IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ひしひしと」の意味と使い方!漢字や類義語・対義語・英語表現まで解説

更新日:2022年09月02日

言葉の意味・例文

「ひしひしと」にはどんな意味が込められているか、ご存知でしょうか。本記事では、現代語の意味だけでなく、古語としての意味に加えて、例文を添えた使い方をご紹介します。英語での表現もご説明しているため、国際的に使用できるでしょう。詳しく知りたい人はぜひご覧ください。

「『ひしひしと』を間違って使っていないか心配」 「現代語と古語では意味が違う?」 「類語との使い分けが難しそう」 このように、「ひしひしと」は自身の気持ちを伝える表現として便利な言葉ですが、正しく使えているでしょうか。 本記事では、「ひしひしと」の意味と使い方のポイントはもちろんのこと、例文や類語、対義語をご紹介しています。 この記事を読むことで、使い方を把握することができるため、間違った使い方を回避することができます。また、英語表現も同時に知ることで、さらに「ひしひしと」の使い方をマスターすることができるでしょう。 「ひしひしと」の使い方に自信がない人や、別の言い回しで上手く使いたい人は、ぜひチェックしてみてください。

「ひしひしと」の意味とは

「ひしひしと」の意味とは

「ひしひしと」は現代でも使われている言葉ですが、古語としても使われており、意味が少し異なります。それぞれの意味を把握することで、相手の伝えたいことがわかり、自身の伝えたいことをダイレクトに表現することができるでしょう。

現代語での「ひしひしと」の意味

現代語では、強く身に迫ったり、切実に感じたりするという意味です。感情が強く伝わっているときに使います。

古語としての「ひしひしと」

古語では、すき間がない、物が押されて鳴る音、容赦のない様子、ひたすらある動きをする様子を表します。 現代語に比べて、表す意味が多いため、使い分けに気を付けましょう。

「ひしひしと」は漢字で「緊緊と」「犇犇と」

「ひしひしと」はひらがなで表記されることが多いですが、漢字では「緊緊と」や「犇々と」と書きます。 「犇々」の「犇」は、牛の漢字3つで組み立てられた漢字で、ひしめくという意味があり、普段はおとなしい牛が驚いて一斉に走る様子が由来です。 牛はおとなしい動物ですが、興奮すると手がつけられなくほどに暴れ、パニック状態になるため、「犇」という漢字になったと言われています。

「ひしひしと」の使い方と例文

「ひしひしと」は一体どんな使い方をするのでしょうか。使い方と一緒に例文も覚えることで、例文を応用させて使用することもできるでしょう。

ひしひしと感じる

「ひしひしと感じる」は心の底からそう感じる様子や強く理解できる様子を表します。「感じる」とついているため、自身の状態を意識しているという意味です。 例えば、「〇〇のありがたみをひしひしと感じる」のような使い方ができます。

次のページ:「ひしひしと」の類語と違い
初回公開日:2022年08月29日

記載されている内容は2022年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング