになり、ポジティブに物事を考えられるようになります。 二字熟語の中にはポジティブな意味を持つ言葉も多く、二文字ですっきりとまとめられているため覚えておくとよいです。前向きな二字熟語を目標として掲げておくと達成までの分かりやすい道標となるでしょう。

希望が持て前向きになれる二字熟語一覧

家庭で不運なことが続いたり、職場で失敗続きだと落ち込んで希望を持てなくなってしまうこともあるでしょう。しかし、ここに書いてある前向きな二字熟語を上手く活用することで落ち込んでしまった気持ちを引き上げられます。周囲の人に使うことで希望を与えられるでしょう。 ここでは落ち込んでしまった時に希望が持て前向きになれる6つの二字熟語を紹介します。意味だけでなく使われることが多い場面なども紹介しているためぜひチェックしてみてください。

1:万福

万福の読みは「ばんぷく」と「まんぷく」がありどちらも間違いではありませんが、満腹と間違えないよう「ばんぷく」の読みで使われることが多い二字熟語です。 万という大きな数を表す字に幸福の福の字が合わさることで、数えきれないほど多い幸福という前向きな意味を表します。 この言葉が使われる場面は、同じ読みである満腹に客がなってくれることも掛け合わせて飲食店で使われる場合が多いです。他には年賀状などで相手が幸せを多く感じられる一年になるよう願って「新春万福」と書く場合もあります。

2:吉兆

吉兆の読みは「きっちょう」で、よいことが起こる前触れを表す前向きな二字熟語です。吉という字は「よいこと」という意味があり、兆という字は兆候などという言葉でも使われ何かが起こる「前触れ」といった意味があります。 縁起の良い吉兆という言葉は読み間違いも少ない言葉のため店名に使われることも多いです。また、よいことが起こりそうな場面を表現する際に物語の作中で使われる場合もあります。

3:奇跡

奇跡はよく使う言葉のため、読みを知っている方も多いでしょう。奇という字は「珍しいこと」や「思いがけないこと」「不思議なこと」を意味する言葉で、跡は「なにかが行われたしるし」という意味をもつ言葉です。 この2つの意味が合わさって、奇跡は通常起こるはずのない思いがけない不思議な現象を表します。思いがけない出来事には災難のような悪いこともありますが、奇跡はよい出来事にしか使わない前向きな二字熟語です。

4:飛躍

次のページ:目標に向かって前向きになれる二字熟語一覧
初回公開日:2022年10月06日

記載されている内容は2022年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング