IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

吸盤がつかない原因とは?対処法やおすすめのサポートアイテムを紹介

更新日:2022年09月14日

言葉・雑学・歴史

吸盤がつかない原因やその対処法をご存知でしょうか。本記事では、吸盤がつかない原因とその対処法に加え、吸盤の吸着力を上げるサポートアイテムや吸盤の跡の消し方などを紹介します。つかない吸盤に困っている人は、ぜひチェックしてみてください。

「吸盤がつかないときは、どうしたらいいの?」 「つかない吸盤の吸着力をあげるための方法は?」 このように、吸盤がつかないと困っている人には、さまざまな疑問があるのではないでしょうか。 本記事では、吸盤がつかない原因とその対処法に加え、吸盤の吸着力を上げるおすすめのサポートアイテムを紹介しています。また、落ちにくい吸盤の跡を消す方法も、併せて紹介しています。 この記事を読むことで、吸盤の仕組みや吸盤がつかない原因を把握し、吸盤の吸着力を上げる方法がわかります。吸盤のサポートアイテムや吸盤の跡を消す方法も知れるため、吸盤の活用方法の幅が広がるでしょう。 吸盤がつかないと困っている人は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

そもそも吸盤とはどんなもの?

吸盤は、キッチンや風呂場などでものを引っ掛けるときに使う道具です。ものを引っ掛けられないような場所にも貼りつけられるため、日常生活の中で重宝するでしょう。しかし、長い期間使っていると吸盤の吸着力が落ちてしまい、張りつかなかったりすぐに落ちたりするようになってしまいます。 ここでは、吸盤が壁に張りつく原理と吸盤がつかない原因について紹介します。吸盤の仕組みに関する知識を得ることで、吸盤の使い方やつかないときの対処方法が理解しやすくなるでしょう。吸盤を日常的に使っている人は、チェックしてみてください。

吸盤が壁に張りつく原理

吸盤が壁に張りつくのは、吸盤の内側と外側の圧力差を利用して外側から押されているからです。地上に存在するものは、どんなものでも気圧によって圧力がかけられています。吸盤が壁に張りつく原理は、内側の圧力を減らし、外側からの圧力を強くするというものです。 平面に押しつけた吸盤の内側は、中の空気が押し出されて真空になります。そのあと、吸盤が元の形に戻ろうとすることで、吸盤内の圧力よりも外側の圧力が強くなります。外側から一方的に押されることで、張りついた状態が維持されるのです。

吸盤がつかないのはなぜ?

吸盤がつかないのは、吸盤の中に空気が入ってしまうことが原因です。吸盤の中に空気が入ってしまうと吸盤の内側が真空ではなくなり、外側からの圧力が弱くなります。その結果、吸盤は張りつけなくなります。 そのため、デコボコのある場所では隙間から空気が入り、吸盤の中が真空にならないため、吸盤を貼りつけることはできません。また、吸盤に油分やほこりがついている場合も、吸盤に隙間が生じて真空が維持できなくなり、つかない原因になります。 他の原因としては、吸盤の劣化が挙げられるでしょう。吸盤は、時間経過や吸盤につけているものの重さによって形が変形してきます。形が変形して隙間から空気が入りやすくなり、真空が維持できなくなることも、吸盤がつかない原因です。

吸盤がつかない時の対処法

ここでは、吸盤がつかない時の対処法を紹介します。吸盤がつかない時は、吸盤が真空状態を維持できないことか、吸盤を貼りつける場所もしくは吸盤自体が汚れていることが原因です。それらの原因を取り除くことで、張りつかなくなった吸盤を復活させられます。 張りつかなくなった吸盤は、ちょっとした工夫で吸着力を戻すことが可能です。ここで紹介している対処法は、どれも日常的に使っているものできるため、すぐにでも実践できます。 つかない吸盤が手元にある人は、ぜひチェックしてみてください。吸盤が張りつかなかくなってもすぐには捨てず、ひとまず紹介する対処法を試してみると、もう一度使えるようになるでしょう。

汚れを除去する

吸盤がつかないときは、吸盤の中の汚れを除去しましょう。吸盤の内側には、長年使っているとほこりや油分が付着していきます。ほこりや油分が付着することで、吸盤が壁と密着しなくなり、つかない原因になっている可能性が高いです。 また、吸盤が張りついている場所に埃や油分などの汚れがつき、それが原因で吸盤がつかないこともあるでしょう。吸盤が張りついている場所が汚れてる場合でも、吸盤は密着できなくなり、真空を維持できなくなります。 ほこりや油分のほかには、カビがついているときも吸盤の吸着力が落ちる原因になります。吸盤の中と壁をきれいにすることで、吸着力を復活させることが可能です。もし吸盤がつかないときは、ぜひ試してみてください。

熱湯につけて吸盤の形を復活させる

吸盤がつかないときは、吸盤を熱湯につけることで吸着力が戻ることがあります。吸盤は、長年使っていると形が変形して、隙間から空気が入りやすくなりやすいです。空気が入ると、吸盤の中を真空に保てなくなり、つかない原因になります。 吸盤の形が変形している場合、熱湯につけることで吸盤の膨らみ部分の形を戻すことが可能です。また、吸盤に付着したほこりや油分などの汚れも、同時に落とせます。吸盤を熱湯に入れるときは、70度から80度程度のお湯を用意しましょう。 吸盤を熱湯につけるときは、吸盤を入れる前に加熱しておきましょう。吸盤を入れてから加熱した場合、熱によって吸盤の形が変形してしまう可能性があります。汚れをとっても吸着力が復活しないときは、ぜひ試してみてください。

ハンドクリームを吸盤の内側に塗る

吸盤がつかないときは、ハンドクリームを吸盤の内側に塗ることで、吸着力が戻ります。長年使っていると吸盤は、内側に細かい傷やヒビ割れができるため、吸着力が落ちやすいです。ハンドクリームを吸盤の内側に塗ることで、表面が滑らかになり、真空状態を作りやすくなります。 ハンドクリームを塗るときは、米粒大のハンドクリームを吸盤の内側に塗り込みます。傷やひび割れを埋めるイメージで塗り込むことで、吸盤の修復が可能です。ハンドクリームは落ちやすいため、吸盤を外したときはハンドクリームを塗り直しましょう。 また、ハンドクリームがないときはシャンプーや歯磨き粉、ジェル状の消毒液で代用できます。ジェル状の消毒液は、カビの発生を抑える効果も期待できるため、ハンドクリームがないときは特におすすめです。

サポートアイテムを使う

吸盤がつかないときは、吸盤のサポートアイテムを使うのも効果的でしょう。サポートアイテムを活用することで、吸着力が下がった吸盤を復活させることが可能です。 また、デコボコがある場所では中に空気が入ってしまうため、通常では吸盤を貼りつけられません。しかし、吸盤用のサポートアイテムを使用することで、デコボコがある場所でも真空状態を作りやすくできます。吸盤をつけられる場所の幅が広がるでしょう。 吸盤のサポートアイテムは、透明テープ、吸盤用補助板、吸盤用接着剤があります。これらを活用することで、吸盤がより使いやすくなるでしょう。

次のページ:おすすめのサポートアイテム3選
初回公開日:2022年09月14日

記載されている内容は2022年09月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング