IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

憎まれ口とは?意味や使い方と例文・類語・英語・叩く人の心理も解説

更新日:2022年09月22日

言葉の意味

「憎まれ口を叩く」という表現を聞いたことがありますか?この記事では、「憎まれ口を叩く」という表現の意味や語源、憎まれ口を叩く人の心理状態について解説します。思わず憎まれ口を叩いてしまう人や周りに憎まれ口を叩く人がいる人は、ぜひ、この記事を読んでみてください。

「憎まれ口を叩く」という言葉を耳にすることはありますか?「憎まれ口を叩くのはやめなさい」「憎まれ口を叩くと、周りに嫌われるよ」など「憎まれ口を叩く」という表現は印象の良い表現ではないことが分かります。 この記事では、「憎まれ口を叩く」という言葉の語源や意味、使い方を紹介するほか、「憎まれ口を叩く」の英語表現や類似表現も解説しています。 また、憎まれ口を叩く人は何を思っているんだろうと不思議に感じることもありますよね。この記事では、憎まれ口を叩く人がどういう心理で発言しているのかについても解説しています。 憎まれ口を叩く人が同僚にいるという人やついつい、憎まれ口を叩いてしまうという人は、この記事を最後まで読んでみてください。

「憎まれ口」とは

「憎まれ口」とは

「憎まれ口」とは字の通り、人に憎まれるような言い方のことです。人に憎まれるような言い方ですから、憎まれ口を言われた相手は決していい気はしません。 よく似た言葉として「減らず口」という表現があります。「減らず口」は、負け惜しみや自己中心的な屁理屈を意味します。 相手に不快感を与える言葉という意味は共通していますが、「憎まれ口」は誰にでも使えるのに対し、「減らず口」は部下など目下の相手に対して使います。

「憎まれ口を叩く」の意味・語源

「憎まれ口を叩く」とは、相手に嫌われたり憎まれたりするような内容の発言をするという意味で使われます。 「叩く」には、むやみに話す、さかんに色々と言うといった意味があり、「口を叩く」は、「話す」「言う」という意味で使われる慣用的な表現です。 例えば、「大口を叩く」「無駄口を叩く」「陰口を叩く」などの使い方があります。このように、「口を叩く」は、どちらかというとマイナスなイメージで使用されることが多い表現です。

「憎まれ口を叩く」の使い方・例文

「憎まれ口を叩く」は、人の気分を害されるようなことを言っている人に対して使用される表現です。 例文からも分かるように、「憎まれ口を叩く」は、発言している相手に対してマイナスの印象を持った時に使用される表現です。

例文
  • 彼は仕事はできるが、憎まれ口を叩くのが、玉に瑕だ。
  • そんなに憎まれ口を叩いていたら、みんなに嫌われるよ。
  • 憎まれ口を叩く暇があったら、仕事をしたらいいのに。

憎まれ口を叩く人の心理は?

憎まれ口を叩く人の裏には、様々な心理状態が隠れているといわれています。ここでは、憎まれ口を叩く人たちは、どのような心理状態なのかについて解説します。

罪悪感を抱えていることが多い

憎まれ口を叩く人は、「私なんかダメ」「自分は何もできない」といった罪悪感を抱え、自己肯定感が低くなっている人が多いといわれています。 自分は何もできないダメな人間だと思っていますが、他人には「ダメな人間と思われたくない」「カッコ良く思われたい」という心理が働くと、相手を見下したような発言をしてしまいます。 その発言が、相手に不快感を与え、結果的に憎まれ口を叩く人という印象を与えてしまうのです。

罪悪感が転じて開き直る

罪悪感を常に感じていると、「どうせ自分は何もできないんだから、失敗するのが当たり前」というように開き直ってしまうことがあります。 失敗するのが当たり前になってしまうと、失敗した時に謝罪や反省をせず、言い訳を考えるようになり、自分の失敗を周りのせいにするようになります。 その結果、「失敗の原因は自分のせいじゃない。周りのせいだ」と攻撃対象を他人や環境など外側に向けてしまい、相手に不快な思いをさせる発言をしてしまうのです。

憎まれ口の本意は繋がりたい

次のページ:「憎まれ口を叩く」の類似表現
初回公開日:2022年09月21日

記載されている内容は2022年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング