IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

憎まれ口とは?意味や使い方と例文・類語・英語・叩く人の心理も解説

更新日:2022年09月22日

言葉の意味・例文

「憎まれ口を叩く」という表現を聞いたことがありますか?この記事では、「憎まれ口を叩く」という表現の意味や語源、憎まれ口を叩く人の心理状態について解説します。思わず憎まれ口を叩いてしまう人や周りに憎まれ口を叩く人がいる人は、ぜひ、この記事を読んでみてください。

憎まれ口を叩く人の中には、相手と繋がりたい、気を引きたいという心理が働いている可能性もあります。 相手と仲良くなりたいと思っていても、相手との距離を上手く縮められず、イライラしてしまった結果、思わず憎まれ口を叩いてしまっているということもあるでしょう。

「憎まれ口を叩く」の類似表現

相手に不快感を与える言葉を言うことを表す表現は「憎まれ口を叩く」以外にも存在します。ここでは、「憎まれ口を叩く」の類似表現を紹介します。

罵詈雑言を浴びせる

「罵詈雑言」とは、様々な悪口を並べて相手を口汚く罵ることを表します。「罵詈雑言を浴びせる」とは、様々な口汚い悪口を相手にかけるという意味です。 また罵詈雑言と似た表現として、「悪口雑言」があります。相手を悪く言う表現であることは変わりありませんが、罵詈雑言よりは若干口汚い印象が薄い表現方法です。 「憎まれ口を叩く」と同様、相手に不快感を与え、嫌われるような言葉を言うことをさします。

悪態をつく

「悪態」は、悪口や憎まれ口という意味があり、「つく」は、漢字で「吐く」と表記されます。このことから、「悪態をつく」は悪口を言ったり、相手を貶したりすることを表します。 この表現も、周りをイライラさせたり、不快にさせたりする発言をする人に対して使用する表現です。

憎まれ口を叩くの英語表現

「憎まれ口を叩く」の英語表現に、「say nasty things」があります。「nasty things」で不快なことと訳すことができ、「say nasty things」で「不快なことを言う」という表現になります。 その他に、「turn nasty」「use abusive language」といった表現もあります。 「abusive language」には「罵倒語」という意味があり、「use abusive language」で「罵倒語を使う」と訳すことができます。

憎まれ口の意味や使う人の心理もきちんと理解しておこう

この記事では「憎まれ口を叩く」の意味や語源、憎まれ口を叩く人の心理などについて解説しました。 憎まれ口を叩いてしまう裏側には、罪悪感があったり、仲良くなりたいという気持ちの裏返しであったりと、「嫌われたい」と思って発言しているわけではないことが分かります。 しかし、憎まれ口は相手を傷つける言葉であることは間違いありません。 相手に何かを伝えるときは、「相手を傷つけるような発言になっていないだろうか」と振り返り、相手への配慮を忘れないようにしましょう。

初回公開日:2022年09月21日

記載されている内容は2022年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング